White-Field訪問者リスト


White-Field にいらした方のリストです。 御登録頂いたみなさん、どうもありがとうございました。

戻れます.


一覧の参照 // 登録   


707. みつ豆
  よしもとばななさんが世界的な作家なら彼女の尊敬する大島さんもそうなのではないかと思う。題名は忘れましたが、大きな樹が伐られる時に、落ちた枝を「これは手だったんだ!これは足だったんだ!」と男性が叫ぶ話。数年前から、 自分がその男性になったように、通りかかった木が気になると、しばらくするとその木がきられてしまうことが何度もある。木を伐りすぎだ・・大島さんもあの話を描かれた方なのでこの苦しさもわかってくださるのではないか・・と思う。


  2014/9/21(00:08)

706. ゆきうさぎ
  私は、間もなく50歳になるおばさんです。ちょうど中学生から高校生の時に夢中で読みました。しばらく途絶えて社会人になって昔の作品からサバが出てくる作品までを何度も読み返しましたね。やっぱり1975年前後の作品が一番好きです。このあたりで急激に、キャラクターの線のタッチが、変わって来たのも今回のこちらのサイトで作品を年次順に並べてくれていたので、確認できて興味深いところが有りました。
また時間があればサイトに来てみますね(o・・o)/~
  2013/5/12(01:24)

705.
  2013/3/17(13:04)

704. 権兵衛: tqm0tu@yahoo.co.jp
  2013/1/24(12:45)

703. パチュリ
  モデルで最近「いいとも」に出演している栗原類くん…。
大島さんの作品に出てきそうな感じ…と漠然と検索していて、こちらにたどり着きました!
やはりイメージ通り。また大島さんの作品読み返そう〜と思いました^^v
ありがとうございました。
  2012/8/21(09:20)

702. 恩田万由子
  ヒメジョオンの群れって、どの作品名にありますか?
  2012/7/20(11:23)

701. 鴫原 朱美: poodlecoco@gmail.com
  大島弓子さま ボウイさま 仲井戸さま ケメさま  私の青春のファンタジーです。80年代以降は大島先生が神の域に入ってしまった感が少し寂しいです。
  2012/5/24(09:50)

700. スピカ
  あの頃のすべてが大切な宝石たちに、おもいがけず再会できました。ありがとう・・・
  2012/3/2(21:24)

699. こてつ
  少女漫画でも少年漫画でもない、中性漫画とでも言うのでしょうか、昭和の少女漫画の中でひと際浮いていた作家の一人です。

  2010/8/8(17:26)

698. とらやま
  昨日急にぐーぐーを読み返したくなり、そういえば続刊は?と思い
ここまでたどりつきました。
早速5巻買いにいってきます。ありがとうございます。
  2010/2/26(16:31)

697. かみーのす
  初めまして、かみーのすと申します。あなた様のプログは、大変素晴らしいですね!!!。大島弓子さんの、作品は、1995年以前のは、ほとんど持っています。若い頃、大島さんの、漫画には、大変助けられました!!!。
失礼ながら、作品リストで、間違っているのは、綿の国星のparat8とすばらしき昼食の年代でございます。
今後とも、宜しくお願い致します。
それでは、また。     by caminos


  2009/11/26(10:56)

696. 月の猫
  一番最初に読んだ大島作品はおぼろげにしか覚えてない。ポーラの涙は読んだ記憶だけ。。はっきり覚えているのは「詩子と呼んで・・・」でした。当時小学6年でした。あらためてグラフティを探って楽しんでおりました。ありがとうございました。
  2009/11/17(20:11)

695. 「アル中の ひろ 」です: hiromi565@gmail.com
  2009/10/4(18:54)

694. のりか
  厳選されたであろうお薦め作品が、うちに全部あったのが、嬉しかったです。私は平成1年から平成6年まで吉祥寺近辺で生活しておりました。大島先生のお住まいはここのマンションでは・・・とながめていたことが懐かしく思い出されます。

  2009/5/11(12:04)

693. たろー
  「いちご物語」以降、大島さんのリアルタイムファンでしたが、25年近くブランクが開いてしまったおやじです。「バナナブレッドのプディング」に出会ったときは、大島さんの感性やネームの心地よさにただただ圧倒されボーとしてしまうくらいのインパクトを感じました。今となってはとても貴重な出会いだったように思いだされます。これからは、ブランクを少しずつ埋めていけたらいいなと思っています。
  2009/3/16(00:18)

692. Chayca
  40代後半になってしまった♂です。
「いちご物語」(リアルタイム)でファンになりました。
ストーリーは勿論、画に惚れました。
繊細で緻密な線。木の葉一枚・髪の毛一本までかかれている様な・・・
いまだに初版の単行本大切に持ってます。
「子供ができたら読ませたい」と思ったんですが・・・

  2009/2/7(01:09)

691. 圭太
  高校時代に読んだ「毎日が夏休み」じぶんも学生だったこともあって、スギナちゃんにすごく感情移入してました。男子なのに・・・。

はっきりいって少女漫画なんかつまんねーよと思ってましたが、弓子先生はちがいましたね。いまでも大好きな作家さんです。
  2009/1/18(21:07)

690. エリ: eri.720304.ire@nifty.com
  楽しい時もしんどい時も大島さんの作品を手にすると
気持ちが落ち着きます^^。

  2008/9/15(17:05)

688. ゆきのじょう
  ふらりと来ました。大好きな大島弓子先生。とても懐かしくて、ギュッとなります。
次に実家に帰ったら、昔集めた本達と久しぶりに再会してみようと思います。


  2008/8/31(12:25)

687. ナギ:
  サバもグーグーも綿の国星も夏の夜の獏もバナナブレッドも、大好きです。大島弓子さん、ずっとずっと、ありがとう。
  2008/7/28(02:16)

686. かりゆしまや: kariyushimaya@hotmail.com
  セリフが好きです。大きく見開いた目が好きです。他の誰でもない、大島作品の独特な世界。どうしたらああいう話を思いつくんでしょう。最近は、ネコちゃんたちの動きがスゴクいいですね。ウチにも2匹いるので、そうそう、といいながら読んでいます。
  2008/7/8(06:32)

685. コタロウ
  フロイト式蘭丸・・・?を、大昔に読んで 感激したのが心に残っています。
  2008/5/3(20:57)

684. スタカート
  
好きな作品は、そのときどきの気分で変わりますが、
いちご物語はいつ読んでも泣いてしまいます。
大切な人に今すぐ会いに行きたくなるような作品です。
  2008/4/17(23:29)

683. ちづ: red-ramone@ezweb.ne.jp
  大島弓子さんの作品は、綿の国星やサバ?グーグーシリーズといった「猫モノ」を主によんで来ましたが、最近になって白泉社文庫版を揃え始めました。
『七月七日に』がとても衝撃的で号泣してしまいました…。
大島さんは、同じ時代に生を受けたことを感謝せずにはいられない作家さんですね。


  2008/2/20(19:02)

682. 小夜子です
  うちの娘がつるばらつるばらをよほど気に入ってたらしいんです。表紙の絵がふんわりしてて、うっすら、ベビーピンクがかわいかった。見当たらなくなって、泣いてました。どこに行ったのかしら・・?
  2008/2/16(14:01)

681. 小夜子です
  うちの娘がつるばらつるばらをよほど気に入ってたらしいんです。表紙の絵がふんわりしてて、うっすら、ベビーピンクがかわいかった。見当たらなくなって、泣いてました。どこに行ったのかしら・・?
  2008/2/16(14:01)

680. あんまま
  こんにちは。インターネット初心者なので、あまり書き込んだりしたことが無いのですが、「綿の国星」大好きなので記念に・・・。
40歳になりましたが「綿の国星」は、まだ大事に持っています。チビ猫ちゃんのフワフワした感じがとってもと〜ってもかわゆくて大好きです!
  2007/12/5(23:52)

679. MT: mt43996986@yahoo.co.jp
  新刊「オオシマさんちのもうひとつの猫日記」でましたね〜!
大島さんの近況が分かるエッセイも好きですが、ふつうに漫画も読みたいな。
  2007/11/14(05:32)

678. とま☆彡
  猫漫画マニアです。「綿の国」は猫の擬人化はなんだかなぁ・・・と思ってた私の意識を変えた作品で、大好きです。サヴァも好きでした。サヴァ亡き後、サヴァに支えてもらってた感のある大島先生が心配でしたが、「グーグー」を見て安心しました。ちゃんと猫達を支える側になってますもんね。早く「グーグー」の4巻が見たいです。来年の早い時期にでも出ませんかね。
  2007/11/14(05:23)

677. ヨリヨリ
  「綿の国星」が懐かしくて探していたらこちらに至りました。
もう、随分前に読んだので細かい内容は覚えていないのですが
遠い記憶ですが、チビ猫ちゃんのピュアな気持ちに何だか切ない気分になっていたような気がします。
また、久しぶりに文庫本を読み直したくなりました。


  2007/10/22(00:31)

676. 正太郎
  白泉社文庫で読んでいます。「四月怪談」以降の読者なので、初期のモロ少女マンガな作品にはとまどいつつ、もうすぐ文庫に入っている作品は完読できそうです。
そうしたら今度は制作年順に読み返したいと思い、作品リストを探して、こちらに至りました。
すっごいご苦労の成果に違いない作品リスト、利用させていただきます。ありがとうございます。
  2007/10/9(18:03)

675. かりゆしまや: kariyushimaya@hotmail.com
  少女時代を思い出す大島さん。怒濤のようなセリフの多さに圧倒されながらも、目が離せなかった。一度読んだだけでは、良く理解できなかったのも、大島マンガの特徴でしたね。タイトルの意味を考えるのも楽しみでしたね。
今はグーグー中心?健康状態も落ち着いているのかしら?
  2007/9/15(12:42)

674. アシ
  母が大島作品が好きで、その縁で私も好きです。作品リストを見たらまだまだ読んでない作品が沢山あるので、早速本屋に行こうと思います。大島弓子さんの漫画はテーマも興味深いし、詩的で繊細でとても素敵ですね。
  2007/7/2(16:19)

673. グーグー大好き
  グーグーの写真が見たいです
  2007/6/28(00:26)

672.makoto: kinta35@jcom.home.ne.jp
  初めてこんなサイトを知って 狂喜しそうです
リアルタイムで「ミモザ館」に出会ってしまった
sacraさんと私はとても話が合うのではないかと思います
私も同じです
その時のことをどう言葉にしたらいいか今だ分かりません
ただ よかった と思います
今日は時間がないですが また書き込みたいです
こんなに仲間がいて嬉しいな
  2007/6/15(02:01)

671. makoto
  2007/6/15(01:56)

670. 山崎美々菜
  かなり昔、土星の輪に腰掛けたチビ猫ちゃんのポスターを持っていたことを思い出しました。たしかアニメの宣伝用だったと思うんですが・・・。『綿の国星』のアニメってありましたよね?
  2007/6/10(16:27)

669. sacra
    このサイトには ずいぶん前からおじゃましていたのですが ずっとご挨拶もしないでごめんなさい。
 10代の頃リアルタイムで 「ミモザ館でつかまえて」と衝撃の出会いをしてから 大ファンになりました。 
 その後 絵柄も含めて作風が若干変化した時に 少し気持ちが離れたりもしましたが、 
やっぱり今でも 最も気になる大切な作家の一人です。
 癌は克服なさったんですよね。 ほんとに安心しました。 
  2007/6/3(23:57)

668. miwamama: miwamama@pure.ocn.ne.jp
  つい先日、愛猫を亡くしました。眠れない夜、大島さんの”サバ”と”グーグー”を読みふけっています。なんとなく愛猫に似ているサバ。時には泣き、時には微笑み、つらい心を癒しています。あらためて言いたい。大島弓子様、ありがとうございます。
  2007/5/30(09:30)

667. 黒豚。
  「グーグーだって猫である」第3巻出ましたね(^^)♪
現在青春中wの中3の女子ですw 綿国&バナブレ命wです
大島弓子さんの作品は不滅ですね!若い読者もちゃんと健在しておりますよ〜うちの中学の後輩にも大島弓子さんのファンが結構たくさんいたり…(驚
とゆうわけで、「グーグー」これからも長く続いてほしいと思います!!


  2007/5/28(00:58)

666. 大越尚子: naochan-lotta@docomo.ne.jp
  もう30年以上ずっと好きです。いま猫と同居しているのも、サバやグーグーのおかげです。バナナブレッドのプディングは、作り方のあの一こまだけで、本当に作ったものです。
  2007/5/24(15:04)

665. 長谷悦子
  大島弓子さんのおかげで自分が女でよかったと思えたので、彼女は忘れられない漫画家さんになりました。バナナプティングのように救われたのです。実は吉祥寺にも行きました(笑)幸せに暮らされているならそれだけでいいです。
  2007/5/6(19:36)

664.lasp828: lasp@ever.ocn.ne.jp
  「キララ星人応答せよ」から勝手に詩を取り出して作曲・録音しました。多分、35年くらい前です。35年を経て、私のHPにアップロードしました。一度、私のHPを覗いてみて下さい。http://book.geocities.yahoo.co.jp/gl/lasp828


  2007/3/16(21:17)

663.飯久保 明: lasp@ever.ocn.ne.jp
   俺が作ったバンドのアルバムは全曲、俺自身の作詞・作曲だが、一曲だけ作詞が違う。大島弓子の漫画に使われてた文章を作曲したものだ。「キララ星人応答せよ」という漫画で、とても素晴らしい詩だ。名曲だよ。
 
  2007/3/4(16:37)

662. くすくす・パイ
  姉と週刊マーガレットを取り合ったのは9歳の頃。リアルタイムファンの一人です。「詩子とよんでもういちど」でワンワン泣き、「10月はふたつある」に、自分で人生を選んで生きてゆくことを学びました。今もモチロン一番好きな漫画家は大島弓子。White-field・・・素敵ですね。
  2007/1/28(04:52)

661. みつばち
  大好きです。
  2007/1/2(22:39)

660. くろにゃんこ
  私の母は綿の国星ファンのようで、子供だった私によくある童話絵本
ではなく綿の国星を読み聞かせてくれていました。
そのせいなのか、大島さんの技なのか、私は大島さんの作品を見ると
とても懐かしいような切ないような不思議な気持ちになります。

  2006/12/20(19:13)

659. ひつじ
  卒論の関係で最近大島先生の作品を読み始めました。
初心者の私にとって非常にわかりやすく、ありがたいホームページでした。
これから度々訪れさせていただきます。
  2006/10/31(17:01)

658. ぼたん
  2006/10/30(09:33)

657. 宮本 八千代
  新作を描いて欲しいです。又、絶版品の復活も願っています。

  2006/10/1(22:32)

656. 清常 経也静
   私は中二の女の子です。私は13歳です。親友の持っていた大島弓子さんの漫画を読んで大好きになりました。私は大島弓子さんの「綿の国星」が特に好きです。やわらかいせんとふんわりした雰囲気が私の心を和ませてくれるのです。大島弓子さん!いつもありがとうございます!
 
  2006/9/30(09:52)

655.ちびねこ(おす): chibineko@nexyzbb.ne.jp
  こんにちは。私も綿の国星を初めて読んだのは高校生の頃でした。ちびねこが大好きでした。最近また読み直したのですが、あの頃とは感じ方が少し変わりました。それでもちびねこはあの頃のまま。ちびねこは、けっきょくどういう生き方をしたんでしょうね。あの頃のままの話ではなく大人になり老いていくちび猫も読んでみたい。大島先生は今も頑張っているんだろうけど、私の中ではあの頃のままで止まっています。この素晴らしいサイトをこれからも頑張って続けてください。 
  2006/8/23(23:23)

654. ninngnnmodoki:
  ひさびさに大島弓子さんの作品を思い出しています。初めて読んだのは高校生でした。作品にでてくる女主人公と一緒に大島ワールドを体験?しました。あのころの純粋さが懐かしいです。いまは疲れたおばさん・・・もう一度読み直してみたいと思います。
それにしても大島さんは作品が多いですね。こんなにあるとは知りませんでした。この半分も読んでいません。「バナナブレッド・・・」も「綿の国星」も大好きです。
  2006/8/19(23:22)

653. ぴゅあちゃいるど: junko@par.odn.ne.jp
  先日、久しぶりに弓子先生の作品に触れました。図書館で見つけたからです。結婚、出産、育児、仕事と忙しい日々の中ですっかり遠ざっかっていましたが、あの瑞々しい時代にすっかりタイムスリップしてしまいました。やっぱり弓子先生は最高です。特別な存在です。十歳の我が娘も、ファンになったようです。ところで、私の発見ですが、最近大好きになった”キセル”の音楽は弓子先生の世界や感性に近いものを感じます。どなたかのご意見をお待ちしています。
  2006/7/28(23:27)

652. なるみ
  今年のGWに吉祥寺と井の頭公園に行きました。
シャガの花が沢山咲いていて・・・なんだか大島さんの日常に入り込んだ気がして感動しました。
  2006/7/18(23:29)

651. 小川 あぐり
  初期の大島作品でもののあはれを知りました。10歳に満たない幼女に大島作品を教えたのは今は亡き叔父でした。彼もまた世の無常を心静かに嘆いていたのでしょうか。バンカラと言う言葉が似合う叔父でした。
  2006/7/6(00:31)

650. 赤坂和弘: k-akasaka@ad.cyberhome.ne.jp
  初めまして。赤坂です。
綿の国星の単行本の最終刊は何番まで発刊されましたでしょうか。No.8止まりでしょうか。ご存じでしたら教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
※33年ぶりに見返しています。
  2006/7/1(11:24)

649. 蜜柑月。
  デビュー作から見てます。今から思うと設定も成り行きもオカシイと思えたりしますが、当時は夢中で読んでましたね。「罪と罰」のロージャ好きでした。
  2006/6/18(16:59)

648. あさこ
  大島さんの作品を読んで不愉快な思いをした事は一度もない。
心が弱っている時に読みたくなる有難いマンガです。

  2006/4/13(15:41)

647. きゃべつちょうちょ:
  大島さんの本は白泉社の文庫で揃えました。独特の美しい世界が大好きです。夢見がちな作家志望の女子です。
  2006/4/5(09:58)

646. debuniossann
  弓子先生のファンのひと(自分も含めて)コミックスの新刊を気長に待ちましょう。でぶのおっさんより。
  2006/4/2(07:03)

645. アザラシ
  2006/3/16(20:55)

644. みさかえ
  広島県福山市に住んでいます。大島弓子選集を神辺町と合併したので図書館で借りて読むことができました。岡山県倉敷市玉島図書館には絶版の大島弓子さんの単行本があるのですよ。マンガはほとんど置かない図書館でも大島弓子選集だけは置いてあるみたいですよ。皆様もネットで蔵書検索して、地元の図書館に大島弓子作品があるか調べてみてください。
  2006/3/16(20:02)

643. こぅ: mimaco127@yahoo.co.jp
   はじめまして。いま26歳です。数年前大島弓子さんの作品を雑誌の推薦欄で見て、はじめて読むようになりました。最初は衝撃が強すぎて、正直読むのが辛かったのですが、読むうちとても好きな作品になりました。
 他の方のコメントを読んでびっくりしたのですが、先生は体調が悪いのですか?心配です。
  2006/2/23(21:12)

642. 昼子
  大島弓子さんはご無事なんでしょうか・・・。
以前「がん」と作品中で告白してから心配でなりません・・。
  2006/2/20(12:12)

641. と〜しろ〜
   リアル・タイムでしたが、セブンティ〜ンに連載されたバナナブレッドを読むまでは注目してませんでした。悔やまれます。その後は、大島弓子を遡及しつつも
同時系列を伴走して、眩い光を浴び続け、如何程エネルギーを貰った事でせう。
  2006/1/24(20:32)

640. 周藤孝子: hasei@sunfield.ne.jp
  リアルタイムで読んでいました!(最近ではないけれど)もうすぐ50歳です。繊細な線と独特の奥行き、風の流れ・・変わるもののいない、一番好きな作家です。今読み返しても泣けます。好きなのはたくさんあるけれど、私にとっては、「ローズティセレモニー」です。
  2006/1/19(02:28)

639. かか
  更新があればいいのに。
「おひさま」はずっと買い続けています。
漫画も読みたいな・・・
  2006/1/18(22:18)

638. 菊田 明美: peko1962@hotmail.co.jp
  漫画家で一番好きなのが大島先生です。少女時代かなりな影響受けていました。主人公の摩訶不思議な少女にすっかり似てしまったような気がします。すでに43歳ですが。。。全作品持っています。最近描いてくれないのでさびしいです。
  2006/1/14(17:03)

637. みさかえ
  「草冠の姫」に登場する貴船君が好きです。どこか憎めないプレイボーイなので、軽蔑することもなく読めました。
  2005/12/27(20:24)

636. まーや
  母のもっていた大島弓子の漫画を読んで、とても好きになりました。
できれば大島さんの作品全部!よんでみたいとおもっています。
古本屋を巡るのがたのしみです^^
  2005/11/11(20:31)

635. ありいじゅんこ: junbesan@hotmail.com
  2005/10/17(10:16)

634. もか
  最近図書館で「グーグーだって猫である」を読みました。すっごい猫好き!動物全般?で愛情がひしひしと伝わってきました。久々にほんわかした気持ちになりました。
昔は線の細さが苦手だったのですが、これからいろいろ読み直そうかと思ってます。
  2005/9/17(16:56)

633. Sophie:
  私は24歳なのですが、きっと同年代で好きな人は少ないのでしょうね…。私は大好きで漫画を全部持っています。これから私のブログでも充実させていく予定です。
  2005/9/16(09:32)

632. あにす
  海外在住の母が入院しました。私は日本で結婚し今は妊娠中です。
母の実家(祖母の家)にある書架から大島弓子さんの本を送ってと頼まれました。
「雨の音が聞こえる」「ジョカへ」「ほうせんかパン」など探し出して、
母のいる国へ送りました。
私は初めて大島さんの本を読みました。
母の少女の部分がとても愛しい気持ちがしました。
  2005/9/12(09:24)

631. まりこ
  先日、「ロングロングケーキ」を読んで、涙ぐんでしまいました。
大島さんの作品は、皆大好きです。
「タンポポ」等の単行本未収録作品も、文庫化されればいいなと思います。
デラックス版なら、もっといいですけれども。
  2005/8/30(02:34)

630. ayako: radical39@dion.k8.ne.jp
  リストに絵があればいいのになぁ(^^;
『いちご物語』連載中から読み始め、泣きたい時に読んで育ちました。時代を先取りしていた『毎日が夏休み』タイトルからして好きです(笑)「パフェをめいっぱい食べて冷たい爬虫類みたいになって太陽をあびて体をあたためる」シーンとか『バナナ〜』の草の三つ編みが大好きで真似したくなります。男の子が生まれたら「竹丸」「松丸」と名づけようとマジで考えてたのに・・・小劇場ブームの頃は劇団「青い鳥」、観に行きましたよ!

  2005/8/11(01:27)

629. めりの:
  個人的には「いちご物語」「バナナブレッドのプディング」「いたい棘いたくない棘」「まだ宵のくち」「綿の国星」「たそがれは逢魔の時間」「リバベルテ144時間」なんかがとても好きです。
BLOGはhttp://yaplog.jp/miffy_tatakae/です。Macつかいです
  2005/8/8(00:46)

628. juil:
  来てくださいまし。
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10002934283
  2005/7/19(21:09)

627. Ryuichi Tateno: r-tateno@tb4.so-net.ne.jp
  『ロングロングケーキ』って『ウは宇宙人のウ』と同じ話でしょうか?
文庫で見たら『ロングロングケーキ』になっていて、記憶してたタイトルと違ったので。どなたか教えて。
  2005/7/17(02:51)

626. こだますずえ
  「サマタイム」が1番すき。実与ちゃんの住む村は、天国なのでしょうか。
  2005/7/6(11:03)

625. 研ちゃん
  男のファンは少ないのでしょうか?『バナブレ』は数え切れないほど色々な版で持っています。『さようなら女友達』には辛い思い出があります。『Nana1』のよさも分かるけれどのめりこめません。又。
  2005/6/24(19:42)

624. るー
  たぶん、単行本はほぼ持っているとおもいます(作品集はのぞいて)。
学生の頃、「大島弓子論」を書こうとしていたくらい入れ込んでました。
読み返せばまたきっと、あの頃の思いが甦るにちがいありません。
  2005/6/16(21:49)

623. こだますずえ: obanazawaemi67@yahoo.co.jp
  2005/6/13(09:16)

622. こだますずえ: obanazawaemi67@yahoo.co.jp
  2005/6/13(09:16)

621. こだますずえ: obanazawaemi67@yahoo.co.jp
  2005/6/13(08:15)

620. keiko
  今日、ダリアの帯を初めて読んで、抑圧し続けていた本当は好きな感覚を思い出して涙が出てしまいました。ことばにできないものがすごくはっきりと感じられて救われました。大島先生に感謝です。
  2005/6/12(13:35)

619. keiko
  今日、ダリアの帯を初めて読んで、抑圧し続けていた本当は好きな感覚を思い出して涙が出てしまいました。ことばにできないものがすごくはっきりと感じられて救われました。大島先生に感謝です。
  2005/6/12(13:35)

618. usako
  大島先生大好きです。あの感性は心揺さぶるものがありますね。こういう私、53歳。大島デビューは遥か昔、大学生の頃、毎週「いちご物語」の載った週刊誌を買いに書店に走った頃です。いまでもこの雑誌の切り抜き持ってます、ほんと。
  2005/6/2(11:22)

617. ノラ
  最近愛猫を病気で亡くしました。なにかにつけ、思い出しては涙する私の心の支えは大島弓子の作品達であります。読み始めてから30年余り、大島弓子の描く世界はいつも私をやさしく励ましてくれています。
  2005/5/31(17:53)

616. 若月 : wakahisa@69
  大島さんが大好き。大病されたとのこと、今現在のご容態が心配です。大島さんは引っ越されたそうですが、武蔵野市の吉祥寺のマンションの近くなのでしょうか。
  2005/5/30(21:00)

615. サキ
  古本でちょびちょびと集めているのですが、白泉社とソノラマと小学館と。
もうごちゃごちゃになってしまいました。

以前住んでいた品川区の図書館には、
ソノラマがなぜか全巻そろっていました!
もちろん借りて、昼夜よみふけったのです。
  2005/5/23(23:26)

614. 藤本沙織
  最初読んだとき、すげえな、と思いました。
  2005/5/14(11:12)

613. きら
  初めて読んだのは多分「ジョカへ…」です。
大好きなのは、「さよなら女達」です。もちろん2冊今も持っています。
たくさん持っていたのに一部手離してしまい悔やんでいます。
  2005/5/9(00:21)

612.宮本八千代: myak_zx11@yahoo.co.jp
  高校生の時に気になり始めましたが、本を買い出したのは、会社員になってからで、後になって買おうとしたら、絶版になっていたり、悔やまれます。大島先生の近況が知りたいです。新しい本が出版されるのを、心待ちにしています。
  2005/5/5(13:47)

611. れれれ
  2005/3/17(00:08)

610. あんこ:
  はじめまして。22歳の大学生です。
高校生の時、「ダイエット」をそのタイトルに惹かれて古本屋で手にしたのがきっかけでした。今また読んではまっています。
私が好きなのはサバとのエッセイ漫画。鳥や虫も擬人化されていて哲学的なところ、なのにさっぱりしているところがすごく好き。サバが同い年だと昨日気づいて驚きました。調べてみたら、やはりもうサバは亡くなっているのですね。大島さんの哀しみはいかばかりであったかと思います。
  2005/2/25(02:06)

609. 大岡 幸子: algo-st@r08.itscom.net
  かっての私は、『チビ猫』でした。今の私は、たぶん・きっと・もしかしたら、『弓子さん』が、私のイメージキャラです。だから、どの子(作品)も私自身のようです。だから、ウルウルしたり、フンと開き直ったりしているのです。
  2005/2/21(15:22)

608. キタリ
  小学校4年生の時に大島先生の作品(四月階段)に出会い、20年以上愛読しています。何度引っ越しても大島先生の本だけは手放せません。暖かい、唯一無二の作風に何度慰められたことか、、、。これからもお体に気をつけて、すばらしい作品を読ませて頂きたいですね。
  2005/1/22(18:50)

607. むろや
  20年来のファンです。作品リストを見て、いろいろなことがまざまざと思い出されます。新作が読みたいものです。
  2005/1/12(02:04)

606. 夏海
  今年高校生になります。大島マンガには出会って2年くらいになります。
きっかけは古本屋で見つけた「綿の国星」です。今は綿の国星以前の作品にはまっています。泣けちゃうのが多いので。
でも、悲しいことに同年代で大島作品を語り合える人がいません。みんな絵柄が古いと言って読もうとしないんです。せめてあと30年くらい早く生まれてリアルタイムで大島作品を読みたかったと思っています。

  2005/1/11(18:34)

605. こず
  2005/1/8(22:53)

604.
  最近、桜時間がものすごく気になりだしました。危なくておめでたいあのお話です。・・・かわいいウサ吉自分も欲しいな。
  2004/12/28(16:31)

603. ゆうゆうまま:
  パソを購入したのでためしに大島弓子で検索したらこちらに飛んでまいりました。いやあ、よくここまでお調べになりましたね。尊敬します。私は鹿児島市に住む43歳の子持ち女です。よかったらうちにもいらしてくださいませ。たいしたホムペではないですけれども(笑)。まだパソコン初心者でブラウザの意味がわからないので『その他』にしておきました。すいません
  2004/12/10(14:15)

602. 小さい白いにわとり
  私も「雨の音が聞こえる」が一番好きです。昔は読むたびに泣きながら読んでいました。今、読み返しても絶対泣いてしまうでしょう。
  2004/12/7(22:40)

601. 山影 裕美子
  2004/10/23(11:46)

600. ひがいす
  大島弓子ファン暦32年になります。今でも一等好きなのは、「雨の音がきこえる」です。
  2004/10/20(09:23)

599. ふくちゃん
  久しぶりにWhite-fieldを開けてみたら、なんと私は222222番目の訪問者だったのです。スゴイ!今日は息子の22歳の誕生日、家族で外食してお祝いをしました。実は上の娘はここ数ヶ月間ずっと引きこもり状態でしたが、なんとか外に誘い出す事が出来ました。娘は現在25歳、でも精神は「バナナブレッドの衣良」状態のような気がしてなりません。本当の意味での大人になるにはまだまだ時間が必要、ライナスの毛布はまだ見つかりませんが家族はいつまでも見守っています。
  2004/10/19(22:45)

598. ほうせんか
  はじめまして。小3くらいの時に「いちご物語」を掲載時に見て、大人になって読み返したら号泣しました、以来コミックスだけは押さえているファンです。今朝、大島さんが夢に出てきました(初めてです)なんだか気になって検索していたらこちらに来ていました、また拝見させていただきます。
  2004/10/8(17:06)

597. kuririn
  ずっと忘れかけていた大島作品。。
偶然聴いた、リチャードクレイダーマンの『綿の国星』で
懐かしさが溢れだし、検索をかけ、ここに辿りつきました。
ちなみにアマゾンで5冊程購入。。今はあまり売ってないんですねえ。。
大島作品。
  2004/10/3(21:29)

596. y.mitihata:
  大島さんの作品群は、私の心の中のあまりに大切な部分なのです。吉祥寺のアパートに住んでいた頃、細やかな雨が降る井の頭公園の木陰のベンチに、一人座っていらっしゃったやせた女性、「バナナブレッドのプディング」の主人公によく似たその人が、今でもあの方だったと信じています。久しく作品を書かなくなってしまった大島さん、あなたの世界にすこしでもシンクロできることを憧れて、HPをつくったりしています。覗いていただければ、さいわいです。
  2004/9/23(03:01)

595. みな
  小学生のころ「四月怪談」を読んで以来のファンです。大島先生は天才だと思います!夏の終わりのストーリー、っぽいのが好きです。パスカルの群れ、毎日が夏休みなど。桜の木などの木の絵が、すごく心理描写に効果的で、木が出てくるコマは全部好きです。
  2004/9/4(20:38)

594. nana(HN)
  卒論に少女漫画を資料として扱うのですが、大島弓子さんの『四月怪談』・『ダイエット』などの雑誌掲載データーを、参考にさせてもらいました。どうもありがとうございました。文庫には雑誌掲載などあまりのっていなかったので、とても助かりました。どうもありがとうございました。参考にさせていただいたので、記帳してご報告とさせていただきます。
  2004/8/30(23:03)

593. ちょうちょう
  高校時代に友人から勧められ無理やり「バナナブレッドのプティング」を読まされて以来ファンです。こちらのオススメにありました「金髪の草原」私も傑作だと思います。よく若い人?に勧めます。今、大島作品が店頭にあまり並んでいないのがすこぶる残念。誰もが読みたいときにすぐ入手できるべき作品だと思います。
  2004/8/25(13:41)

592. エルたん
  大島弓子の作品を久しぶりに帰省先の実家で読むと、
涙が止まらなくなりました。

  2004/8/19(07:23)

591. lionさん
  42歳主婦です。長女の名前は弓子とつけてしまいました。今年で17歳になります。末の子が3歳で雑誌おひさまを定期購読中です。おひさまは次男が小さい頃にも買っていました。大島弓子さんの作品との出会いは多分デビュ-作からです。初単行本は誕生でした。いまやミステリー作家となった7歳上の兄が、お勧め作品として買ってくれました。
  2004/8/14(19:30)

590. ちゃむりん
  レイラさん、情報ありがとうございます。
さっそく書店で探してみますね。(^^)
  2004/8/13(03:02)

589. はがね親父
  中古本の某チェーン勤務です。
グーグーだって猫である、が入って来たので、買いました、読みました。
サバ、…。
大島さんを読むようになったきっかけって何だったんだろう?
谷山浩子さんのオールナイトニッポンとかあたりでしょうか?
時は流れる。
最近、岡崎京子さんの作品を読み返して、
大島さんへのリスペクトを強く強く感じました。
時は流れる。
新作のストーリーマンガが見れることを楽しみにしております。
  2004/8/9(13:22)

588. なめ
  本棚の整理をしていたら
奥の大島弓子さんの列が出て来ました。
1冊取り出したらもう止まりません。
30年前の多感な頃にすぐに戻ってしまいました。
たまらずパソコンで検索をしてこちらを見つけました。
同じ想いの方が多くいらっしゃるんですね。
嬉しくなりました。

  2004/7/22(17:14)

587.KYOKOTAN: cat@kyokotan.com
   猫と日常生活の中の詩的ファンタジー。
 猫以外の作品でも、優しい語り繊細な線の中に、鋭いテーマがあって、すばらしいと思います。
 White-Fieldのページは大島作品を読む上でとても参考になります。
 ここのページ、リンクさせてくださいね。
  2004/7/22(15:24)

586. レイラ: kadobeya@hotmail.com
  ↓さん、「金髪の草原」は「四月怪談」(確か白泉社、または小学館)の文庫に収録されてたと思いますョ。横入りすみません。
可愛らしい絵柄と、残酷なところがなんともいえず好きです。
一部挙げると、人気のバナナブレッドのプディング、ダイエット、たそがれは逢魔の時間、夏の終わりのト短調、夏の夜の獏・・あたりでしょうか。
いずれも文庫でしか読んでいないので、このサイトを参考にしながら全集あたりでも買って読んでみたいです。(まだ買っていない文庫も)
  2004/7/17(16:53)

585. ちゃむりん
  (さきほどの続きです)金髪の草原は
アスカコミック(?)の表題作だったように思うのですが
どの作品と一緒なのかも忘れてしまいました。
時々書店で探すのですがなかなかみつかりません。
金髪の草原の出版社、またはどの作品の中に入っているか等
知っている方は教えて下さい。
なりす嬢に久々に会いたいファンのひとりです。

  2004/7/3(12:30)

584. ちゃむりん: himenga@hotmail.com
  はじめまして、こんにちは♪
大島弓子先生の作品は小学生の頃から
愛読していました。
で、私は最近引越しをしたのですが、
「金髪の草原」がみあたらず、
どうやら無くしてしまったようなのです。

  2004/7/3(12:28)

583. CREA
  大島さんが大好きなCREAです☆
沢山のファンが出来て本も沢山発刊されるといいな。
みんなで公園の芝生に寝っ転がって読みたいな。
夏だと毎日が夏休みの状態になりそうですが。。。
  2004/7/1(23:49)

582.ユゥリ: kurutan.2001@r7.dion.ne.jp
  母にすすめられ、ファンになりました。
私自身、猫を飼っている事もあり、綿の国星・サバの夏が来た・グーグーだって猫である等、猫の話の本がとても好きです。
なんていうか、のんびりした気持ちになれて、大好きです(*^_^*)
リンクも貼らせて下さいm(__)m
  2004/6/15(03:09)

581. みどり
  時々訪問者リストをのぞくのがたのしみです。大島弓子さんの作品を好きな人がほんとうにたくさんいるんだなあと。
  2004/6/5(14:40)

580. りょうこ
  LaLaの頃から大好きです。
  2004/6/5(00:19)

579. フリオ
  50代目前の主婦です。遥か昔、「詩子って呼んでもう一度」からはまってます。夕べ、「秋日子かく語りき」を読んで感動しました。大島ワールドはほんとうに
奥が深いです。
  2004/6/3(14:18)

578. 池宮城 健: kenkenken@91hotmail.com
  僕は大島弓子のマンガがただ純粋に面白いと思います。20才を過ぎてから好きになったマンガ家は彼女だけです。いつも感じるのは十代の頃に出会っていたら人生がまた少し違ってきただろうという事です。
  2004/5/27(20:14)

577. 村山 朝子: syu1@blue.ocn.ne.jp
  私は、今中一で、周りに大島弓子さんのことを知っている人は全然いません、悲しいことです。
あ、ファンレターの宛先を知ってる人はいませんか?
  2004/5/22(07:12)

576. 福原 ちひろ: fuku-gogo@yahoo.co.jp
  「ポーラの涙」をリアルタイムで読んで感激した頃から大島作品の大ファンです。「ミモザ館」と「ローズティ」はいつ読んでも色あせません。何年間か大島さんの作品から遠ざかっていましたが、去年「グーグーだって猫である」を久々に読み、再び大島ワールドにつかっています。とにかくお体を大切に・・としか言えない私です。
  2004/5/10(20:49)

575. ねもと いずみ
  47歳の男性です。大学を受験するころ読んだ、「キララ星人応答せよ」が忘れられません。もちろん、私は主人公の望のような美形ではなかったのですが、そのときの自分の心や環境とオーバーラップして分身のように感じられたものです。いつか自分もキララ星人とめぐり合える時が来るのだろうかと思ったりもしました。ふと気がつくと30年ワープしている今、めぐりあった私の「キララ星人」が一緒にいてくれます。
  2004/5/1(20:11)

574. 柴崎 尚美
  大島作品の魅力のひとつに、詩のような言葉があげられると思いますが、私がいちばん好きなのは綿の国星で出てくるタマヤ猫の「どちらもおなじ かがやくのはら」です。
  2004/4/30(22:12)

573. ふくちゃん
  殺伐とした今の時代こそ、大島作品を読むべきです。そして今一度、相手の気持ちを理解し思いやる心が必要です!今の世の中、想像力がかけています。人間はどうして憎み合い、いがみ合い相手を蹴落とそうとするのか?とても悲しく残念でなりません。大島ファンがもっともっと増えることを願っています・・・

  2004/4/29(12:13)

572. ノラ
  43歳の主婦です。今猫5匹と共に暮らしています。大島先生のまんがは、私の生きていくうえでのバイブルです。早くグーグーの新作読みたいです。
  2004/4/21(23:41)

571.美咲麗華: fragile@maple.ocn.ne.jp
  ほとんどの作品、読み尽くしたつもりですが…。最近、新作がないのですか?さびしいです。
  2004/4/13(02:16)

570. tadeno: yelico7@hotmail.com
  何度も何度も読んでぼろぼろになってきている、朝日ソノラマ版の「すべて緑になる日まで」を読んで今さらながら号泣する。

「女の子になりたい」
と言うセリフが
「自分を生きたい」
という意味に思えたから。
  2004/4/11(03:09)

569. 以蔵
  どうしてこんな言葉が思いつけるのでしょう…
初期の頃から読んでますが、中でもASUKAで描かれていた作品が大好きです。
  2004/4/8(14:49)

568. みす・かぁーたぁー
  大島さんの作品は癒されますね^^大好きです。読んでいて元気がでてきます。こんなに大島さんの事好きな人がいてすごく嬉しいです^^
  2004/3/30(20:23)

567. Kazumi: ikazumi2001@yahoo.com
  "I love her cartoons so much for a long time. Now I'm living in Australia, and don't have chance to read her works, because I left all her cartoons in Japan... So, it was enjoyable to read this site :-) I liked "This is Hanako san" part most in your web page! Good to see that she does not look so sad now. Thank you. "
  2004/3/27(11:51)

566.小久保ビデオ: uutan38@yahoo.co.jp
  いやー。大好きです。大島弓子さんについて語る仲間が欲しかった。(男ですが…)

  2004/3/20(14:09)

565. 由美子: yumiko_1953@hotmail.com
  2004/3/18(21:53)

564.らら: mamalala@hkg.odn.ne.jp
  大島先生の作品、無性に読みたくなる時があります。
「綿の国星」がきっかけで先生の作品を読み始めました。
作品リスト、感動しました。
  2004/3/17(23:32)

563. りも
  2004/3/7(17:23)

562. KEN(♀):
  30年前からのファンです。
好きな作品は、なかなかひとつにはしぼれませんが、
「四月怪談」が大好きです。
この一年間、母が卵巣癌で闘病しており、
「グーグーだって猫である」に、ずいぶん力づけられました。

  2004/2/29(13:50)

561. みこ
  37歳1児の母です。大島さんの作品は「綿の国星」に始まってほとんど読みました。
こんな深い内容の漫画に出会ったのは初めてでした。ほとんど手元に残っていないのが残念です。今「大島弓子選集」を一冊ずつ集め直しています♪
  2004/2/17(20:35)

560. 川上とも子: tomoco0611@yahoo/co/jp
  43歳バツイチ19歳と18歳の二人の娘がいます。私は『ヨハネが好き』が大好きなのですが、娘は『毎日が夏休み』が好きです。娘に言われて一番嬉しかったことは「お母さんは、『夢虫・未草』の林子ちゃんのお母さんに似てるよ。と言われたことです。大島弓子ワールドの家庭を築きたっかったのに・・・。娘の顔はさくらももこワールドです。
  2004/2/15(22:38)

559. ひろみ
  先日、山本鈴美香さんの「ひっくり返ったおもちゃ箱」を読んで、大島先生の「七月七日に」を思い出したんです。シチュエーションが似ていたので。両先生の個性の違いが表れてて面白いです。
強烈に印象深い作品でしたよね。
大島先生と言えば、「少女漫画の歩み展」だかでチビ猫の原画を見せて頂きました。他の大勢の方の原画のどれよりも 心が和みました。
  2004/2/12(12:32)

558. 江川良江
  大島作品との出会いはもう30年以上前、そして「雨の音がきこえる」で絶対的な存在に...。サラっと流れる言葉の中に、実は深い意味が含まれている。それに気づいてしまった事、幸せなんだと思っています。
  2004/2/10(00:11)

557. 池田容子
  " はじめまして。以前,BSマンガ夜話で「秋日子かくかたりき」がとりあげられてから、ずうっとその本を探し続けています。NHKで放送されている
「神様ちょっと待って」の原作が「秋日子〜」と知り一度も欠かさず見ています。それも今夜で終り!だれか教えてください。秋日子の行方を・・
"
  2004/2/5(10:56)

556. 三浦 ひろみ: marusan@ps.inforyoma.or.jp
  38歳、子供が3人います。最近大島さんの作品を読み返すことがおおくなりました。深夜、静かな部屋でロストハウスの1冊を読んでいます。独身の頃、ほとんどと言うくらいそろえていたのに、なぜ手放してしまったのだろう。後悔しています
これから、また少しずつ集めていくつもりです。大島先生に関する事このホームページから知っていきたい、また遊びに来ます。ハナコさんの写真感動でした。
  2004/2/4(15:13)

555. 海里
  【ジョカへ】からの大ファンです。ずーと、今でも、大好きです。
本日、43才になったお祝いに登録しました。大島ワールド歴30年。
切ない想いを大切にしたい♪蘭丸♪大好きな3児の母です。
  2004/1/30(11:43)

554. あや
  25歳一児の母です。実家に置いてきた大島さんの本、取りに帰ろうと思います。
  2004/1/21(11:02)

553. 福よ来い: hina-5@mug.biglobe.ne.jp
  何年経っても色あせない、時代を感じさせない何度読み返してもホットさせてくれる所が好きです。20年位前にジグソウパズルで「綿の国星」が販売されていたと思います。買い損ねて今だ思い続けています。
  2004/1/12(10:39)

552. ミモザ館: shimizu1943@yahoo.co.jp.
  弓子先生の作品と出会ってから30年以上、いまだに虜になっています。少女漫画でこれだけ崇高な文学が描ける作家が他にいるでしょうか。先生の漫画から小説好きになった私です。大島作品は漫画と小説の垣根を取り払っていると思います。
  2004/1/11(19:06)

551. 喜代
  2度目の登場です。大島大学文学部哲学科ユーミンゼミで青春を謳歌・蹉跌してたのは30年前でした。当時から自由―リベルテ―な校風で、厚くて高いカベに立ちすくんでいる生徒達に「ミルクをお飲み、こころが休まるよ」と手を差し延べてくれたのはいつも大島先生でした。いまだにお顔さえ存じ上げませぬが、そんなことより、大島先生の体調良好をお祈りいたします。  半世紀者かく語りき
  2004/1/9(15:09)

550. みちる
  私は今高校生ですが、大島弓子先生の独特な感性と素朴な登場人物が大好きです。最近の漫画では味わえない独特の良さを感じて、とても尊敬しています。私が読んだのはまだほんの一部の作品なので、これからまだ読んだ事のない作品を読むのがとても楽しみです。先生にはお身体に気を付けてこれからも良い作品を描いてほしいです。  
  2004/1/9(00:02)

549. とも
  私は現在27歳ですが年齢のかなり離れた姉達の影響で大島作品を読んできました。同年代からしてみれば昔の漫画というイメージで〔だって本屋にないんだもん〕知らない人がほとんどですが、私達世代の作品にはない感性の作品ばかりで私は大ファンです。…といっても本屋で偶然見つけたときに買って読む位ですが…〔だって売ってナイんですもの〕雑誌のテレビ欄でドラマ化の記事をみて思い出しここのホムペにきました。またきます。


  2004/1/8(16:45)

548. ポチ王: k2s@seagreen.ocn.ne.jp
  「ちょっと待って、神様 」の第01話を見逃してしまいました
残念。

  2004/1/6(23:23)

547. たかぎひろこ
  30歳になるまで私を支えてくれた少女漫画。その中でも一番好きだったのが大島弓子の作品。ドラマ:神様ちょっと待っての原作が大島弓子と知ってネットを検索してこのHPに辿り着きました。今でもたくさんのファンがいることを知って暖かい気持ちになっている40歳半ばのおばさんです。
  2004/1/5(23:49)

546. あきこ
  まだ全部見ていないので、次にじっくり見させてくださいね。日本にいないので、かんたんに本が買えなくて、とてもはがゆい思いをしているファンです。日本書店があるから買えるけど高い・・・・。グーグー。。が22ユーロした。でも買ってしまった。ぐーぐー2は、お目にもかかっていません。読みたい!クスン。ではまた。
  2003/12/24(03:33)

545. ひろと
  マイフェイバリッドの作家さんですね。
非常に独特な会話の言い回しが好きです。
初期の作品はあまり肌にあいませんが、綿の国星あたりからの作品は非常にユーモアがあって良いと思います。
  2003/12/16(03:17)

544. ふくちゃん
  もうすでに知っている方もいらっしゃると思いますが、23日付の新聞で番組のお知らせに、大島作品の「秋日子かく語りき」を原作としたNHKドラマでタイトルは「ちょっと待って、神様」来年1月5日から5週連続の全20回(夜11時〜11時15分)放送するとありました。これは必見です!願わくは大島弓子の世界、感性を壊さないよう、ファンの期待を裏切らないドラマ作りにして頂きたいと思います。
  2003/11/24(12:29)

543.なみ: cpkbear@hotmail.com
  チビ猫を検索したらここに辿り着きました。私は綿の国星が大好きです。猫にもこんな感情や世界があるんだなーって胸を衝かれました。そして猫の視点から恋愛、命、希望などをストーリーにさせてしまう大島先生のこの作品に感動しました。
これからもと色々と大島先生の作品を読もうと思います。我が家のチビ猫人形も
大切です。クリスマスが近いのでドレスを縫いました。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/6828/
共々大切にしていきたいと思います。
  2003/11/19(08:10)

542. モッズ
  大島先生はは絵心がなかったら作家になっていたでしょうね。想像力に長けた素晴らしい人です。
  2003/11/18(14:20)

541. ナナコ: nanako-f@linku.zaq.ne.jp
  大島弓子さん大好き。大島さんの作品は、たくさんの漫画のなかでも特別。

  2003/11/17(18:54)

540. じゅんまま
  現在44歳。小学生のころからの生粋の(?)大島ファンです。2003年のお正月に「グーグーだって猫である2」を読んで「うーーん、卵巣ガンか、、、」としみじみしていたら、9月になって自分も卵巣ガンの疑いで大島さんと同じ手術をすることになったのです。10月の手術のときには「グーグー2」をおまもりとして持って入院・手術をしてきました。大島さんに伝えたいです。「すばらしい作品をありがとう。おかげさまで『境界悪性』で退院できました。ほんとうに励まされました」
  2003/11/17(11:36)

539. kob: h_kob@olive.freemail.ne.jp
  私の動機は不純でして、片思いの女性がちび猫に似ていたという理由で
読み始めました。
持論ですが、日本の国語界は大島弓子と中島みゆきに支配されていると
思っています。
10年くらい前の月間角川で「好きな年齢になれるとしたら何歳がいいか」
と言う質問に対して、他の回答者は若い頃に戻りたい等と言っていたのに
対して「300歳になりたい」と解答したのにはやられたと思いましたね。

凡人と天才との差をかいま見た気がします。
  2003/10/31(13:37)

538. つやこ
  43歳のおばさんです。ミモザ館でつかまえて以来の大ファンです。ご病気と聞いて心配しています。近況おわかりになったら教えてください。

  2003/10/25(17:23)

537. ゆうこ
  19歳の学生です。私の大好きな小説家の嶽本野ばらさんが大島弓子さんの作品を絶賛していたことをきっかけに読み始めました。数冊読んでみて、すんごくおもしろかったので、これから読み漁りたいです♪とても楽しみ!るんるんします。つるばらや秋日子が好きです。
  2003/10/18(22:19)

536. ふくちゃん: koufukunomori@ybb.ne.jp
  もう50に手が届くおばさんですが、ずうっと前からのかくれファンです。娘時代はひねくれて感情を押し殺した時期もあったけど、大島先生の世界を知ってから素直に泣けるようになったと思います。時代とともに変化する大島先生の絵は、私の想いに自然になじむようにいつも今の絵が好きです。医者や薬ではなく、私にとってカウンセラーはまさしく大島弓子なのです。

  2003/10/16(13:09)

535. papier
  「誕生」から同時に読んでいました。女性40代最後の歳、北海道在住。「ジョカへ」「いちご物語」「バナナブレッドのプディング」など、新しい作品を読む度に凄いと思っていました。
 今でも「ジキタリス」「秋日子かく語りき」」「ロングロングケーキ」「ダイエット」「毎日が夏休み」などを読みなおし、落ち込みから何度救われたかわかりません。私にとって大島作品は精神安定剤です。
 White-Filedは、それぞれの大島ファンがいるのがわかり嬉しいですね。
  2003/10/12(21:40)

534. キャラウェー: zettaisinanai@yahoo.co.jp
  46歳のおじさんの次は、47歳のおばさんです。
一番好きな作品は年齢とともに変わってくるのですよ!
10代の頃は「いちご物語」が大好きで、20代では「7月7日に」、30代が「すべて緑になる日まで」、今は「秋日子かく語りき」でしょうか。
もちろんどれもこれも大好きですが。
たったひとつのセリフにおばさんになった今でも涙ぐんでしまいます。
  2003/10/9(13:08)

533. てつ: fwiw1079@mb.infoweb.ne.jp
  もう46才のおじさんです。小さいころはマンガなど買ってもらえず、近所のお姉さんの古少女雑誌を読むくらいでした。昔はマンガの作者など全く気にせず漠然と読んでいたのですが、中1の時「私はネプチュ-ン」「なごりの夏の」を読んだ時、こうゆう世界もあるのだと初めて作者が気になりました。大島先生の名前を知ったのはこの時です。そして次に出た「雨の音が聞こえる」で完全に虜になってしまいました。「雨の音・・」は私にとって今でもバイブルです。
  2003/10/3(21:30)

532. 六実子: mutsumiko@msn.com
  たぶん25年ぐらい前からのファンです。たくさんの本を捨てたのに大島弓子さんの本だけは捨てられずにいます。今年ロシアンブルーの子猫が我が家に来てからちび猫を思い出しまた読み始めたところです。20代後半に井の頭公園や荻窪に住んでいたので余計になつかしくて時を忘れてしまいます。それにしてもビデオがあるなんて知らなかった。仕事や子育てに忙しかった10年の空白が大きいです。リストを参考にさせていただいてこれからまた作品を集めたいと思います。
  2003/10/1(23:50)

531. たけごん
  たけごんです。先生の作品読み歴21年です。たまに実家に帰っては、置いてあるコミックを読み漁っています。お体の具合はどうなんでしょうか?又リアルタイムで読みたいものです。
  2003/9/26(13:07)

530. ゆう
  44歳、女の子二人の母です。リアルタイムで読んでいました。
「ほうせんか ぱん」のような女子校で、隠れて漫画の貸し借りをしていたのもいい思い出です。今は小6の長女も読んでいます。普段は生意気な娘が「いちご物語」を読んで、泣いていたりすると嬉しく思います。小2の娘は「ちびねこ」の絵本がお気に入りです。

  2003/9/19(22:04)

529. Isuzu
  大島さんの存在は高校生の時知りました。「つるばらつるばら」でファンに。
大島さんの作品はけっこうテーマが厳しい。でも登場人物がそれぞれの幸せのカタチをきちんと発見して生きていく。それを見るたび、生きるっていいな、と思ってしまいます。これからもステキな作品を描き続けて欲しいです☆

  2003/9/2(07:57)

528. 山田美己子: mikimaru@mwd.biglobe.ne.jp
  初めまして。山田と申します。先日より、アクセスしようと試みていたのですが、
うまくいきませんで、今日はここからご挨拶をさせていただきました。
大島弓子さんのリストなど、たいへんな情熱に感激しています。
今後ともよろしくお願いいたします。
  2003/9/1(21:14)

527. 岡野綾子
  大島弓子先生のマンガって本当、面白いですよね。
  2003/8/31(04:03)

526. 西田 直子: juli@smail.plala.or.jp
  作品が端正な線になっていくと同時にリアルタイムで歳を取っていきました。初期のものから「ぐーぐー」までほとんど持っていて、気持ちや体が弱ると薬代わりに読んでいます。たくさんの同士がいて感激しています。
  2003/8/27(16:03)

525. 120
   最近,大島さんの作品を読ませてもらいました。これからは,お体を大事にマイ・ペースに作品を書いてもらいたいですね。気長に―新作-をたのしみにしてます。
 ※「ぐーぐー」おもしろいナァ〜☆
 
  2003/8/26(20:40)

524. 沙羅〜夢の中のファンタジー〜
  もう大島弓子は小学校の2年生から今、中学3年でも大ファンです!あんなに素敵なマンガを描くことができるんなんて素敵★萩尾望都様と同様尊敬するマンガ家です☆大島弓子のマンガを読むと、心が自然と温かくなります。これからもこんなマンガを描き続けていって欲しいです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  2003/8/24(13:55)

523. ゆう
  はじめまして!私もかなり古くからの大島ファンです。ほとんどリアルタイムで読んでます。(年がばれますね)
70年代後半の作品が特に好きです。胸が痛くなるようね切ない感じが好きです。
ちょっと風変わりな(?)大島作品を愛する方々がこんなにたくさんいらっしゃるなんて、感激しました!!また来ますね!

  2003/8/20(12:49)

522. きょうこ
  結婚して、大好きなコミックも整理してしまいました。そして、くらもちふさこ先生の作品と大島先生の作品が残りました。くらもち先生の分は結婚しても保管の余裕のある友人に、とうとう先日ゆずりました。なぜか、心に残る作品が多い(寓話的な不思議な世界の為でしょうか?)大島先生の作品のみ残りました。昨日「金髪の草原」という映画をビデオで見ました。そしたら、もう増やす余裕がないのに先生のこの作品を是非見てみたいと切に願ってしまいました。
  2003/8/17(00:08)

521. 網田 眞理子: mariko.a@f5.dion.ne.jp
  2003/8/14(14:45)

520. kasuta-u
  初めまして
母の読んでいた漫画を姉妹で愛読させていただいています
須和野チビ猫の苗字がうろ覚えだったので検索してたどり着きました
また伺うかもしれません
大島作品、並びにこのHPって素敵♪
  2003/7/30(04:03)

519. 大久保英之: kasumiok@yu.incl.ne.jp
  大学生の頃、池袋西武だったと思いますが、大島さんのサイン会があって、福井の田舎から夜行列車に乗って上京し、彼女のお顔を拝見し握手をしていただきました。暖かくて柔らかい手だったのを覚えています。
  2003/7/29(23:05)

518. Myungmi: tosys@quartz.ocn.ne.jp
  忍耐力と観察力を育てるには大島ファンになるに限りますね。過去の作品を繰り返し「シケ単」のように読んでます。吉祥寺に住んでる時には大島さんが近くにお住まいとは夢にも思いませんでした。当時、私は大島さんがお嫌いだった井の頭公園近くを歩く「ごへいもち」の一粒でした。
  2003/7/25(14:13)

517. momo
  小さい頃(3〜4歳頃・20年前)にレンタルビデオで『綿の国星』を見ました。もう一度見たいな〜と思って探していました。私の周りでは誰も知っている人がいなく、やっとこのホームページで確認することができました。シリーズもので出ていたとは知らなかったので漫画をぜひ読みたいと思っています。
本当に嬉しい☆
  2003/7/15(16:52)

516. 魚のハタ
  私は51歳。脳梗塞リハビリ中。妻から「グーグーだって猫である」を渡され,魅了,陶酔,感極まって泣き伏し,読了。内容は,死淵までの沈降体験。心の深広・沈痛と並行する宇宙の彼方からの自己凝視。普遍的なテーマを単純・簡潔,ユーモア含蓄,昇華・凝縮された俳句様の作品で,神様と邂逅した気分です。お陰様で,生きる元気をいただき,感謝多々甚大,合掌です。
  2003/7/13(10:40)

515. ひなの★ともやママ: hinano_tomoya@ybb.ne.jp
  2003/7/8(23:47)

514. 飯山みか: shagole@d7.dion.ne.jp
  大事に持ち続けていた作品の数々をついに処分しようと思い、いろいろと検索していたら、ここに辿り着いてしまいました。やっぱり出来ません。反対に"四月怪談"
をネットで購入しようかと検討中です。大学生の時一人暮しの部屋で読み終わって、わんわん、声を出して泣きました。リアルタイムで、単行本ではなかったので手元に残っていないのです。映画を見て"違う"と思ったのですが、はっきり思い出せません。


  2003/7/6(03:00)

513. 橋本るり子: blackjack@mtc.biglobe.ne.jp
  Je t´aime!Je t´aime!Je t´aime!Je t´aime!Je t´aime!Je t´aime!Je t´aime!Je t´aime!(・・・スペルいいかなあ・・・)


  2003/6/21(00:55)

512. 橋本るり子: blackjack@mtc.biglobe.ne.jp
  2003/6/21(00:24)

511. かすみ: tashiro-3200@aq.wakwak.com
  大島さんは、女性というより、少女を描いてる、と思ってますし、これからも、そうでいてください。過激なテーマも、ふんわりと、不可思議なムードでなっとくできるとこるがすきです。
  2003/6/16(01:51)

510.
  今日古いビデオテープを見つけたので見てみたら、四月怪談でした。実に十年ぶり位にこの作品をみて改めて面白いなーと思い作者が気になって調べていたらここに辿り着きました。いろいろと参考になり、他の作品も読んでみようかなと思いました。ありがとうございました。
  2003/6/15(22:05)

509. ノラ
  すべて緑になる日までやローズティーセレモニーに始まりサバ、グーグー全部好きです。
  2003/6/11(20:28)

508. デイジー
  結婚して14年。先日実家から沢山の本を持って帰らされて(!)その中に多くの大島さんの本が・・・。久々に読み返してやっぱり好き!あれから変わってしまった自分、変わらなかった自分をしばし省みる。なんでか泣いちゃったぜ。
  2003/5/22(00:09)

507. 巴: sajams@zf7.so-net.ne.jp
  初めまして。沢山の方がそれぞれに大島先生の作品を大切にしてらして感動しました。私もその宇宙の一粒星です。書きたい事は沢山あるのですがとてもまとめられません。こちらにアクセスした方達ともっとネット上で会話出来たら素敵です。そんなページを御存知の方がいらしたら教えて下さい。
  2003/5/18(01:09)

506. 巴: sajams@zf7.so-net.ne.jp
  初めまして。沢山の方がそれぞれに大島先生の作品を大切にしてらして感動しました。私もその宇宙の一粒星です。書きたい事は沢山あるのですがとてもまとめられません。こちらにアクセスした方達ともっとネット上で会話出来たら素敵です。そんなページを御存知の方がいらしたら教えて下さい。
  2003/5/18(01:09)

505. 喜代
  繊細すぎると言われ、28年間勤めた会社を去って一年が過ぎました。拾った猫の梅子に生き方を教えられ公園を散歩しながら季節の花に出会う毎日です。「グーグー・・・2」123ページを開き、大島ファンであることに感謝!
  2003/5/14(21:33)

504. kei
  あれ? 何度も失礼致しました。
先日 珍しく未読だった「いちご物語」購入して読みました。
他の作品同様 泣ける・・。日向温のようなキャラ いいですね。
大島作品は 登場人物全てが例外なく 容姿も心の中も美しくて
必ずそれなりに ハッピ-エンドで終わる所が好きです。
読んでる途中は完全大島ワ-ルドですが
読み終わると ああ・・またややこしい現実世界だ ナンテ思います。
大島作品は 心のオアシスみたいなものです。
  2003/5/12(12:50)

503. kei: sfkmrw@yahoo.co.jp
  2003/5/12(12:27)

502. kei
  2003/5/12(12:23)

501. junnko
  2003/4/29(19:24)

500. さき:
  また来たいです
  2003/4/27(16:11)

499. とんぷ: tompoo@td5.so-net.ne.jp
  10代、20代とワンテンポ遅れつつもついていっていました。感受性の強い時期に読む彼女の作品はいつも私の心の琴線をかきならし、しばらく離れていてもなにかのきっかけで思い出す一言に勇気付けられたりしていました。また読み応えのある作品を描いてほしいものです。待っています。
  2003/4/18(20:33)

498. 5LT:
  「綿の国星」で大島さんのファンになった私。他にも好きな作品はたくさんありすぎてとても書ききれませぬ。私の心の中の大島ワールドは、どこまでも遠く広がるホワイトフィールドです。その場所を、私は大切にしたい。
  2003/4/18(11:38)

497. ひなぎく
  大島さんがいなかったら、たぶん今の自分じゃない自分がここにいると思います。いっぱい影響を受けました。「ジョカへ」を読んだのが一番はじめでそれからずっとリアルタイムで読んでいます。中学生の頃の憧れはヨハネでした。そして、やすべえみたいな女の子になりたかった・・・。精神上の羽が美しい人になりたかった・・。あれからずいぶん遠くへ来てしまったような気がするけれど大島さんの作品はずっとずっと宝物です。
  2003/4/12(16:44)

496.あんじいでびっど: kocchi08@deluxe.ocn.ne.jp
  大島弓子のことならたいていリアルタイムで知っています。
  2003/4/6(00:29)

495. おおたまりこ
  いちご物語以来のファンです。ようやくパソコン界にはいれました。大島弓子さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいで、それをこうして同好の人々に言えて幸せです。彼女が元気で時々なんでもいいので描いてくれたら、それで満足です。
  2003/4/4(02:17)

494. ヨナハ
  初めて、見させていただき、大変参考になりました。
今は、チビ猫の季節。ハナコさんに会いに、週末井の頭公園に行こうかしらと考えています。
  2003/4/1(01:43)

493. のな:
  大島弓子作品はどれもこれも素晴らしいの一言です。
生きてるうちに大島作品に出会えたことがほんとに幸せです。
  2003/3/22(16:48)

492. なおみ そうま
  10代の時、フアンでした。
40代の今、再び フアンに なりました。
  2003/3/21(19:05)

491. kobako:
  
はじめまして。
中学生のときに偶然古本屋さんで出会った「毎日が夏休み」以来、大島作品のとりこです。
どの作品も大好きですが、強いてあげれば「夏の夜の獏」「たそがれは逢魔の時間」「夢虫・羊草」が今のところベスト3です。
White-Field、情報量が圧倒的ですばらしいです。次の更新を期待しています。

  2003/3/21(15:23)

490. よき子
  ハナコさんホントにいるんですねえ。見られて良かったです。
私の好きな作品はダリアの帯、夏の終わりのト短調、裏庭の柵をこえて、リベルテ144時間、などです。大島さんの作品は、言葉のリズムが心地よくて、いつまでも心に残ってしまうことが多いです。
作品一覧を拝見させて頂いたら、まだ読んだことのない作品がいっぱいあったので、参考にさせてもらおうかと思います。
  2003/3/16(20:43)

489. モグミ
  また来てしまいました。言い忘れたことがあります。夏の終わりのト短調の扉絵の中のこげ茶色の翼の天使様が、生涯忘れられません。あんな神々しい表情を描ける画家は、世界中どこを探しても、大島様以外にはいらっしゃらないと思うのは、私だけなのでしょうか?
  2003/3/14(16:06)

488.金崎 見誉子: chj06360@hkg.odn-ne-jp
  印象に残っているのは、「誕生」「ジョカへ」「雨の音がきこえる」ですが、
現在は、「なごりの夏」を読んでは、泣いています。中学時代には、難しい表現が多く感じながらも作品一つ一つに、独特の香りがあり、友人と夢中で、読んでいました。30年近く経っても全く古さを感じませんし、(今の世の中だからこそ)とても新鮮に思えます。私の現在の夢は、山に暮らし、犬とたくさんの野菜や草花を植えて過ごす事ですが…その原点には、大島弓子サンの漫画があるのかもしれません。
  2003/3/11(13:32)

487. モグミ
  小、中,高校時代から、はまりすぎて、勉強どころではなかったんです。雨の音が聞こえる、で「もう思い起こさすな・・・」って詩が出てくるんですけど、このホームページを見つけて、懐かしいやら、嬉しいやら、切なくて胸が痛くなります。それくらい好きでした。
  2003/3/11(00:28)

486. ふじのゆみこ: mei_yumi@hotmail.com
  すみませ〜〜〜ん。メアドを間違えてしまったので、もう一度入れなおしました!
どなたか教えて下い。
  2003/3/10(14:10)

485. ふじのゆみこ: mei_yumi@hotmail/com
  私ももうかれこれ、30年ちかくのファンです。チビねことさばが大好き!
ちょっとお尋ねしたいんですが、主人公が“けいと”と言う名前の女の子の作品があったと思うんですが...もしかしたら私の勘違いかもしれないんですが...どなたかご存知ありませんか?この場を借りてスミマセンm(_ _)m
  2003/3/10(14:05)

484. はなみずき:
  「わたしたちができるまで」を読みたくて、復刊ドットコムに投票しました。あと8票・・・。
  2003/3/7(00:48)

483. 紗子
  私が好きな作品は、「バナナブレッドのプティング」と「F式蘭丸」です。大島弓子さんの作品は、母が読んでいて、私も小学生の頃から読んでいたと思いますけど、あまりはっきりしません。作品リストを見てみると、お気に入りは1970年代の作品ばかりです。まだ私が生まれてもいない頃の女の子の話なのに、同じ感覚で読めるのがすごいと思います。
  2003/3/1(16:27)

482. joka: jokasimon@yahoo.co.jp
  どの作品も好きです。久しぶりに読み返して,大島先生に是非お願いしたいのは、綿の国星でちび猫がホワイトフィールドになってもう一度ラフィエルに出会うという20年来の夢をかなえてほしいということです。私と同じ夢をえがいている方いらっしゃいませんか?ハッピーエンドの女王大島弓子様。。どうかお願い致します。皆さん私と一緒に署名でも投書でもしてお願いしましょう。。
  2003/2/21(21:51)

481. ジョカ: awatete6@d6.dion.ne.jp
  2003/2/21(21:34)

480. ジョカ
  2003/2/21(21:29)

479. おちさ
  私、42歳の大島弓子ファンです。30年ぐらい前から、大島先生の世界が好きで、昔(?)の作品はすべて読んだでせう。おきに入りは、”バナナブレッドのプディング”です。読んだ事ない人、ぜひ読んでみて!
  2003/2/20(10:35)

478. ダイ: dai909@hotmail.com
  僕は「たそがれは逢魔の時間」が好きです。
あと「つるばら・・」も好き。
何の予定もない、まったりした日曜日に、ふと、
大島作品の空気を思い出して素敵な気分になります。
なんかよくわからないけど・・・。
  2003/2/16(19:00)

477. min
  大島作品の初めは「誕生」からだったと思います,そのときはそれほど魅かれなかったのですが,「綿の国星」はもちろんの事「雨の音が聞こえる」「ジョカへ」「いちご物語」等と大島ワールドの虜になってしまいました。一番印象にのこっている作品は「七月七日に」です。「奥羽浅葱」へ投票してきました。あの時代の話せつないですね。
  2003/2/16(12:32)

476. FOOJIE: abi6666@hotmail.com
  何度も何度も読み返して、
ちび猫もサバもグーグーももう、ボロボロです・・・
(グーグーだっての兇鮹気靴討い泙后


  2003/2/11(08:51)

475. 丸井節子: marui@beige.plala.or.jp
  「グーグーだって猫である」1.2とも持っています。読み終えて、ほっとして、私、疲れていたんだな、でもどっかへ行っちゃった・・・。私にとって、癒しの2冊です。ありがとうございます。
  2003/1/26(18:59)

474. ちより: ti_luaazul@mtf.biglode.ne.jp
  もう兎に角懐かしかった。1980年から弓子作品は私の中で眠ってしまったー当時集めた総ては今はもう無く、お江戸を離れたらフェード・アウトの様に消えて行った。今日必然的にこの部屋をノックしたらあの頃が甦って「お帰り」って!けど今は新しい弓子ワールド出会えたようなそんな気持ち 
  2003/1/26(17:11)

473. 井上真琴
  親の本棚にあって読みました。
彼女の作品に出会えたことに感謝しています。
  2003/1/3(02:16)

472. ちみ
  25年来のファンです。最近の作品も好きですが、「ミモザ館」や「いちご物語」辺りの作品も、皆大好きです。
好きな作品投票では「バナナブレッドのプディング」と「ダリアの帯」、どちらに投票しようか考えた末両方投票しました。でも本当は全部に入れたいくらい。
多分サバちゃんが闊歩していた頃、吉祥寺で働いていたことがあるので、しょっちゅう井の頭公園に通っていました。もしかしたら遭遇していたかも知れません。


  2002/12/25(22:35)

471. みのめぐ
  大島作品が大好きで、わが子に秋日呼(アキヒコ)ー男の子だったので、子を呼にしましたがーと名付けました。女の子には、苺子ーマイコ「まだ宵の口」ーもいいなーと思ったのですが。これは、果たせませんでした。ちなみに娘は二人おります。また、立ち寄らせて下さい。
  2002/12/13(00:30)

470. 梨屋有矢
  なんと稀有な作家だらう!この先どんないい本に巡りあつても、わたしはいちご物語をわすれないでせう。
  2002/12/6(03:09)

469. 彩: ayama0@hotmail.com
  私は今21歳ですが、周りに同じ大島マンガのファンがいなくて寂しいかぎり。特に「毎日が夏休み」が好きです。
  2002/12/3(00:07)

468. MUU
  子育ても一段落してちび猫ちゃんを娘と一緒によんでおります。ちび猫ちゃんはとってもかわいい・・それは、十代の頃にLalaで読んでいたのとは又違った感触なのです。
  2002/11/25(22:04)

467. 福重 景子: kfukujuu@jmail.plala.or.jp
  とにかく、チビ猫が大好きです。大島さんの生き方も、好きです。★。.:*:・'゜
  2002/11/1(00:16)

466. まる
  大島さんの作品は短編が多いので
 なかなかタイトルと内容を
 一緒くたに憶えることができません(呆けかな?)
  
 文庫(白泉社)が出るようになってからのファンなので
 黄金期リアルタイムの皆さまがうらやましいです。
 でも今もリアルタイムですので
 大島さんと同じ時代を生きられたことに
 感謝します。
  2002/10/30(23:20)

465. 水元博子
  2002/10/29(02:21)

464. 伊織
  「ダイエット」が好きです。一度手離してしまい、やはりどうしても手元に置いておきたくて、だけど本屋さんをハシゴしても見つからず、やっと古本屋さんで見つけた時は、立ち読みしながら泣きました。
「8月に生まれる子供」を読むと、思いっきり生きよう! と決意をあらたにしちゃいます。
  2002/10/26(23:41)

463. ちび
  大島弓子先生大好きです。私もありきたりと言われるかもしれませんが
「綿の国星」を小学生の時読んで以来・・大ファンでございます。
天才としかいいようがないです。
エッセイ漫画もとても大好き。グーグーが見てみたいなぁ。
では管理人さんがんばってくださいね。また来ます。
  2002/10/18(17:27)

462. イシハラシンゴ:ishihara_s@geocities.co.jp
  2002/10/8(00:02)

461. 五十嵐 さくら: ici09859@plum.plala.or.jp
  新しく出版される本があったら、教えてください。
  2002/10/7(10:59)

460. LUCY
  ちょうど中学・高校の頃、毎月Lalaだけはかかさず読んでいました。青春でした。ちびねこのイラストはずい分練習したっけ・・不思議な魅力のある漫画家ですよネ。大島弓子さん、大好きでしたよ!!
  2002/10/6(16:54)

459. yu-: y-kom@mail.hinocatv.ne.jp
  PCを使い始めてもうすぐ二年が経つところです。
真っ先に探したのは大島弓子先生関連の事。程なくちびねこMLに登録させていただきましたがもっぱらロムしてばかりで申し訳ありません。私の息子も大島先生のマンガを読んでいます(10歳)サバがだいすきです。
素敵なHP有り難うございました。また来ますね。(^^)
  2002/10/2(22:44)

458. ささきみちこ: michiko.sasaki@hp.com
  なかなかまとまっていてそうなのよねーと懐かしみました。よくぞここまでやってくださいました。これからもファンとして応援させてください。また新作情報などもぜひ教えてくださいね。
  2002/9/27(16:25)

457. 早乙女未来
  これからもどんどんはな子さんの写真をのせてください!!!
  2002/9/23(20:02)

456. katton
  ワクワク・・・。
また、ゆっくり、きます。
ちなみに、私のNo.1は、”10月は、ふたつある”です。
  2002/9/17(23:27)

455.ますだ えり: buzzstyle51@comeon.cx
  大島作品は世代を超えて生き続ける
  2002/9/15(10:27)

454. 麗奈
  私は初めて綿の国星を見たのは10歳の時。それ以来ファンになって漫画を買い揃えました。 あれから十四年たった今でもあの時のときめきと感動は少しも変わっていません。 綿の国星はあの頃の純粋だった気持ちを思い出させてくれます。今読み直すと又違った意味で解釈出来る所も多々ありました。 かわいいちび猫、大好きなちび猫、そんな彼女と本を通してでも出会えたことに感謝します。
  2002/9/5(07:44)

453. キリハラ キリ:
  「金髪の草原」!
  2002/9/2(23:56)

452. 本郷ハヤミ: hayami719@yahoo.co.jp
  キララ星人応答せよ (ほとんど全作品好きです) 題名がなんとも言えずいい。 キャラはおおかみまんがお気に入りです。
  2002/8/30(15:57)

451. 隆太: adamo@football.co.jp
  毎日が夏休みのお父さんが好きですね。 今、綿の国星の第1巻を読み返しました。不思議と新鮮な気持ちです。
  2002/8/24(23:30)

450. みるき: kk.akane@h2.dion.ne.jp
  今日「グーグーだって猫である」を読み、サバが他界してた事を知りました。まるでうちの子(ポメラニアン)を失ったかの様に涙が止まりませんでした。もう7年も前の事だったんですね・・・だけど今もサバが一番好きです
  2002/8/24(16:17)

449. 佐藤 久美子
  インターネットを接続して、どきどきしながら探しました。うわっ、久しくお目にかかっていなかった「大島弓子」という文字。たぶん年代も一緒かと・・・
  2002/8/15(12:46)

448. 美子
  やっぱり、ちびねこがすきです。 あと、忘れられないのが、「ダイエット」での、主人公のせりふです。
  2002/8/13(01:09)

447. ヨハネ: MOON−LEO
  主人公の女の子も脇役の女の子たちもみんな好きです。名前もテーマにあってて名前のつけ方がうまいなぁと毎回感心させられます〜☆男の子はヨハネがいっちゃん好き♪
  2002/8/10(21:37)

446. 秋元真規子
  2002/8/10(21:05)

445. ira: ira@mac.104.net
  かなり昔お祭りで買った古本が「バナナブレッドのプディング」で、それが大島弓子との出会いでした。この頃の絵は今とちがいますが、またよいです。「夏のおわりのト短調」なんかもすごく好きですね。
  2002/7/31(03:55)

444. 佐藤孝信
  大島弓子さんの大ファンです。
  2002/7/27(01:07)

443.るなこ: tomoriku@f3.dion.ne.jp
  アンケート興味深く拝見しました。やはり「バナナ〜」大人気ですね。大島さんのファンになったのは遅いのですが、今やなくてはならない漫画家さんです。昔の作品をなかなか読む機会がないのですが、またこちらを参考にさせてもらって挑戦したいと思います。
  2002/7/14(22:55)

442. 熊田一雄: BXR07465@nifty.ne.jp
  2002/7/1(19:31)

441. くらげちゃん: kuragechan.ok@h2.dion.ne.jp
  はじめまして。よろしくどうぞ。「夏の終わりのト短調」は設定が自分の現実と酷似していたせいもあって、私の青春をわしずかみにした一作です。毎年夏になると思い出します。作品投票でけっこう上位だったのがうれしかったなー。私にとって、少々つらかった思春期に、「パ・パー」とラッパ吹いてくれたのがこの作品だった気がしてます。
  2002/6/25(00:15)

440. きみちゃん
  小学校の頃からファンで、単行本はほぼすべて持っています。最近は絵柄が変わってきてますね。彼女の持つ感性がたまらなく好きなのです。人生、随分大島作品に感化されて送ってきてます。私はいちご物語、さようなら女友達、ジョカへが一番好きです。一度、お会いしたい。
  2002/6/20(12:28)

439. 大西亜希: l02023@osaka-geidai.ac.jp
  とてもよかったです。情報も充実してて…。点数とかは、よくわからなかったのでつけませんでした。弓子さんの作品はどれもとても面白いと思います。全て大好きです。
  2002/6/6(16:42)

438. 中村麻裕子: m-clare@td6.so-net.ne.jp
  ハナコさん見たことなかったので感激!好きな作品は・・・古いのから最近のものまで色々あるなあ。とり子という名前は好きです。かわいい。
  2002/5/19(17:37)

437. 佐藤元彦: satomo1018@hotmail.com
  「つるばらつるばら」の主人公(すいません、名前が忘れました)ひとごととは思えませんでした(汗)。
  2002/5/17(00:20)

436. うさこ
  大島先生の虜になって、もう30年が来る、わ・た・し!私の宝物、本棚の奥に大切にしまっていた「大島弓子選集」を娘がひそかに愛読していたとは・・知らなかった! 彼女曰く、「大島弓子の作品は哲学だ」・・・そうです。
  2002/5/13(23:24)

435. 並河康子: qoo1012jp@yahoo.co.jp
  ミモザ館でつかまえて つぐみの森 ジョカへ
  2002/5/12(04:30)

434. 焼きプリン
  「その日まで生きたい」  ああ、もう一度読みたい!!
  2002/5/1(15:20)

433.ふうこ: fingerbowl88@hotmail.com
  私は、バナナブレッドのプディングと、夏の夜の夢が、大好きです。前にもここにきて、足跡を残したのだけれど、また、久しぶりにきたので、書いてみました。 鬱のときでも、大島作品は頭の中に入ってくるし、こんな私でもどうにか生きていけそうな気がするのは、本当に素晴らしいと思うこと限りなしです。でも、それより何より、わたしはイラちゃんになりたいです。
  2002/4/23(03:32)

432. 夏湖: sirene-7@mbox.kyoto-inet.or.jp
  全ての作品に登場する女の子が大好きです。 男の子も魅力的で、恋せずにはいられません。
  2002/4/21(03:10)

431. G: g-ikoma@cs.puon.net
  41歳にもなるオヤジという生き物です。大島ファンを高校生以来、20年以上やっていることになります。 「雑草物語」を見つけ久々の大島ワールドに浸り、このページにたどり着き、多くの人に喜ばれているのがウレシクなりました。  大島先生には、まだまだがんばってもらわねば・・・
  2002/3/30(20:26)

430. セキレイ・シロエ
  さきほど「綿の国星」をBSでたまたま観ていました。 最初はまぁ普通のアニメかなと思ったんですがとんでもない、大感動でした! ネコと人との環境の違いや思惑のすれ違いを、擬人化を通した表現にずっぽりと引き込まれてしまいました。 この作品についてより詳しく知ろうと思い、検索サイトで調べたらここに辿り着いたので、記念に記帳した次第です。
  2002/3/25(12:31)

429. 大久保英之: kasumiok@yu.incl.ne.jp
  草冠の姫
  2002/2/26(22:32)

428. みみこ: mill@sb4.so-net.ne.jp
  20才の女です。 バナナブレッドのプティングが一番好きかも。
  2002/2/26(00:31)

427. ななみ
  大島弓子ファンの22歳です。母が昔漫画家をめざしていて、色々読んだようで私も影響されてファンになりました。白泉社からでている大島先生のマンガは全部持ってます。「水の中のティッシュペーパー」とか好きです。同年代で先生のファンが周りにいなくてさびしいです。
  2002/2/24(19:52)

426. すず
  好きな作品:綿の国星全部,桜時間,夏の夜の獏,ノン・レガート,裏庭の柵をこえて,ロストハウス,草冠の姫,CRAZY GARDEN,青い固い渋い,サマタイムetc.・・・
  2002/2/21(10:49)

425. koma
  45歳の男ですが、大島先生のファンです。妹がいたのでデビュー作も読んでいますが、正直言って大きな関心を持ったのは、F式蘭丸からだったような、、今日は、山羊の羊の駱駝の を久しぶりに読んで涙してしまったので、ネットで探してここへ来てみました。
  2002/2/18(00:17)

424. 未紀
  サバが大好きです。 大島さんのファンの方のコメントを見ることができて うれしいです。
  2002/2/15(23:02)

423. 永井絢子: fwip5051@mb.infoweb.ne.jp
  まだまだファン歴浅いのでよくわかりませんが、さようなら女達が大好きです。
  2002/2/15(22:23)

422. miomio: makichan@slingshot.co.nz
  初接点はよしもとよしともがマンガの中で思いきりそのまま沙良の手紙を引用しているのを読んだときです。近頃著作権がうるさく言われているのに、こんな丸ごとの引用を許可しちゃう大島弓子ってかっこいいと思いました。バナナブレッドのプディングがめっちゃ好きです。イライラのイラ!なんてキュート!
  2002/1/30(17:39)

421. ゆき
  サバの文庫から大島さんにはまりました。サバの名前が、フランス語なのか鯖なのか、気になっています。
  2002/1/11(23:19)

420. ひつじ
  このあいだ初めてロングロングケーキ文庫版を購入して読みました 読み終えてみて秋日子かくかたりきのラストシーンと 山羊の羊の駱駝の のジロを心で呼ぶモノローグが 印象に残りました。 このサイトを今後の参考にさせていただきます 有り難うございました。
  2002/1/11(14:58)

419. Yuko Stafford: zoe11111@hotmail.com
  "fan reki 25 nen. 40 sai no America zaiju shufu desu. Oshima sensei wa shijin desu. donosakuhin nimo, monosugoi kisetsukan ga aru. itsudemo watashiwa katsuteno, koukosei no onnanoko ni modoremasu. nantomo ienai amaku setsunai kimochi ni narimasu. sakuhin subete suki. suki wo toorikoshite, watashi no ichibu. "
  2002/1/10(23:43)

418. びゅうこ: viewchan@s2.ocv.ne.jp
  去年あたりから読み始めたのですが、最近ほんとうに大島弓子さんの漫画に中毒になってしまいました。うちには犬がいるのですが、「綿の国星」を読むと犬の思考行動パターンがわかるような気すらします。「さよなら女達」「夏の終わりのト短調」好きです。衣良っていう名前もすき。
  2002/1/9(03:10)

417. 信君: mork@ma5.justnet.ne.jp
  私なら「裏庭の柵をこえて」。あと「さようなら女たち」 統計すると見事にばらついているのが大島先生らしい。 White-Fieldについて:ハナコさんのついでに井の頭公園を 紹介して下さい。いくらドラマで見ていても、あれが井の頭公園と知らない人が地方にはたくさんいる。
  2001/12/28(02:11)

416. 廣岡 順子: msaharu_h@jp.bigplanet.com
  御茶屋峠が好き!
  2001/12/24(19:43)

415. sha
  作品の中ではバナナブレット〜たそがれは逢魔の時間あたりが一番好きです。その頃学生だったのですが、その世界にはまりすぎて勉強が手につかず、思い余って貴重な本十数冊を処分してしまいました。(ごめんなさい! もったいなーい!)でもその当時は中毒なほどはまりすぎてて怖かったのです。 バナナブレットのプティングで私の一番好きなせりふはこれです。新潟教授のお手伝いさんの「そうざんすか わたしには あの子の話すこと ちゃんと すじがとおって  聞こえますがね」 
  2001/12/19(22:53)

414. hanini
  最近大島さんの漫画を読み始めた初心者です。 それまで、少女漫画論などで聞いたことがあるだけだったんですが、図書館で初めて四月怪談を読んで、衝撃で呆然としてしまいました。「いままでこの人を読まなかったなんて!」という衝撃。 もっと早く、小学生から中学生ぐらいに出会いたかった、、としみじみ思います。
  2001/12/15(12:30)

413. Neige
  大島弓子さん本人の教養と育ちのよさが作品全体にそこはかとなく漂うところ、これはほかの誰にも真似の出来るものではありませんね。綿の国星を初めて読んだ時は、 動物を主人公にするという手法そのものが嫌いで、私の中ではあまり評判は良くなかったけれど、20年経ち大人になって読み返してみると、その作品のあまりの美しさ に涙がこぼれそうです。
  2001/11/25(17:09)

412. Ottolenghi: hshibano@matsumoto.ne.jp
   最初に大島弓子のマンガを読んだのは『F式蘭丸』か『ミモザ館』あたりだったと記憶しています。1970年代の終わり頃です。そのときからずっと読んでいますが、最近は忘れた頃にしか本が出ないので、ご無沙汰気味です。  とはいえ、ときどきでも新作を発表されておられるようなので安心しました。ただ、わたしの読書の範囲には雑誌「おひさま」は入ってこないからなあ……。
  2001/11/23(13:00)

411. しん: zaki.s@freenet.de
  はじめまして。 大島弓子のマンガを女友達に数冊だけ借りて読んで から好きになりました。サイトで紹介されている出 版リストを参考にもっと本格的に読んでみようかと思ってます。このホームページのおかげですね。 では、近い内に掲示板に書き込みしますのでその 時まで。
  2001/11/16(03:28)

410. えり: e-ohsako@.co.jp
  中学生の頃,今から25、6年前から大ファンです。コミックが出たら必ず購入しております。 大島さんの作品はどれも好きですが,特に生と死をテーマにした作品が心に残りました。 ”四月怪談”の中で先輩幽霊が,駅の自転車置き場をもって,かけがえのなさを説いたシーンなんかほんっと好きです。
  2001/11/14(12:44)

409. SYU
  ファン歴24年のSYUです。 「アポストロフィーS」「バナナブレットのプディング」「綿の国星」「秋日子かく語りき」「四月怪談」「ダリアの帯」など、好きな作品がいっぱいです。
  2001/11/3(03:27)

408. 徳田寿子: tokuda14@mail.goo.ne.jp
  好き(ダリヤの帯 八月に生まれる子供他) 読んでない作品を探すのが大変(楽しみ)で、見つけたときの感動はなんともいえません。
  2001/10/26(18:27)

407. amina:
  大島弓子先生の本をYahoo!オークションにて、 色々と出品しています。良かったらご覧下さい。 http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/dobedomingo2001?
  2001/10/19(22:47)

406. ばらと
  文字化けしてます、このページ。うちのパソおかしいのかにゃ? ジーパン買おう!と自転車をこいでいたら古本屋を発見。 大島弓子全集があったので、ジーパンやめてそっちかっちゃったです。 「夏の夜の獏」と「秋日子かくかたりき」がすきです。 このHPでは投票コーナーがおもしろかったです。
  2001/10/15(17:04)

405. pakipaki: rauli@jcom.home.ne.jp
  「綿の国星」でチビ猫が「一度も会ったことのないお父さん・・・一度も会ったことのないお母さん」と呟くところは、何度読んでもじーんときますね。チビが人間の孤児だったら、まずここから始まるのに、ラスト近くのセリフというのが、何とも言えずいいです。
  2001/10/7(17:03)

404.SANAKKO: h-sanae@mwb.biglobe.ne.jp
  中学・高校時代はオンタイムで大島弓子さんの作品を読みあさっていました。そして、素敵な夢の中に住んでいました。乏しいお小遣いから新作が出る度に本屋さんに行き、購入したそれらにはつい最近まで茶色くしみの付いた本屋さんのカバーが掛けられていたのです。思い切ってカバーを外してみると、そこにはワクワク胸を高鳴らせて買った時と同じ、鮮やかな色合いの本そのもののカバーがあらわれ、当時の想いがよみがえりました。私は「銀の実を食べた」が大好きです。
  2001/10/3(00:01)

403. ダフニア: daphnia@sk9.so-net.ne.jp
   歌人の穂村弘さんの「短歌という爆弾」に大島先生のことが書かれています。著者の、全ジャンルを通じて最も尊敬している方は、大島先生なのだそうです!この本自体、非常に優れた面白い本で、おすすめです。「世界を覆す呪文」としての「短歌という爆弾」ということで、世界を捉え直し、言葉の力を実感することができました。大島先生の世界ともどこか通じているようです。
  2001/9/18(03:25)

402. ゆうこ: saki-yu@cnc1.wakwak.com
  とってもなつかしく拝見しました。いちご物語も綿の国星も 大好きでした。
  2001/9/16(18:19)

401. くりおね: masayo12@poppy.ocn.ne.jp
  YAHOOの検索にヒットしてお邪魔してます。大島さんのサイトがあって感激しております☆「四月怪談」に代表されるように、大島さん作品に流れる人に対する優しいまなざしが好きです。また、来ます!♪
  2001/9/1(14:55)

400. 赤川 晴実: haru.ak@meow.memail.jp
  マジシャン(実はラフィエル)
  2001/8/25(23:02)

399. おおたのぶこ
  2001/8/25(21:15)

398. にゃんちゅう: nyanchu@mtg.biglobe.ne.jp
  サバや綿の国星を昔から読んでいて、大人になった今猫と暮らし始めました。どんな猫の本よりサバの話は勉強になりました!
  2001/8/19(18:41)

397.PYON2: mon_ange_pyon2@hotmail.com
  チビ猫ですね。 我が家では、綿の国星のVHDを所有しています。 たまたま、今日のTOPページにチビ猫のことを書いたので、ネットで検索してココにたどり着きました。
  2001/7/13(20:49)

396. Qたろ:
  好きな作品:「8月に生まれる子供」 小さい頃に母に買ってもらった「綿の国星ゲーム」(絵がかわいくて欲しがったのを覚えています)以来、あのチビ猫の行末が気になったまま大人になった私でした。一昨年、お腹に子供がいるときにふと立ち寄った近所の本屋さんで白泉社文庫の「綿の国星」シリーズを見つけた時は、どんなに嬉しかったことか。。 これからも、私の大島弓子作品収集のために一役かってくださいませ。 改めて、本当にステキなHP開設ありがとうございます。
  2001/7/7(06:47)

395. 或る譜簾野 薯兎恕 廃磁
  大島弓子さんの作品は繊細で細い絵柄に似合わず 大胆不敵かつ奥行きふかし読む日のごと感想や 思いが変化するマカ不思議なまんがである・・。
  2001/6/26(13:18)

394. 坂口 純子: n-sakaguchi@mbg.sphere.jp.com
  2001/6/24(18:59)

393. もん
  グーグーを読んで、サバが亡くなったことを知り、大ショックです。ねこって、死ぬ時、どうしてあんなにじっと見つめ続けるのでしょうね……これからも、大島ワールドは、私の生きる力です。
  2001/6/22(16:43)

392. 松原咲野花: e21118@nagoyacollege.ac.jp
  大島先生の漫画を読んで以来、他の漫画家に興味がなくなってしまいました。大島先生の漫画でもう充分、てかんじです。今は雑草物語が一番好きですが、その日の気分によって好きな作品が変わってきます。 このサイトはいつもチエックしていて、ランキングの票がばらけてて面白いなあって思います。
  2001/6/7(12:52)

391. MAIKO: maiko515@helen.ocn.ne.jp
  「ミモザ館でつかまえて」の悲しく儚いストーリーとロマンティックさがたまりません!!!亜麗の悪戯な可愛いさがたまりません(>o<)!!!
  2001/6/2(20:32)

390. 庄子 博美: hironxx@hotmail.com
  わたしも ホント大島先生の作品ほとんど読んでいます。 夏のおわりのト短調・・・たくさんの作品のなかでも好きです。なんか今でも読み返すとせつない気分になるんだよね。幼い自分にはわからなかった・・・この世界は嘘じゃなかったって おばさん?になった自分は思う。
  2001/6/6(17:46)

389. のりこ
  こんなに多くのファンの声に驚きました。 私が1番と思ってたのが恥ずかしい。 雨の音が聞こえる 星に行く汽車 は全部空で言えるほど くりかえしよみました。 ジョカへ ミモザ あの頃の作品が特にすきなのは なきながら読んだ幼い私自身への郷愁なのかも。 一時期理解できない作品があり寂しい思いをしたこともありますが おばさんになった今では 大島先生への尽きせぬ興味と尊敬の気持になだれこんでいます。 おばさんとしては あきひこがせつない
  2001/6/2(00:25)

388. 梨と梨母
  親子で大島弓子さんに夢中です。グーグーを読んでサバが死んでしまった。と、大ショックでした。御本人の御病気にもです。どうか、いつまでもお元気でと祈っています。
  2001/5/28(20:57)

387. エリコ
  「夏の夜の獏」と「金髪の草原」、「ダリアの帯」が特に好きです。大島弓子ファン歴は浅いのですが、大切な人との思い出と共に、生涯愛し続けていきたいと思っています。大島先生、長生きして下さい。池田さん、頑張って!
  2001/5/25(21:20)

386.銀のねこ: yumi084@geocities.co.jp
  赤すいか黄すいか 7月7日に 銀の実食べた?
  2001/5/24(05:32)

385. 奈津子: naco7@fox-n.com
  どの作品も好きですが……最も多感な時代に私の養分となってくれた「雨の音が聞こえる」「つぐみの森」「海にいるのは」「7月7日に」がベスト4かな。漫画家になれず、編集者になって、コピーライターに転向し、今はなぜか会社経営。30年以上経ったんですね。大島さんありがとう。
  2001/5/5(11:38)

384. はまさきりえこ: riekohamasaki@hotmail.com
  好きな作品は....選ぶのが難しいですね。 中学1年生のときに読んだ「つぐみの森」は、当時としてはかなり衝撃的な内容で、今でも強く印象に残っています。大島弓子さんの作品は、どれもとても格調が高いと言うか、品がありますよね。 男性のファンが多いのにも少し驚きました。
  2001/5/5(05:28)

383.田中 一茂: kazu-san@wf6.so-net.ne.jp
  綿の国星 チャーコールグレー
  2001/5/5(00:47)

382. なつ:
  ここはいつ来ても和めていいですねー。私も大島弓子さんのファンサイトをやっております。キャラクターランキングがありますので、投票してやって下さい。読書感想では「ジイジイ」や「桜時間」を書いてます。
  2001/5/3(20:58)

381. 奥山ゆかり: yukari.okuyama@nifty.ne.jp
  いつも、最新作品が好きです。でも、一番はじめに彼女の作品に出会ったのは「きゃべつちょうちょ」。あれからもう何年…。少女コミックを一回り年上の従姉に借りて呼んだのが、最初。私は36歳。
  2001/5/2(22:38)

380.Ruix: e_strawberryhead@hotmail.com
  タイトルを忘れてしまいましたが、女子高生の 女の子が生理前になるとイライラして文房具を 盗むとかいう短編がスキです。
  2001/5/1(14:45)

379. harsea: bkt86537@fc.fcncatv.ne.jp
  私の少女漫画道の入り口が大島弓子さんの作品でした。そこからいろいろ漫画の洞窟に入っていったのですが、やはり、原点に戻るとほっとします。読んだ後、哀しい気持ちになることも多いですが、自分の背後に小花がいっぱい咲いた世界が広がったような気がして幸せになれます。
  2001/4/29(02:03)

378. 玲子*
  はじめまして。楽しく拝見しました。大島ファンって高尚な感じがするのはわたしだけですか?(自慢させて下さい!)私が特に愛してやまない作品は さようなら女達、いたい棘いたくない棘、ローズテイーセレモニー、 パスカルの群れ、まだ宵のくち、です。昔昔の作品に偏っていますが、もちろん今の先生の作品も愛読しています。これからも応援し続けます。
  2001/4/25(15:13)

377. りん
  はじめまして。大島作品は油断して読むと涙と鼻水まみれになるので気を付けます。
  2001/4/18(19:32)

376. 猟虎: ayuhi@yabumi.com
  こんにちは。 私は、心が疲れたとき、「ダイエット」を読んでいます。 あまりマンガは読みませんが、彼氏にすすめられて、大島作品を読むようになりました。マンガの枠を超えた感動がありますよね。 「桜時間」、「赤すいか黄すいか」なんかも好きです。 マンガが好き、という人でも、大島弓子さんを知らない人ってけっこういませんか?ぜひ読んでほしいと思います。
  2001/4/17(12:37)

375.チョコレートバー: toyoppy@h8.dion.ne.jp
  大島さんは、性と少女の世界観がつりあわないことから生じる不安や葛藤に人一倍敏感で、正直であったのだと作品を読む度におもいます。だからあんなにホモや性倒錯者が多く登場したのだと。彼等の不安やおかれた環境を少女の世界観と重ね合わせ、ある種の同類のような親しみを大島さんは彼等に抱かれていたのではないでしょうか。穿った見方かな?
  2001/4/12(04:26)

374. kiku: hi-tachi@htv-net.ne.jp
  まんがはそんなに好きではなかった高校生時代、大島弓子先生の作品が大好きでよく読んでいたのを思い出しインターネット始めたばかりの私は思わず検索してしまいました。どれも好きな作品好きですが、一番好きな作品は『いちご物語』。いつまでも泣いていたのを思い出しました。ラップランドにあこがれ、スウェーデンの人をペンフレンドに・・ずーと昔、昔の話。
  2001/4/12(01:01)

373. 朝香: miko7@a3.ctktv.ne.jp
  大島先生のお体心配しております。ジヨカへで逢つて以来尊敬しております。作品に出てくる女性はなぜあんなに品があるのでしょうか。先生が上品だからですね。
  2001/4/9(18:02)

372. 素良: sahzaneko@nifty.com
  素良は峠のホットミルクのくだりと、沙良のラストシーンが大好きです。80年前後の漫画界が私の漫画黄金期でした。 いつか、チビ猫とラフィエルが再会できますように。。。
  2001/4/7(22:42)

371. らいち
  なんて作品かは忘れちゃったけど とある場面で遠くにツクツクホーシが鳴いているのがあって その鳴き声が「ホーシ ツクツク」なの 私も以前からあの蝉は「ツクツク」より「ホーシ」の方が 先に鳴いてるよなーと思っていたので驚いた 暑ーい夏にぼんやりと蝉の鳴き方を注意して聞いてるのは 私だけじゃなかったんだなーって ちょっと嬉しい符合
  2001/4/5(13:30)

370. みよこ: miyoko−u@m−net.ne.jp
  私団塊の世代です。久しぶりに、若く感受性の鋭かった頃に戻ったようなーー。F式欄丸、ミモザ館でつかまえて、あ〜、あの日に帰りたい!109のみよりんさん、年代も、名前も、3人子供がいるところも似ていますね。
  2001/4/3(01:03)

369. 諏訪野猫太郎
  すいませんもうすこし。大島作品は男でも十分に理解できると思います。男性の書き込みもあるので少し自信がでました。(笑) でも「ミルクパン...」はさすがに衝撃的でした。いろんな意味で......。 素晴らしいHP有難うございます。
  2001/4/1(05:31)

368. 諏訪野猫太郎
  ヨハネを読んで号泣して以来、神田で本を集めてはまた感動していました。他に、雨の音、裏庭などもバイブル。あれから8年、大島さんに憧れて漫画家を目指したのに、なぜか今はエッチ漫画家.....。「一瞬のうちに過ぎ去る永遠の時」を描く、大島さんのような作家に僕は.............なりたい.......。
  2001/4/1(05:18)

367. 土屋 明: kazenotami@livedoor.com
  [バナナ」と「ほうせんか・ぱん」
  2001/4/1(01:59)

366. メルミ
  「バナナブレッドのプディング」の大ファンです。女の子版「ライ麦畑でつかまえて」(サリンジャー)って気がする。大島作品は飄々としていて、終わり方に救いがあるからすばらしいと思う。なので、「ライ麦」を読んでつらくなったら、「バナナ」で癒すようにしています。「ローズティー・・」を読んでエリュアールの詩集が欲しくなりました。今、探しています。
  2001/3/31(20:08)

365. よま
  大島弓子大好き!!高校生の時に出会いました。吉祥寺にもよく行きます。なんだか、大島弓子さんの世界に触れ合える気がして・・・数々の作品は私の心の栄養剤です。
  2001/3/30(14:30)

364. まりん
  なんだか忘れていた日々を思い出しました。 たくさんの大島ファンに会えて幸せ 優しくいられた日にもどれそう。 久しぶりに押入から出して読んでみようかな。
  2001/3/25(22:54)

363. ゆきし: toiino@do2.enjoy.ne.jp
  大島弓子さん、大好きです。でも私が生まれる前から描いていらっしゃるので、読んだことない作品が多々あってものすごくくやしい。「選集」じゃなくって「全集」出して欲しいです。
  2001/3/22(19:33)

362. 松川未亜: norami23@hotmail.com
  大島先生を知ったのは高校生の時でした。学校さぼっていった図書館でみつけました。このままふわふわ生きてもいいんだなと思いました。
  2001/3/19(22:03)

361. ちびまる: chibi@waltz.plala.or.jp
  2001/3/17(21:20)

360. うっちー: u-chii@sirius.ocn.ne.jp
  管理人さんありがとうございます!大島作品大ファンの41歳の主婦です♪ここに出会えてよかったぁー(^^)大島さんの描くおとーさんが大好き!!ボサボサ頭で(@σ@;←こんな感じで、でもとっても頼りがいがある!!大島弓子ばんざーい*White-Fieidバンザーイ
  2001/3/15(23:00)

359. えび、と申します。
  私も時夫がたぶん好きです。妹はたぶん綿の国星の大ファンです。
  2001/3/5(01:27)

358. うめぞう
  古さでは天下一品。昔々の作品からよんでます。 「さようなら女達」に共感しました。昔の作品で戦争ものを描いていたとおもったのですがリストで確かめられてスッキリしました。ありがとうございます。
  2001/2/21(23:42)

357. トモ: isshou@mvi.biglobe.ne.jp
  弓子さんの作品に流れている雰囲気というかにおいと言うか大好きです。これからも読み続けます。
  2001/2/20(17:05)

356. 智史
  時夫のような軟弱な人が好きです。
  2001/2/19(00:33)

355. あきやま かおる: puwari@dream.com
  表題作ってもちろんいいんですけど、「庭はみどり川はブルー」のお父さんが走ってく後ろ姿を見つめながらのえんじゅ(あんず)のセリフ。あれに泣きました。もう。悲しひ。
  2001/2/15(18:13)

354. うてな: petitaya@
  大島弓子さんの作品すごく大好きです。私にとっての初めての作品は中学生のとき読んだ『綿の国星』でした。それから結構本を集めてはいるのですが、単行本未収録という作品をどこかの出版がしてくれたらいいのにと思ってますが・・・。 今年、イラスト集とかでないかな〜と期待しています。(とくに意味はないんだけど・・・新しい世紀のはじめての年だからかな。)
  2001/2/12(22:57)

353. のりこ: u1061053@hiroshima-u.ac.jp
  「ミモザ館でつかまえて」の草下亜麗くんのファンです。マンガは全部読んでますが、彼が一番好きです。フリルのブラウスも似合ってて素敵!すでに50回は読み返してます!!
  2001/2/11(20:40)

352.なつ: sava@amail.plala.or.jp
  大島弓子さんの大ファンです。私も大島弓子さんのファンサイトを最近始めたので、よろしければ来てみて下さい。それにしてもこのHPの情報量はすごいですね・・・。いつ来ても感動です。
  2001/2/1(01:43)

351. toya
  親子2代で大島さんの(特にエッセイのシリーズですが)作品がすごく好きです。精神安定剤のようなものです。しかしなかなか大島さんの情報が探しにくい中、こちらのHPはとっても助かります。&大島さんへの愛情にあふれていてシアワセになります・・・!
  2001/1/29(17:33)

350. tonko
  大島弓子さんの作品は本当にスバラシイ!! これからも読むぞー!!!
  2001/1/29(17:06)

349. スタンプ: korosuke@pop21.odn.ne.jp
  大島さんの描く世界は全部好きです。
  2001/1/28(22:55)

348. 衣良
  はじめまして。「毎日が夏休み」が特に大好きです。 その他、全部。 これから私にとって、長い人生の冬(大げさか・・・)が始まろうとしているのですが、大島先生の作品を心の支えに頑張っていこうと思います。東京にいる間に作品そろえないとと思っていたので、書籍&作品リスト大変嬉しいです。先生のお体、早くよくなりますように。
  2001/1/20(00:30)

347. さとこ
  ちびねこ。 綿の国星の続き、出るといいですねー・・・。
  2001/1/19(12:01)

346. もり: mikimori@cc.gifu-u.ac.jp
  マーガレット時代からの古い古いファンです.30年以上前に始めて大島さんの絵を見た時からしびれていましました.そしていまもしびれています.
  2001/1/18(21:06)

345. カズヨ
  最近、「グーグーだって猫である」を読んで、又、大島弓子先生の世界にはまっています。吉祥寺をうろついて、先生の気分になんとか近付こうとしてみたり、、。サバが亡くなったと知った時、泣けて泣けて、なかなか先が読めませんでした。私も10歳になる老猫と暮らしていますから。 先生の御病気は、その後大丈夫でいらっしゃるのでしょうか?とても心配しています。
  2001/1/18(12:53)

344. 37さい、おとこです。
  中学だったかなぁ、姉貴の影響で「綿の国星」見てました。「ちび猫」と「ひっつめみつあみ」は、好きだったなぁ〜〜〜。 別に、オタクじゃありませんが、「綿の国星」には、多感な時期に精神的な安らぎを与えて頂いた記憶があります。日本史や、世界史なんかより、ずっと役に立っているように思えます。ははは。 機会があれば、また、コミック揃えようかなぁ...ぼそ。 でわ、管理者の方がんばってください。また。
  2001/1/17(10:38)

343. やむやむ
  私の愛車はふかみどり色で名前をトリステスといいます。 大島さんのテーマのひとつに「なぜ生まれてきたのか」というのがあると思いませんか?希望ということばは使うのが気恥ずかしいですが、どうしても、絶望できない、光が見えてしまう暗闇、を作品の中に見出してしまいます。 文章でもいいから新しい作品を読みたいと思ってしまいます。
  2001/1/16(02:09)

342.BLUE: kooolgirl@moon.co.jp
  大島弓子さんの漫画を初めて読んだのは高校の時で、以後思い立っては文庫版を揃えていたのですが、ここに来たのは今日が初めてです。彼女の漫画がすごい好きなので、こういうページがあることに感動しました。去年の11月以来更新されていないのが残念です。
  2001/1/16(00:23)

341. 恵理子
  小学生の時に「すばらしき朝食」を読んで以来のファンです。立ち読みしていて偶然に知りました。今高1、まだ4冊しか持ってないんです。このHPがあってうれしいです。
  2001/1/14(21:05)

340. ayaxkuma
  このHPを見つけて夜中にひとりで大声をあげてしまいました。うれしくって。好きな作品は数知れず。コツコツ集めてるので、書籍リストうれしかったです。全集も話しがダブってても買ってます。チビの人形ってあったんですね。くやしい。持ってない。
  2001/1/14(01:25)

339.まひ: maka@af.airnet.ne.jp
  好きな作品は、むむむう、難しいですが もっとも何度も読んだのは (といっても主に10年以上前の思春期でしゅが) 「バナナブレッドのプディング」でございます。 今は、「ダリアの帯」「サマタイム」・・・キリがないですねえ。 要望ですが、いけださんの好きな作品、 もう少し多くの作品について語ってみてはいかがですか?
  2001/1/13(02:27)

338. ひらひら: hi_yamada@hotmail.com
  42歳男性です(珍しいでしょうか?) 小学生のころ、少女コミックで大島先生の作品を読んで以来のファンです。掲示板の中に”絶対男性には理解できない”という下りがありましたが、どうでしょう。私の好みの作品もイケダさんと似ておりました。先生の作品は、理解というより直接心の琴線を鳴らしてくれる作品と感じております。
  2001/1/11(23:56)

337. もぶ: mobu@moon.co.jp
  実は昨日はじめて「綿の国星」を読みました。しかもはじめての大島弓子です。いままで読んでいなかったのが悔やまれました。大島弓子や萩尾望都、山岸涼子などなど昔(??)の少女漫画は今のものとは一味も二味もちがっていて、読むたびに感動します。
  2001/1/11(16:05)

336. マリア・イメルダ:
  「すべて緑になる日まで」が印象に残っています。雑誌に掲載されたのと、単行本になったにとは若干ネームが変わっていますが両方とも好きです。とにかく、徹底した悪者が出てこない肯定されたところが大好きです。謙虚な気持ちになれるので。もっと、もっと大島作品を読みたいです。
  2001/1/9(01:08)

335. きいこ
  好きなのは全部!!どれかを選べって言われてもできないなあ。 驚いたんですが、大島弓子さんのファンの方って一杯いらっしゃるんですねえ。私の周りにはいなかったものですから。。
  2001/1/7(12:03)

334. きょうこ
  大島弓子さんが入院したと「本の旅人」で見たとき 本当に心配になりました。 お元気になられて本当によかったですよね!
  2000/12/27(23:05)

333. 新井菜穂
  私は大島弓子のように暮らすのが夢です。だって、私の体内時計は、多分、25時間サイクルなんです。あと、もんくすふーずに行ってみたいな。去年のぴあのランキングルメに載ってたんです。見つけた時には思わず叫びました。(笑)
  2000/12/21(03:32)

332. はるこ: iara@h3.dion.nee.jp
  「バナナブレッドのプティング」好きです。アレを読んで作った方も大勢いるはず。その中の1人です。 姉妹モノが気に入ってます。
  2000/12/20(23:38)

331. tyobi: kobakoba.k@i.email.ne.jp
  一番最初に、そして割といつまでも気持ちが離れなかった作品が『ジョカへ・・・・・』でした。そのあとは、大島さんの作品はどれも心に残ります。 15日付けでいちご物語の初版日について、同じ日に同じ内容のを出していた方がいらっしゃったのですね。すごい偶然です。もちろん、別人です。 また、寄らせてもらいます。
  2000/12/19(18:02)

330. 深紫: cinci@met.em.nttpnet.ne.jp
  何だか懐かしくなり、漫画を読み返してみました。昔だと、「ロジオン ロマーヌイチ ラスコーリニコフ」、「たそがれは逢魔の時間」、「裏庭の柵をこえて」などが好きです。最近の作品はどれも好きです。
  2000/12/16(15:55)

329. みーすけ: mituo@matsumoto.ne.jp
   今日、「グーグーだって猫である」を買って読んだ私。大島作品は20年ほど前に「綿の国星」と出会ってからファン。でも、今日まで気づかず。情けなさでいっぱいです。これからもちょくちょくお邪魔して、情報を得ていきたいと思っています。よろしくお願いします!
  2000/12/15(23:46)

328. happylily
  十代半ばの多感な頃から大島弓子さんの作品を読ませて頂いて居ります。クールな視点と謙虚な姿勢、センスのよい台詞等、多大な影響を受けました。同じ時代を過ごせることに感謝。長生きして下さい。大好きです。
  2000/12/15(15:22)

327. mb:
  大島さん、大好きです。眠れない夜とか、よくスタンドの灯りの下で読みます。
  2000/12/15(05:52)

326. 深紫(しんし): cinci@met.em.nttpnet.ne.jp
  初めまして。わたくしが初めて読んだのは,高校1年の時サバのエッセイでした。あっという間に大島ワールドにはまり、今の今までわたくしを支えてくれたと言っても過言ではありません。何故こんなにも彼女の絵に惹かれるのでしょう。どなたかもおっしゃっていましたが、闇が深く、光はとても眩しく感じました。その闇や光が自然に心に届きたくさんの事を教えられた様な気がします。これからもずっと応援していきます。
  2000/12/15(01:50)

325. 小林まり子: nipponsanmon@hotmail.com
  サバがすき。 作品はみんなそうでしょうけど、みんなすき。
  2000/12/13(11:45)

324. 渡部: higenabe@cd5.so-net.ne.jp
  家に帰ってじっくり見ます
  2000/12/9(13:46)

323. 友原 由紀: deru-t@f2.dion.ne.jp
  2000/12/6(22:45)

322.千葉美希子: ないです。
  初めてホームページ見ました。私もまわりにファンの人 がいないので、ここでこんなにたくさん大島作品が好き な人にあえてよかったー。
  2000/12/5(16:53)

321. みしか
  わたしの思春期は大島作品とともに。当時は「男にはぜったい理解できない」って言われてましたね。いまでもときどき、ふっとセリフを思い出したりします。わたしのバイブルは「F式蘭丸」「さようなら女達」「バナナブレッドのプディング」です。ありがとう。
  2000/12/2(01:56)

320. 松任谷 弓子(33歳男性)
  中学高校と、LaLa・デュオ・プチフラ・ぶーけ等で読んでました。81〜84年の頃です。               1.夢虫 2.裏庭 3.かぐやま 4.水枕 5.金髪。猫では、1.鈴 2.糞 3.毛糸。あとバナナ、すいかで私のベスト10です。 同世代の貴方、気持ち分かるでしょ?
  2000/12/1(18:15)

319. nann: minaitu@f7.dion.ne.jp
  追伸 本はお返ししても良かったけど、作品は返したくなかった
  2000/11/30(23:35)

318. nann
   福岡ではじめてのお友達に「バナナ...」「綿の国星」「夏のおわりの...」をお借りしてたのに...。こんな寒い季節に、東京でひとりになるなんて、もう、悲しくて読めないよ。
  2000/11/30(23:27)

317. eriko
  私は現在22歳ですが、「サバ」にどっぷりはまっています。でも、「毎日が夏休み」以降のサバの物語が出版されていたとは、知りませんでした。これから、毎日遊びに来させて下さい!
  2000/11/29(15:44)

316. kousei: kidachi@mb.infoweb.ne.jp
  裸のマリオン、乱髪長身の奥羽浅葱、 木の下の千家八重は、永年の私の理想でした。 私の性の倒錯も、ここからといって過言ではありません。
  2000/11/28(18:29)

315. あみ
  どちらかというと少年マンガで育った私に大島さんのマンガをすすめてくれたのは随分年上の男友達(!!)でした。なぜかすうっとと引き込まれてしまいました。もう30も過ぎましたが、不安定なときや元気を出したい時本棚に手が伸びます。ダリアの帯が一番好き。がんばってください!
  2000/11/26(15:54)

314. はにはに: chumahani@aol.com
  はじめまして、こんばんわ。 大島さんの作品は、いつも私を癒してくれます。 特に好きな作品は、「誕生」「ダリアの帯」「バナナブレッドのプティング」です。
  2000/11/25(20:49)

313. ますりん
  はじめての出会いは「ポ−ラの涙」で、12歳の時に読んだ「雛菊物語」からずっとファンです。お守りにしていた「バナナ・ブレッドのプディング」、「たそがれは逢魔の時間」、「アポストロフィ−s」、「ロ−ズティ−・セレモニ−」、「まだ宵のくち」、「草冠の姫」etc...まだまだほとんど大好きです。今年3月に生まれた息子が大きくなったら、須和野家のお母さんのように和服ですごしてみたいな。
  2000/11/23(03:48)

312. モンチ
  「夏の夜の漠」や「四月怪談」。 だいすきです。 電車の中で「四月〜」を読んでいたら 思わず泣きそうになりました。 こらえていたら鼻水だけが流れてきました。 くやしかったけど嬉しかったです。 大島作品のヒーリング作用…あなどれません。 またおじゃまさせていただきますー。
  2000/11/17(17:28)

311. チョンキー: chonkey77@hotmail.com
  大島弓子さんの「いちご物語」を初めて読んで以来 ファン歴は20年以上です。 最近はあまり掲載紙チェックをしていなかったので、「グーグーだって猫である」が発表されていたとは週間文春の「漫画羅針盤」を見るまで気づきませんでした。(不覚!)あわてて本屋さんに駆け込みましたがどんな大きな本屋さんでも「入荷未定」と冷たく言われてしまいました。でも、これからはこのHPで情報入手しようと思います。これからもどうぞよろしく。
  2000/11/14(13:06)

310.えい: nmiyamo@d5.dion.ne.jp
  大島さんにはまりにはまった中学、高校時代。 ン十年間の時を経て、再びはまっています。 思春期を共に過ごしてくれた「さようなら女達」 「ヨハネが好き」「アポストロフィS」・・・ ほんとうにどの作品も大好き。だから このHPに出会えて、嬉しかったです。
  2000/11/12(18:04)

309.志賀 信夫: jicp-ns@mk1.macnet.or.jp
  いちご
  2000/11/10(23:23)

308. 水上静: MR−500@jp-h.ne.jp
  ロングロングケーキがとてもすきです。ハナコさんってどこにいるんですか?
  2000/11/9(20:27)

307.素枝: motoe-h@zk9.so-net.ne.jp
  大島さんのファン一週間なのですが、もう本当に大好きになってしまいました!!!皆さんのようになるため、日々作品をよみあさっている次第です!!!今まで読んだ中では、桜時間が一番スキかな。これからもどんどん読み進んで行きたいです!!!みなさんよろしくおねがいします!
  2000/11/7(12:45)

306. ゆきえ: laksmi-1yukie@h2.dion.ne.jp
  金髪の草原が好き!だから、映画がなんだかこわくてみてません。ラストのせりふにぐっときます。あと、四月怪談も好きです。大島さんの作品はどれを読んでもそのときの心を癒してくれるものがあっていいですよね。
  2000/11/4(20:23)

305. もものすけ: bowie2momo@hotmail.com
  小学生で「ジョカヘ・・」をリアルタイムでよみその時からのファンです。F式蘭丸・すべて緑になる日まで・バナナブレッド・海にいるのは・色々大好き!!セリフもクラッカーがあったんだ・みのむしみのむし・とか書ききれない。ララが創刊した時は豪華でしたねと、ご存じの方いらっしゃいますか。。。?あの頃好きだったのには、今でも影響受けまくってます。
  2000/11/1(18:48)

304. ジタン
  F式欄丸や四月怪談は思春期に読んだので、世の中を見る視点を変えられるほど、影響を受けました。 作品紹介をビジュアルでして頂けたら素晴らしい。
  2000/11/1(12:53)

303. イズミ
  金髪の草原を見てきました。 映画としては、すっごく良くできてはいたのですけど、 原作の方と比べてしまうと、どうも見劣りしてしまう なあとそう思いました。
  2000/10/30(18:42)

302. 鶴蒔康代
  私はエッセイ漫画が好きでそこから入ったんですけど、だんだんストーリー漫画も良いなと思うようになってゆきました。何回も何回も繰り返し読むことのできる、数少ない貴重な漫画家さんだと思う。そうそうエッセイ漫画読んでて分かったんですけど、大島弓子さんのお家ってご近所なんですよ。驚き。吉祥寺を歩くたび、マンションの前を通るたび、この中に大島さんがいるのかもしれないんだーっと感慨深くなる私です。
  2000/10/28(18:13)

301. フーちゃん
  グーグーだって・・・をやっと今日読みました。 私は大島ファン25年になります。 サバが亡くなってどんなに失望されたか、 私自信も今いる猫は6匹目ですが、 それぞれおもいだすたびに、いまでも涙がでます。 病気を克服され、猫さん達から、げんきをもらって 今後もステキな作品を描きつずけてほしいと心からねがっております。 大島先生の作品は私の心です。
  2000/10/25(21:40)

300. 月猫
  叔母が集めていたマンガで大島弓子を知りました。本誌の切り抜きや付録なんかもあるので、面白いですよ。作品リストを作って、読み漁っているのですが、手に入らないものもたくさんあります。お蔵入りしてしまった作品を、みなさんはどうやって読んだのですか?
  2000/10/24(14:32)

299. サラ: mitsu200020@yahoo.co.jp
  大島弓子さんの世界は私の世界といっていいくらい大好きです。男の人には理解されにくいんじゃないかと思っていたのですが、そうでもない・・・みたい?とにかくたくさんのファンの方がいることがわかって、なんかうれしい!
  2000/10/20(16:21)

298. ほのか
  グーグー…読みました。ついつい「サバ」と呼びかけてしまうところに泣かされちゃった。
  2000/10/19(15:34)

297. とむこ
  初めて読んだのは「詩子とよんでもういちど」です。いちばん好きなのは「夏の夜の獏」。何回読んでも最後のページでいっしょに大泣きしてしまいます。
  2000/10/15(22:20)

296. ますくめろん
  こんばんは。こんなサイトがあってうれしいです。 ファンの方の年齢層も幅広いですね。 大島さんの作品を読むときは心が揺さぶられるので、 すごく貴重な時間です。 管理者の池田さんこれからもがんばってください。
  2000/10/15(21:22)

295. よんよん: icb55256@nifty.com
   ユーミン語録なんて、絶対面白いと思うんですが。出会ってからもう30年、どれほど私を救ってくれたことでしょう。今も心の礎にしている明言がいっぱいあります。また、お邪魔いたします。
  2000/10/15(20:12)

294. あいざき
  あいざきといいます。好きな作品は「きゃべつちょうちょ」 「10月は2つある」「夏の終わりのト短調」です。高校生の 頃読みました。年バレましたね。では。
  2000/10/15(00:01)

293.アチャコ: hirayama@blanc.co.jp
  はじめまして。とりあえず訪問者リストに書き込んでから、じっくり全体を見させていただきますね。わたしの好きな大島作品は「アポストロフィーS」「雨の音が聞こえる -ラ・レッセーイデン-」「ヒー・ヒズ・ヒム」「F式蘭丸」「十月はふたつある」「赤すいか黄すいか」「ジョカへ」「夏の終わりのト短調」「いちごの庭」「たそがれは逢魔が時刻」など。季節季節の空気が伝わってくるような作品が、大好きです。これからもよろしくお願いします。
  2000/10/11(16:12)

292. Morino yayoi: CZU11235@nifty.com
  誕生のころからずっと作品を読んでいます。 最近、ダイエット、秋日子かく語りきなど読んでまた いいなぁーーと。一番好きなのは、バナナブレッドのプディングとか草冠の姫とか全部、全部好きです。 橋本治って作家が大島さんのことをハッピィエンドの女王 って書いてました。すべての大島弓子ファンと先生に 幸せが訪れますように。。。。
  2000/10/5(19:53)

291.nana: fairycaravan@hotmail.com
  掲示板の記事に「チビ猫のお人形」の事が書いてあったので。      私は、チビ猫のお人形を持っているんです。もう、ずっと。        そんなに大事に思っている人もいるんだなーと、思いました。              私が最後に見た作品では、大島弓子さんが、自分の病気の時の事を 描いたのでした。まだ、死ぬには早い。長生きして欲しいと思いました
  2000/10/5(04:34)

290. 山zアトモ子
  つい最近、そういえばチビ猫のお人形が欲しかったんだよなぁ、と大島先生のことを思い出したとこでした。 その当時2万円もしたお人形、持ってる人がうらやましい!
  2000/9/26(16:27)

289.さわこ: mikado385@hotmail.com
  "母が大島さんの漫画,家に置いていたので 訳のわからない小さい頃からずっとひまな とき読んでいて、影響というよりは 大島さんの漫画は私自身のベースになってしまいました。 好きです。とても。 全部好きですけど、とくにF式蘭丸、かなぁ。よきこちゃん。ミノムシミノムシー―――♪"
  2000/9/26(01:02)

288. すべからく: sube@mx1.ttcn.ne.jp
  はじめて訪問しました。4月に就職して6月に辞めて、それからまたバイトを始めて昨日辞めて、さて明日からハローワークに入り浸ろうという決意です。 働いていると大島弓子作品を読むのはなかなか困難だ太のですが、これからボチボチやっていくつもりなので、また読み返そうと思っています。ちなみに、ぼくが一番好きな作品は「ニュートンのリンゴ」などです。
  2000/9/25(02:57)

287. kubo: kubo841@qb3.so-net.ne.jp
  私が一番好きなのはサバです。サバのシリーズに登場される大島先生ご自身も大好きです。あのような素晴らしい感性、その表現のがたまりません。作品を読んだあとの感覚にいつまでもひたっていたいと思わせてくれるんです。ここで大島先生ファンの皆様に大勢あえて嬉しいです。ホームページの充実度にも大満足!新参ファンなので遅ればせですが、これからいろんな作品が読めると 思うと嬉しいです。ホームページ運営応援しています。頑張ってください!
  2000/9/24(01:46)

286. マリコ: mariko@annie.ne.jp
  大島弓子漫画大好きの大学生です。いくつかの作品は私の宝物のようになってて、読み返すたびに胸が痛くなったり、暖かい気持ちになったりします。HP運営頑張ってください。
  2000/9/23(00:12)

285. makiko
  大島弓子暦33年のおばさんです。 一番好きな作品をぜったい決めろというなら「誕生!」です。  連載当時小学3.4年で、理解できてない部分もあったと思いますが、とにかく感動しました。
  2000/9/22(14:40)

284. みわ: c0002101@mn.waseda.ac.jp
  好きな作品はたくさんあり選べない。というより大島弓子さんそのものが好きだ!彼女の感情を結晶させていつでもどんな角度からでもみることができる透明な宝石にできたらいいのにとおもいます(あ、それが漫画なんですが) 「七月七日に生まれて」の最後の、光が水面に反射するのを見るような思いで、ってとこや、サバの話の中の「木が水をうまそうにのむ瞬間」というとこなどなどの情景が美しくすばらしく、ことあると思い出してしまいます。
  2000/9/20(11:50)

283. 馬橋 恵子
  サバのシリーズ
  2000/9/19(17:10)

282. porque
  歳は20代半ばになってしまいましたが、小学生のときから大島先生の大ファンです。ほとんど、私の人生の土台を大島先生の作品と共に築いたと言っても過言じゃないです。ページ運営、がんばってください!
  2000/9/18(16:56)

281. 恵子: sinsia2k
  2000/9/16(20:42)

280. 松本 梓: shiro@postpet9.so-net.ne.jp
  大好きな大島さんのページをみつけてうれしいです。 トップページがかわいいともっといいのではないかと思います。 これからも楽しみにしてます!
  2000/9/16(02:17)

279. らいち: nanahoshi@pdx.ne.jp
  大島弓子さん本人のことが気になって しょうがない。 何歳で、どんな生活をしていて、 今何を考えているのか。 物語の作品も好きですが エッセイ漫画の作品も大好きです。
  2000/9/14(16:29)

278. 投稿者の依頼により削除
  
  2000/9/12(03:41)

277. 幸世: sachiyokn@occn.zaq.ne.jp
  昔も今も大島弓子さんの作品が大好きです。
  2000/9/11(04:23)

276. クライン
  最近PCを購入したので、初めてやって来ましたが、ファン歴は、長い方、かな? 作品の中に漂う空気や、言葉の行間が心地良く、美しい詩を読んでいる気分になれるから やめられないんですよね〜(やめるつもりもありませんが …)これからも弓子ワールドにますます浸るつもりです。
  2000/9/11(02:29)

275. やのぴ: yanoko@pdx.ne.jp
  大島さんの作品はすべて好きですが なかでもいちご白書はどぎもを抜かれました なんせ四月怪談から入ったので・・・ それからは病みつきですう
  2000/9/9(23:00)

274. 江頭 幸江: mikeko3@jasmine.ocn.ne.jp
  すみません。まだ詳しく内容を見ていないのです。 でも、大島さんの大ファンなので、またちょくちょく 寄らせてください。
  2000/9/8(18:24)

273. あさみゆ: doctor-k@titan.ocn.ne.jp
  3年前、友人から『綿の国星』をかりて、大島先生の言葉使いと感性に圧倒されました。 最近、グーグーが単行本化されて、とてもうれしいです。大島先生の作品はみんな好きです。が、キャラはやっぱりサバが一番好きかな。
  2000/9/7(00:41)

272. マエガミ
  岡崎京子サンの漫画が大好きでその影響で大島弓子サンの漫画も好きになりました。 やっぱりバナナブレッドのプディングが一番スキ! 御茶屋さえ子がスキ!衣良もスキだけど。 後、エレファントラブの影響もありますね。 YO−KINGの脱退は悲しすぎる…
  2000/8/31(16:10)

271. まり
  はじめまして。私はエレファントラブのファンで、大島弓子を知りました。(『金髪の草原』の主題歌を歌ってる)金髪の草原を読んで、エレラブの世界とすごくぴったりで驚きました。現実の世界は、夢なんかよりもずっとおもしろいというやつです。昨日は『四月怪談』を読んで、さらに大島弓子ファンになりました。登場人物も、小さなギャグもかなり好きです。もっともっと読むぞー。
  2000/8/28(14:34)

270.りす: risu1002@hotmail.com
  二十歳の頃から二十○年のファンです! ホンワカした優しさと爽やかさとそして なんだか不思議な雰囲気がとっても好きです。 去年「猫特集」の雑誌で大島弓子さんの記事と 【サバ】の写真をみつけて大感激!!(^○^) サバはとても神秘的で綺麗な猫でした。。。 グーグーとビーはやんちゃそうなかわいい猫でした。 これからもおじゃましますね。
  2000/8/26(15:31)

269. ととねこ:
  2000/8/25(23:33)

268. 砂浜
  あのー、↓で書き切れなかったので追加していいですか? 管理人さんこのページを作ってくださって非常に嬉しいです。これからもよろしくお願いします。 それで、贅沢をいうようですが、掲示板が全てのカキコ&レス一目瞭然方式になってたら参加しやすいんだけどなあ・・・。
  2000/8/25(21:13)

267. 砂浜: sea_july@hotmail.com
  小学生の頃「ジョカへ」で、はまり「さようなら女達」「ほうせんか・ぱん」etc。なんといっても「バナナブレッドのプディング」に感銘を受け、理想の人はしばらくずっと「御茶屋峠」さんでした。思春期に、大島さんの詩的・哲学的・ユーモアあふれる世界に沢山影響を受けました。その日々を思い出し、人気投票の画面を見ながら涙ぐんじゃった。「つるばらつるばら」「ロストハウス」も大好きです。
  2000/8/25(21:06)

266. 松島
  大島作品のそこここにある和服が好きです。須和野二三子さんのように、私も、5月は、白っぽいあわせに、日傘を楽しんでいます。
  2000/8/25(10:42)

265. 篠田守
  猫好き→「綿の国星」→大島ワールドに辿りつき、この夏ついに抜けられなくなってしまいました。これからも作品リストを参照しにやってこようと思います。よろしく。
  2000/8/25(03:34)

264. test
  2000/8/24(17:00)

263. いくみんこ: ikuminko@mail1.dnet.gr.jp
  こんなに大島ファンがいるなんて!私の周りにはぜんぜんいなかったのでビックリです。でもなんだか嬉しいなぁ。これからもちょくちょく遊びに来ます☆
  2000/8/21(01:53)

262. やさ: yasa@inv.co.jp
  現代のまんがの状況をみて思いませんか?なぜ大島弓子につづく者が登場しなかったのか?「恐るべき才能」とは彼女のみに冠することができる唯一の表現です。漫画が「対抗文化」とよばれていたころが懐かしい。  乱筆お詫びしまーす。HPがんばってください。
  2000/8/20(01:09)

261.ぱおぱお: paopao@dd.iij4u.or.jp
  38歳の男です。ははっは。 「綿の国星」の「すわのチビ猫」が好きです。 作品では、「夏の終わりのト短調」なんか印象的です。これより前はよく知らなくて、最近のものになります。 「秋日子かく語りき」「ダイエット」あたりは話がわかりやすくて(苦笑)いいですね。 また、ちょくちょくこのHPを見にきます。今回は弓子さんの最新作はなんだっけ?と検索したらここを見つけました。 では、これからもがんばってください。
  2000/8/17(16:12)

260. むーみん
  前から好きだったのですが、今では10歳の娘も大好きで(特にサバが)不思議な気がしています。大島さんの言葉と絵の美しさが好きです。
  2000/8/15(23:16)

259. big boss
  弱冠11歳で片端から大島漫画を読み続けている小学生(♂)なんて自分以外にそう簡単に見つかりませんよ。
  2000/8/15(16:06)

258. ひねもす:
  すみません。URL、間違えました。
  2000/8/15(08:21)

257. ひねもす:
  御茶屋峠氏の差し出す、湯気ののぼるカップを手にしてみたいと思い続けています。
  2000/8/15(08:17)

256. 有理: yuri@cinefil.tvu.co.jp
  半年前、古本屋でなんの気なしに手に取った『綿の国星』。収録順の関係で生まれて始めて読んだのは『夏の終わりのト短調』でした。あまりの衝撃に撃ち抜かれたような気さえしました。今まで大島弓子先生の作品に出会えなかったことを後悔するほどてした。そして、今ではその本がとても大切な宝物になっています。これからも大島先生の最新情報期待しています。がんばってください。
  2000/8/14(18:21)

255. ふじびたい: yukiko−bb@nifty.com
  2度目の書き込みです。 最近になって、「バナナブレッドのプディング」を読みました。最初は話の流れについてくのに大変で、正直「?」だったのですが、読み返してみたら、切なさ、悲しさ、いらだち、いろんな気持ちにまみれ、ラストに「好きだ」と言われた衣良には、もう感情移入しまくってました。 終わり方(沙良の手紙)もすごーくすてき。 何も考えないでいきあたりばったりに描いたなんて 大島先生たら、・・・すごい!
  2000/8/14(09:15)

254. ユーミン2: yurika@xaque.com
  はじめまして。ファン歴32年のリアルタイム読者です。 マーガレットで、初恋よもう一度、美花よなぜ死んだ、命果てる日等で、涙をたっぷり流させていただき、その後もはまる一方でしたが、とうとう大学生の時ご本人に会いに行ってしまいました。そのころは東京女子大のそばにお住まいで、雨の音が聞こえるの”ラ、レッセー、イデン”は劣性遺伝のことだと教えていただきました。#単行本に収録されていない漫画を切り抜いて保存してあります(週刊マーガレット収録上記3作品)
  2000/8/13(14:07)

253. ツッチ: tucci@di.pdx.ne.jp
  わーい。なんてたのしい所だろう。みんな大好きなんですね。私も沢山まんがをよみましたがたった一つを選ぶならやはり大島弓子先生のまんがですね。いつも感動、感心しながら読んでいます。初めて買ったのは高校の時の毎日が夏休みです。それからほとんどよんでいます。どれもすきですが心に強く残っているのはつるばらつるばらと裏庭の柵をこえてです。キャラクターはサバです。 
  2000/8/12(22:06)

252. ゆうちん: you.mirumiru@nifty.com
  大島先生の作品と初めて出会ったには「金髪の草原」でした。主人公の視点さることながら、日常のあらゆるところにたくさんの感動があることを教えてくれました。思春期の私にとって衝撃的な作品でした。こんなにたくさんの方々が同じ感動共有していたなんて・・・・今も感動でいっぱいです。ありがとうございます。
  2000/8/7(23:37)

251. タルト・オ・ミエル: y-miel@wanadoo.fr
  かなり前から知ってましたけど、ファンになったのは「さようなら女達」を読んでから。「ジョカへ…」「ヨハネがすき」「夏の終わりのト短調」「野イバラ荘園」、なんか大好き。20代の半ば過ぎ頃までは73〜77年頃の作品が断然好きでしたが、最近読み返し、80年代からいままでの作品のなんてすばらしいことか。「裏庭の柵をこえて」「ロストハウス」、登場する男性の描き方にはうなります。まだまだ好きな作品は沢山あります。
  2000/8/7(09:15)

250. すなふきん: user221278@aol.com
  作品人気投票をのぞいて、思わずうれしくなりました。 一番最初に好きになった大島作品が「バナナブレッド〜」。すっかりいい年(笑)になったいまでも時折読み返します。
  2000/8/6(14:06)

249. きゅう: kyu_chan@d1.dion.ne.jp
  書き忘れてしまったので、足させてください。 作品が好き!というほかに、大島先生独特の 「繰り返しの台詞」が私は好きです。 たとえば、「跳び蹴りしたやつかな?跳び蹴りされてたやつかな?跳び蹴りしなかったやつかな?」とかいう感じのです。いろんな作品にでますよね。 なんか、ほのぼのしてうれしくなっちゃうんです。
  2000/8/1(07:24)

248. きゅう: kyu_chan@d1.dion.ne.jp
  フロイド式蘭丸が好き。 もちろん、綿の国星もだいすき。 でも、最近のお気に入りはサバの話。
  2000/8/1(07:20)

247. 以蔵
  タイプはまったく違いますが、坂田靖子先生・故三原順先生と同時期にファンになりました。もう20年になるのでしょうか。未だに大島さんの名前を探してしまう癖がついてしまっています。 一番好きなのは『ダイエット』です。言い尽くされてるとは思いますが、やはり言葉のセンスがただごとではありません!
  2000/7/31(01:32)

246. 美子先生: rollers@f2.dion.ne.jp
  私が大島弓子先生の作品と出会ったのは小学6年生の時、 “ポーラの涙”からです。(歳がバレバレですね。) 好きな作品は数あれど、あえて言うならば“F式欄丸” でしょうか。映画「ベニスに死す」のアンドレセンも 好きでした。
  2000/7/30(21:35)

245. うさきち: tomusa@d4.dion.ne.jp
  大島さんのほとんどの作品を読んでいる人とじっくり話をしてみたいです。
  2000/7/30(15:01)

244. サトミ
  新刊が出たんですね!絶対よみます。
  2000/7/29(03:51)

243.TONKO: mari.t@ma4.justnet.ne.jp
  「星にいく汽車」で大島弓子さんを知り、うん十年、いまだにあこがれつづけています。
  2000/7/28(18:10)

242. ちゃる
  おもしろかったよん。同志が沢山いるのね・・・ また来ます。
  2000/7/27(17:26)

241. とりこ
  はじめまして。ペンネームは大島さんの作品から、お借りしました。20年前、一浪して大学に入った春、フロイト式蘭丸を買って読んで以来、大島さんの「とりこ」です。大島さんは永遠の文学少女、というのが私の抱くイメージです。また来させてください:-)
  2000/7/25(22:49)

240. DAY
  日常の中の素晴らしさや美しさに、そっと気付かせてくれる大島作品。作品の登場人物たちは、きっと夢見たままで大人になってくれると願いながら読んでいます。学生時代に初めて大島作品と出会ってから何年かが過ぎ、結婚した今でも、当時と変わらない感動を味わっています。
  2000/7/23(01:45)

239. Yakko: turubara@a5.shes.net
  夏の夜の獏が好きです。最後に、主人公が子供に戻って泣くところ、痛々しいような、ホッとするとうな、なんとも言えぬ気持ちになります。
  2000/7/22(15:59)

238. 津田スミ子
  「全て緑になる日まで」が好きです。遠い昔の切ない思い出の本です。
  2000/7/15(16:30)

237. MAKI: s98664mn@sfc.keio.ac.jp
  ホームページで情報得るの忘れてました。感激です。 大島作品とはっぴぃえんどで、ほろ苦く 気持ち良い感覚を味わう日々…
  2000/7/15(03:58)

236. このうえ じゅんこ
  サバがいくつで死んでしまったのか、 何で死んじゃったのかとか気がかりがいっぱい。 弓子さんはどうやって乗り越えたのかなぁ
  2000/7/13(22:17)

235. misaco: viewt-72@d7.dion.ne.jp
  最近になって図書館でかりた、雑誌のマリ・クレール5月号に大島先生の「バラ園」という作品を見つけました。 私が最後に大島先生の漫画を読んでから、もう何年もたっているので、当然かもしれませんが、そこで初めてサバがもうこの世にいないことを知って、大変ショックを受けました。サバのことは他人事とは思えない心境です。 今後の作品を早く読みたいです。
  2000/7/7(15:48)

234. kaoru
  大島弓子ファンは多いので、きっとこういうサイトがあるんだろうな、と思っていました。やっぱり、ファンの方は大勢おられるんですねー。吉祥寺に行くと井の頭公園やM屋なんかをのぞいては、ひょっとして大島さんに遭遇するかも・・・なんて期待したりするんですけど。(でも実はお顔を知らないので、すれ違っても気づかないだろうな)
  2000/7/7(01:02)

233. june(じゅぬ): junepa@mail.goo.ne.jp
  こんな素敵なHPがあるとわかって、とても嬉しいです。 これからも、素敵なページを作ってください。 楽しみにしています。
  2000/7/3(22:31)

232. かな: miffycakeaol.com
  お母さんが持っていたので見てみたら超良かったです苺物語とかでいっつも泣いちゃいます
  2000/6/25(13:09)

231. めみ
  はじめまして、 はな子さんの写真が載っていて感動しました。 いつか必ず、そっと、はな子さんに会いに行ってみたいと思っています。
  2000/6/24(01:21)

230. 青木 郁子: bluepao@k1.laox.net
  チビねこ&時夫  
  2000/6/22(18:57)

229.お絵描きすずめ: suzume3@capella.freemail.ne.jp
  ずっと前から 大島弓子さんの大ファンです。 今日 YAHOO!を検索していて ここにたどり着きました。 先日「まんだらけ」で「雑草物語」を買ったばかりでした。 私も草花が大好きで 自分のホームページには そんなイラストばかりが あちこちに散らばっております。 大島弓子さんの作品はみんな好きですが 「さよなら女達」は 特に好きです。 また 今度ゆっくり 見に来ますね。
  2000/6/21(13:12)

228. ひな祭り☆
  まだ大島弓子歴1ヶ月の者です。これから精進いたします。 ごめんなさい、ブラウザの意味がわかりません…
  2000/6/19(17:40)

227. さがねともこ
  真夜中に散策していてこのページをみつけました。懐かしくて、切なくなって、おもわずゲストブックに記入してしまいました。(記帳なんて初めてです)綿の国星が雑誌に登場したときの衝撃を今でも覚えています。他の中編、短編作品もすべて好きでした。昔の単行本をさがしだして、もう一度泣くことにしましょう。
  2000/6/14(02:36)

226. くろすけ
  私が好きな作品は「グーグーだって猫である」なんですが知ってる人は少ないかも・・・単行本にまとまるのを切に願っています。大島さんの本復をお祈りします。
  2000/6/12(17:15)

225. 御崎 薫: MisakiKarl@aol.com
  とにかく、このようなサイトがあることが、うれしいです。「大島弓子が好き」と聞くだけで、そのひとの心のうちの水分に触れられたような気さえ、してしまいます。
  2000/6/10(02:01)

224. うしくぬまみるち: milky@bea.hi-ho.ne.jp
  「雨の音が聞こえる」の後編から始まったわたしの大島ワールド。 続いて「つぐみの森」を読み、不思議な感動を覚え、「ジョカへ...」で泣きに泣きました。 最近はマンガを読んで涙を流すことを忘れていましたが、やはり大島センセが大好きな妹から、 「ロングロングケーキ」を借り、読み終わる頃には胸がつまり、涙がこぼれてしまいました。 こんな不思議で素敵な世界を語りあえるページがあって、とってもうれしいです。
  2000/6/8(23:24)

223. dara
  あーっと。恥ずかしいことに(?)大島弓子のファンを30年くらい やっているおじさんがこんなトコに来てもいいのかな?
  2000/6/8(10:14)

222. サンダーバード: thunderbird5@mail.goo.ne.jp
  みんな好きですが、 バナナブレッドのプティングは ほぼ同化してしまいました。 偶然このページを発見して感激しております。 またちょくちょく来ると思いますので、 これからも頑張って下さい。
  2000/6/7(15:33)

221. みちゃ: yukimiku@jeans.ocn.ne.jp
  23年前、担任の先生が、「このマンガ、面白いよ」と、教えてくれて読んだのが、バナナ・・・でした。 それいらい、はまってます。
  2000/6/5(00:04)

220. りお
  はじめまして。21才の大学生です。大島弓子さんの作品は高校生の時文庫の「綿の国星」を読んでからFANになりました。どの作品も独特な優しさと哀しさがあって大好きです。私の生まれる前の作品なんかも多いので、なんでこの時リアルタイムで読めなかったんだ−!!と悔しい気持ちになります。インターネットをつなげて間も無いのでまだまだ分からないことも多いのですがいろいろ参加させていただきます・またきます。
  2000/6/4(14:39)

219. 桜野蒔絵:
  ロングロングケーキ、金髪の草原は、私もバイブルです。古い作品のように必ずしもハッピーエンドではないけれど、とても深いです。読むたびに救われています。
  2000/6/4(12:32)

218. エミエミ
  また来ちゃいました。私も「金髪の草原」が大島弓子さんの作品の中で1番好きです。「あの年表の現実にでも、戻って来て良かった」ってところが。ああ、私も生きてていいんだ、って思うんです。
  2000/6/3(21:11)

217. 後藤祐子: QWL07624@nifty.com
  中学の時から読んでいるのでもう30年近くになります。  (年がわかりますよね。)ずーっとずっと大好きだよ。 お気に入りは「雨の音がきこえる」、「ミモザ館でつかまえて」、 「ジョカへ」、一番好きなのは、ジェネシスの"Me and Sarah Jane" を聞きながら「ダリアの帯」を読む事。泣きました。
  2000/6/3(14:07)

216. yufy
  また今日も来てしまいました。もーほんとに大島さんはいいです。大島さんの作品を読んで、もう他の少女マンガはいいやと思うようになりました。一見たんたんとしているのだけど、もうじーんとしてしまいます。バイブルです。はぁ。
  2000/6/2(11:52)

215. エミエミ
  私が大島弓子さんに出会ったのは、7年前の短大時代でした。その可愛らし過ぎる絵柄に、初めは少し戸惑いましたが、物語一つ一つの内容に、心打たれました。そこら辺の小説を読むよりも何倍も充実し、感動します。ものすごい文学作家だなあ、と思います。
  2000/5/31(21:44)

214. 桜野蒔絵:
  大島弓子作品あってのわたしでした。うれしくてリンクを張らせていただきました。
  2000/5/29(07:20)

213. 佐野タダシ: sanokuma@m-net.ne.jp
  眠れなくて、だらだらネットサーフィンしてたらここにたどりつきました。大島弓子作品との出会いは高校生のとき仲の良かった英語塾の先生からもらった「毎日が夏休み」でした。なんで、渡されたのかはいまだにわかりませんが、かなり決定的な事件でした。「草冠の姫」とかは発作的に読まなくちゃと思う夜がいまだにあります。
  2000/5/29(04:27)

212. 今村純子: junko@dj8.so-net.ne.jp
  大島弓子さん大好きです。 新しい作品、楽しみにしています。
  2000/5/28(13:32)

211. 削除 
  2000/5/28(10:10)

210.みおママ: miomama@sun-net.ne.jp
  はじめまして。大島さんの書籍リスト、とっても嬉しいです。特に、本に収録されているものと、されていないものが一目でわかるし。私は本に出ているものしか知らなかったので大変参考になりました。ぜひリンクさせてください。よろしくお願いいたします。
  2000/5/27(02:45)

209.桐生: kiryu_k@yahoo.co.jp
  リンクを張らせていただきました。 好きな作品は「綿の国星」「毎日が夏休み」などです。
  2000/5/26(16:54)

208. のんのん: ze00027@otemae.ac.jp
  はじめまして。大好きな大島弓子ワールド、あるかな〜と思ったら、ありました!!もっぱら、文庫にまとまったものを読んでます。お天気のいい日やのんびりする時によく読んでます。好きな作品は、「バナナブレッドのプディング」と「夢虫・未草」が特に好きです。まだまだいっぱい書ききれません☆こんなあたしですが、よろしくです☆          
  2000/5/24(11:48)

207. 昔おねーさんだった裕子
  初めてのインターネットでとんでもなくうれしい場所に来てしまいました。数十年前からの大島国の住人なんですが、仲間に入れてください。昔の私を連れてきてくれたり、新しい私を作ってくれる大島弓子姫。今私は何度目かの熱にまたうなされているのです。 バンザーイ
  2000/5/23(22:20)

206. 昔おねーさんだった裕子
  2000/5/23(21:58)

205. ちゃっぴー
   チキジョージのマンガ喫茶からのアクセスです。井の頭公園ではな子さんをみてきた帰りです。  大好きな大島先生のファンページがあって嬉しい!  これからも頑張ってください。
  2000/5/19(18:57)

204. manna
   小学生の時に『綿の国星』をリアルタイムで読んだのですが、そのときは大島さんの良さが全然分かりませんでした。  大学(臨床心理学を専攻)に入ってから偶然『ダイエット』を読み、やっとその良さが分かりました。以来すっかりはまってしまい、卒論の引用文献にも採りあげたほどです。  そんな私も今では心理カウンセラー。精神的に疲れた時は、大島作品を読んで癒されています。
  2000/5/18(12:19)

203. 山澤ゆかり: VFD06573@nifty.ne.jp
  中学生の時『つぐみの森』で大島作品に初めて出会って、・・・・衝撃でした。結構屈折した少女時代だったので、猛烈に琴線を揺さぶられました。自分の敏感さをもてあまし、息苦しく毎日を送っていた頃・・・おばさんになって図太くなったおかげで、随分と生きやすくなったこの頃ですが、今読んでもこの繊細さには身震いするほどです。 好きな作品はとても選びきれない。でもいっぱい投票しました。(^_^)
  2000/5/11(06:49)

202. 安水子: lex12230808
  「7月7日に」が好きです。 うちの猫の名前を大島先生の作品集から見つけました。  私に「綿の国星」を与えてくれた従姉の伸子ちゃんに礼をいいつくせない。a−ikedaさんへも。
  2000/5/9(16:23)

201. かい: ma-kikon@cocoa.plala.or.jp
  最近インターネットを始めて、このホームページを知りました。大島作品を崇拝しつつ約四半世紀・・・うれしかったです。 高校のころは紅茶たばこを試み、館林毬に自分をだぶらせ、短大の面接では尊敬する人物は大島弓子と答えました。その後はあさぎお母さんの川を見つけて車をはしらせたり、いちごと手作りビスケをこうごに食べたり、白のペルシャを飼ったり・・とみーはーファン炸裂でした。 ほんと、うれしかったです。
  2000/5/9(10:56)

200. ニコリン坊
  初めて大島さんの作品を読んだのは会社を辞めてぷーになった去年の夏でした。以来、文庫を少しずつ買い集めています。 大昔、中学生の頃、かわいい絵柄に引かれて「綿の国星」を手にとったことがありましたが、お小遣いが足りず買わずじまいでした。もし、あの時「綿の国星」を買っていたら私はもっと違う人間になっていたかもしれない。いや、やっぱりこんな人間かな。 未だに思春期ひきずってる私にとって大島さんの作品は最後の逃げ場所みたいです。
  2000/5/8(04:49)

199. yummy: ymst@f3.dion.ne.jp
  ここは素晴らしいですね。『サバの秋の夜長』を書店でみつけて大島先生第5次くらいのブームが今きてます。大島先生の作品を置薬のように常備しています。
  2000/5/6(09:57)

198. Alisa: destin-com-alisa@par.odn.ne.jp
  母の影響で物心ついた時から、大島作品を読んでいました。大島さんの作品は何度読んでも涙がでます。一つの作品に絞れなくらい素晴らしい作品がたくさんありますよね。このホームページがあることが、とても嬉しいです。 これからも、親子でちょくちょく来たいと思います。
  2000/5/3(02:33)

197. ふじびたい
  一番は、やっぱり綿の国星。その中でも、「ミルクパン、 ミルククラウン」が好き。あのラスト、なんかしみじみと きて、じわじわと切なくなってくるんです。 まだまだ、大島作品読みきってません。 また、来ます。
  2000/4/30(19:25)

196. 桑原園子: ttn3yeh2cf@mx5.ttcn.ne.jp
  もう10年以上前になるので初めて読んだ作品が思い出せない のですが、サバかな、と思います。結婚してまんがって読まなく なりましたが、新しいのが出ているって知ると買いたくなって きました。たまたまみたサイトですがまた、弓子情報を知りた いので長く続けて下さい。花子さんは笑えました。
  2000/4/29(15:02)

195. 真瀬キワミ: aap71650@hkg.odn.ne.jp
  綿の国星。たまに読まないと、心がささくれてくるような気がします。サヴァは、うちのマネキと、似ています。オスなんですけど。次作、楽しみにしています。おわり。
  2000/4/27(20:03)

194. ミュウ
  ごく最近、偶然見つけて好きになりました。 情報が少ないので悲しいです。 最近の情報をもっとお願いします!(すいません・・・)
  2000/4/23(22:33)

193. Kay: yone01@giganet.net
  多感な中学生のみぎりに、『海にいるのは...』を読んだのが運のつき(?)、思いっきりハマリました。全く勝手な印象批評ですが、大島さんは『綿の国星』で何か決定的な完成を経て、『バナナブレッドのプディング』以降、何かしら登場人物の思惑や感情が(それまでの情熱的な饒舌さが少し失われていくような感じと共に)、どんどんこちらの神経のひだから離れていくような気がしていました。こうした気持ちを掘り起こすきっかけを与えて下さって感謝致します。
  2000/4/23(17:08)

192. なな
  はじめまして。『綿の国星』からの大島先生のファンです。最近は文庫本の方で、昔の作品に出会えるので、非常に嬉しく思っています。まわりにはマンガ好きの友達がいませんので、このようにネット上でいろんな世代の方々と、好きな漫画作家や作品について語り合えるようになるなんて、本当にいい時代になったなあ〜なんて思ってしまいます。これからも大島由美子先生を応援していきたいと思いますので、このHPもずっと続けて下さい!お願いします。
  2000/4/22(22:40)

191. そよぎ
  親子で大ファン!情報はここから仕入れるつもりですんで、よろしくお願いします。
  2000/4/20(22:08)

190. 足立ミッシェル: adachi13-34@mx51.tiki.ne.jp
  私は、サバと大島弓子さんの生活が好きです。何もしない、でも、全てを感じながら、痛々しいほどに自分を見つめ、そして相手を暖かく見つめて静かにすぎてゆく毎日・・・。彼女のようにありたいとおもいつつ、慌ただしく、無感覚に今日を過ごしてしまう自分を、大島弓子先生の作品は思い出させてくれます。花子さんの写真を見て、彼女が実在していることを改めて実感し、不思議な気持ちです。みなさん、私にもっと大島弓子ワールドを教えてくださいね。
  2000/4/13(01:13)

189. さらさらさくら
  今日、桜を見に行って、なぜか、「詩子とよんでもういちど」を思い出したのです。サナトリュウムには桜がにあいます。
  2000/4/12(17:24)

188. 中山 由美子
  17年前大島さんの作品に出逢い今も大ファン。心が暖かくなるんです。タマヤ猫のおばあちゃんのいってたような喫茶店に行くのが夢です。一面の菜の花畑、善良な人たち、モンシロチョウ、素敵です。
  2000/4/11(13:44)

187. ちーま
  どれもみんな大好き。バナナブレッドのプティングってひびきがとくに好きかな。
  2000/4/9(16:03)

186. ユキヲ:
  こんにちわ。私も大島弓子さん大好きです。眠れない時は いつも読み返します。(それでもちろんミルクを…)
  2000/4/7(06:30)

185.morie: shinri-m@mail.hinocatv.ne.jp
  大島弓子さん大好きです。 私の知らない、未読の作品の存在を知ることが出来、とても良かったです。
  2000/4/7(00:09)

184. リベルテ
  ずーっと大好きだったものにまた出会えて 感動です。 70年代の大島作品を古本屋さんで 探しまくった私ですが、 書籍リストでまだ知らないものがあることを知り、 また、意欲が沸いてきました。 ありがとうございます。 ローズティー・セレモニーや F式蘭丸、まだ宵のくち、ジョカへ、 などが、そのせりふの一つ一つに影響されてしまったほど 大好きな作品です。 また、遊びに来ます。
  2000/4/6(22:55)

183. キワ: cdb41410@hkg.odn.ne.jp
  ハナコさんの写真は痛すぎだよう。
  2000/4/6(00:07)

182. 小吹 篤: aah98610@pop16.odn.ne.jp
   僕の好きな作品は、「秋日子かく語りき」、 「いちご物語」「四月怪談」等です。  とい、言いますか、嫌いな作品は殆ど 無いのですけれど。  全ての作品を読んでいる訳では有りませんが、 作品リスト、書籍リスト等を頼りに、これから 色々読んでみようと思っています。
  2000/4/5(23:31)

181. 中村美奈子: minkor@d1.dion.ne.jp
  すわのちびねこ 自分もねこを飼っているのですが、この本を読んだ後 チビ猫のけなげさに心うたれ、自分のねこがいっそういとおしくなりました。
  2000/4/2(20:08)

180. るか: luca0401
  むかしむかし、「はっぴねす」といふ公認ファンクラブがありました。ムラさん、マーズ、草下、その他のみなさまおげんきでせうか?!
  2000/4/2(17:53)

179. Jackie Matthews: jackie-matthews@syd.odn.ne.jp
  やっぱり「バナナブレッドのプディング」の三浦衣良ちゃんですよー。他人とは思えなかったもん、初めて読んだとき。
  2000/4/2(02:03)

178. ラB: cdd93570@hkg.odn.ne.jp
  大好きな大島弓子さんのホームページが見つかってうれしいです!私はどれもこれも大好きなんですが、「ロングロングケーキ」にいたく感動しました。「ジギタリス」というタイトルにも!いろんな作品が、私には切なくてしょうがないです。彼女の感性やら表現力が羨ましいです。
  2000/3/30(19:02)

177. ただ: witchwood@yahoo.co.jp
  やっと見つかりましたって感じ。やっぱり大島弓子ファンはいっぱいいてはるんですね。私男なんですが大島作品には感動することがいっぱいです。大好きです。また来ます。
  2000/3/30(01:20)

176. 礼子
  いちごちゃんが好きです。むか〜しからの大ファンです。 高校時代、小学館に遊びに行って大島先生の担当さんに眉毛がそっくりだと言われたのがいい思い出です。 大学生のとき、「フェアリーテール」という同人誌を作ってました。
  2000/3/17(14:58)

175. かれん
  大好きな作品は『バナナブレッドのプディング』『綿の国星』『ロングロングケーキ』です。私の周りには大島先生のファンがいないので、このページに来れてとても嬉しいです(~~)また遊びに来ます!
  2000/3/17(09:10)

174. 杏那@青固渋: amica2000@clubAA.com
  まもなく3度目のイタリア引っ越しなのですが、 大島先生の雑草物語をお守りに持っていきます。 辛いときはいつもロストハウスを読んでましたが もう1冊増えて嬉し! 
  2000/3/12(17:18)

173. Y.OSHIMA
  実はわたし、イニシアルが大島弓子先生と同じなんです。 なんかそれだけで、すんごくうれしい。 大島先生の作品にはいつも心の奥深いところでどきどきさせられます。
  2000/3/10(12:58)

172. 純田王利
  大島弓子は素晴らしい。彼女の作品がなければ生きていけなかった時期もあったものです。どうぞこのページを末永くお続けになってください。出会えて嬉しかったです。
  2000/3/9(02:41)

171. ちゃあ
  2000/3/8(16:38)

170. SUGAR: sugarmom@mail2.dddd.ne.jp
  やっとここに来ることが出来ました。こんなに大島先生を 愛する方達がいるなんて素敵です。私の一番はなんと 言っても「さようなら女達」。さっき十数年ぶりに読み 返して、泣いてしまいました。
  2000/3/7(01:58)

169. よしか: miyasaka@syd.odn.ne.jp
   大島さん作品について読んでいるだけでも幸せです。むずむずとした中毒状態のあたまが、爽快になりました。
  2000/2/25(10:48)

168. 深澤 恵子: ffukasaw@d5.dion.ne.jp
  夏の夜のバク 8月に生まれる子供
  2000/2/24(20:27)

167. ようこ: reoz@sage.ocn.ne.jp
  中3の時、月刊セブンティーンで「F式蘭丸」を読んでからずっとファンです。25年くらい経ったんだなあ・・・しみじみ・・・。でも最近はこまめに新作を探す根性もなかったのでこのページには感謝です。
  2000/2/12(04:53)

166. 宇さん
  少女時代に大島弓子さんの作品に出会っていなかったら、おそらく違う人間になっていただろうと思います。最近娘が作品の中に自分とよく似た登場人物を見つけ、喜んでいました。
  2000/2/11(21:51)

165.なたでここ: Nata de 55@aol.com
  わたしのまわりに大島弓子ファンが全くいなくて寂しい 思いをしてたので・・・このHPを見つけて とおっても嬉しいです・・・\(^▽^)/やったぁー☆ 今日初めていちご物語を読んで号泣してしまいました・・
  2000/2/10(02:44)

164. 小原潤也: jun-kohara@syd.odn.ne.jp
  男性が結構いるのに驚きました。大島弓子ファンの男が僕の周りにはいないのでうれしいです。訪問者番号100の萩原さんってあの漫画家の?
  2000/2/10(01:35)

163. MIHOKO: 43996986@people.or.jp
  かなりの昔からのファンです。 初めて”バナナブレッドのプディング”を読んだときの 感動を忘れません。 この作品から大島さんを意識しました。 詩的で哲学的なテーマなところがお気に入りです。 いまでも、ときどき書いていらっしゃる、 エッセイをみかけると、とても嬉しいです。
  2000/2/8(22:18)

162. 大野すすき
  こんなHPがあったなんて感激! 「戦争は終わった」からリアルタイムで読んでいました。(歳が……) 大島先生の作品は全部好きですが、きょうは「雨の音が聞こえる」と答えておきましょう。 なぜか茅秋子さんのファンです。「だれかいらしてたの」と問う母親に「いいえ、だれも。お耳のせいよ」と答えるあの場面は、少女漫画史に残る名場面だと思います。(ははは)続きはまたいつか。
  2000/2/6(23:21)

161. もも
  はじめまして。素敵なHPですね。わたしは恐れ多くも大島さんの作品で卒論をやりました。また来ます。
  2000/2/4(18:36)

160. AKI
  はじめまして。「ロングロングケーキ」と「つるばらつるばら」「綿の国星」は、特に何回も読み返します。 そのうち吉祥寺に行って、大島さんのお散歩コースをめぐってみようと目論んでいます。
  2000/2/3(00:43)

159. おまる
  こんなページがあるなんて、ほんとうれしい。また来ますね。
  2000/2/2(22:11)

158. 和美
   こんなホームページがあるなんてすばらしい! わたしは御茶屋峠(さん)に投票したのですが, ランクが上のほうであることを知り    へー・・・でもそりゃ人気あるよなぁ・・ と思いました。
  2000/2/2(16:12)

157. 田口 洋子
  2000/2/2(10:24)

156. 兵藤
  好きな作品…選ぶのは難しい。 しばらく真剣に考えてしまいました。 どの作品もとても好きです。
  2000/2/1(11:19)

155. 奥山
  今から20年近く前、大島さんの作品に夢中になって いた、35歳の男です。このHPを見つけ、感動しています。作品は、まだ手元にあるので読み返してみようと 思いました。入手の難しい方は、お貸ししますよ。
  2000/1/27(10:38)

154.トマーク: tomoasis@rose.yyy.or.jp
  はじめまして、漫画関係のHPをやっていたら常連の方に 大島弓子さんの「ダイエット」を紹介されて、それ以来彼女のファンです。いつか全作品を制覇しようと頑張っています。
  2000/1/27(00:55)

153. 千鶴
  今晩は、私は大島さんの言葉がとても好きです。「ジギタリス」と名前をつけたこと、すごくすてきだと思いました。
  2000/1/25(00:16)

152. ゆうり: aal14870@nyc.odn.ne.jp
  大島先生のエッセイものを読むと心が落ち着いてきます。この記帳コーナーもやさしいものが多く、改めて大島先生がみんなに愛されているんだなと感じました。最近のものでは「八月に生まれる子供」大好きです!
  2000/1/24(23:45)

151. 柏原康晴
  2000/1/23(14:58)

150. 武川泰啓: takekawa@public.qd.sd.cn
  大島さんの作品は中学生の頃から読んでいます。 2年前から中国に住んでいるので、最近の作品は読んでいませんが、これからは定期的にチェックしようと思います。 どうぞよろしくお願いします。
  2000/1/18(23:47)

149. ポポポンタ
  うれしいですね、こんなに沢山大島弓子のファンがまだいるということが!僕も作品に出会えたのが10年位前なんで全盛期を知らない。でもどの作品も心を震わせてくれて大好きなんです。また、こちらに立ち寄らせて頂きます!よろしくです!
  2000/1/18(14:23)

148. Ms.Pinky
  バナナブレッドのプディング 綿の国星 毎日が夏休み 四月怪談
  2000/1/14(19:50)

147.コジョウ : ありません
  サバタイム これが最初の出会いでした。すべての作品が読みたいです。
  2000/1/13(22:46)

146. ひろぴー
  昔、女友達に、「峠さんに似ている」といわれたことがあって、懐かしく思い出しました。
  2000/1/13(04:49)

145. 宇中仁: nrkmch@apricot.ocn.ne.jp
  私は、初期の作品より、書きこみが減って画面が白っぽくなった後期の作品のほうが好きです。好きな作品は『ロングロングケーキ』、『つるばらつるばら』。大島作品を一言で言えば、『救済の物語』だと思います(『癒し』なんて生ぬるいもんではないぜ)。
  2000/1/12(21:47)

144. あつ: a_yukari@d4.dion.ne.jp
  最近、いちご物語を読みました。 林太郎の好青年さと女キャラの上品さが今のマンガには欠けていると思うので大島先生の作品は私にとっても新鮮で した。
  2000/1/8(01:07)

143. サトウノリコ
  涙もろいので、大島弓子さんの作品を読むと結局いつも泣いてしまいます。でも、「感動して泣く」ということを初めて体験したのは、大島さんの作品だったと思います。(随分昔の話ですが。)
  2000/1/4(01:38)

142.No.4560: okyuu@geocities.co.jp
  今年7月頃友人に勧められファンになった新参者です。 昨日、「夏の夜の獏」を読んで、 またファンになりました。 でも、あとがきまんが読んでると、 大島さん、どんどん痩せていってるように見えるのですが、 大丈夫なのですか?
  1999/12/31(06:30)

141. よしもとのえ: kanzi@gf6.so-net.ne.jp
  私と大島先生との出会いは高校を卒業した頃の事です。 当時、別冊少女コミックに載せられた「雨の音が聞こえる」を読んだ時の感動は今も忘れられません。 あまりの衝撃に思わずファンレターを書かずにはいられないほどでした。 どんな手紙を書いたのか、ずいぶん昔のことなのでまったく覚えていないのですが、先生はちゃんとお返事をくださって、私はそのお返事のはがきを手に、家中を走りまわり母に呆れられました。
  1999/12/31(00:51)

140. umi@umi:
  小学校の頃歯医者で『綿の国星』を読んだのが多分最初です。自分でその後何冊か買っていたのですが、処分してしまい、後になって大後悔! ストーリーや人物が妙にシリアスというか、深いというか、(上手い表現ができない!)。読み終わった後また読みたくなる感じ。 白泉社文庫で結構作品がでていて嬉しいです。私も『いちご物語』『金の草原』大好きなんです!じ〜ん。どうしたらあんな物語が描けてしまうんでしょう??(今日も『つるばら つるばら』買ってしまいました・・・)
  1999/12/30(20:49)

139. ブンブン: sodapop@orihime.net
  はじめまして、ブンブンといいます。 大島先生の作品をはじめて読んだのは、大島弓子選集の 『ロングロングケーキ』ですが、続いて単行本『ロスト ハウス』を読みすっかり大島先生の作品にハマリました。 一番好きな作品は『8月に生まれた子供』です。 私の中ではこの作品を越えたマンガはないってくらい 好きだったりします〜。(^^)
  1999/12/26(11:51)

138. ユエ: Jena@Mail.goo.ne.jp
  12歳の時に「バナナブレッドのプディング」を読んでひたすら感動しました。数え切れないくらい好きな作品、好きなネームがありますが、やはり73年〜85年位までの作品が一番心を打たれます。「ローズティーセレモニー」を読んでエリュアールの詩集を買ってしまうような私でした。
  1999/12/20(00:56)

137. 小野寺はな: nineball@rnac.ne.jp
  とにかくサバが好きで・・サバタイムを探し続けてウン年.生い先もわずかとなり(40年?)目の黒いうちにと日夜本屋をさまよう私です.でも近隣市町村にはないの。(涙)
  1999/12/14(10:26)

136. りえこ
  "初めまして。 大島先生の作品を読む時間は,忘れてた感情のようなものを思いだす,とても大好きな大切な時間です。 同じ気持ちでいる人がこんなにもたくさんいるなんて,と感動しました。(しかも,男の人もたくさん。) 本になったものしか読んでないので,このページで初めて知ったことが色々ありました。 特に,体調を崩されてたこと,サバのことは今日初めて知りました...。(涙) これからは時々覗かせていただきたいと思います。 貴重なページをありがとうございます!!! "
  1999/12/13(04:08)

135. 亜紀: male-aki@mwe.biglobe.ne.jp
  私と管理人さんの名前が似ているのでびっくりしました。 最近、文庫版で大島弓子さんのマンガを読み、心の支えというか、バイブルのようにして生活しています。「大島弓子は分からない」という意見があるようですが、最近の私には「こういうこと、あるある」という感じで、日々大島さんの世界を実感しています。もっといっぱい読んで、大島ファンの人と意見を交換したいです。
  1999/12/12(20:14)

134. キャラウェイ
  今日、文庫版「ダリアの帯」を買って読みました。 今、医学部6年なのですが、「快速帆船」の古北先生のように最後まで あきらめない人間味のある医者をめざして頑張ります。
  1999/12/4(17:34)

133. Keiko Mori: keimori@excite.co.jp
  「なよたけ」が出てくる作品は何でしたっけ? 割と初期だと記憶してますが、選集にも載っていないし。 教えて下さい。
  1999/12/3(21:59)

132.たくし: sendataxi@email.msn.com
  新刊が出ていることを始めて知りました! 早速買いに行ってみようと思います。
  1999/11/30(22:58)

131.仁(じーん): loveo@morito.com
  猫まんが「綿の国星」は有名ですが、 僕の好きな作品は「罪 と 罰 」「ほうせんか、ぱん」「七月七日に」 「ハイネよんで」(猟師 と 鹿(美)少年の話?)「バナナブレッドのプディング」「四月怪談」「つるばらつるばら」 です。 もうひとつのは タイトルを忘れたけど、家出した王女が 髪を短く切って 少年姿をした話です。これも 好きです。
  1999/11/29(09:02)

130. ふじさん
  すべて
  1999/11/24(16:52)

129. チャイ
  好きな作品は「いちご物語」です。最近全然読んでなかったけど、ここに来て大島さんの作品をもっと読みたいと思いました。
  1999/11/24(01:15)

128. 奈々
  文庫で読み始めたのですが、『綿の国星』の世界が大好きです。大島先生の描く動物と自然はきらきらしていて、安らぎます。読む度に、緑のある場所に行きたいなあと感じるのです。また、時夫のお母さんのファンでもあります。 あのお母さんが持つ、女性的な個性がなんとも郷愁をさそいます。自分とも重なる部分がありますし・・・。これから他の作品も読んでいきたいです。
  1999/11/23(01:45)

127. takahashi
  初めて読んだのは「綿の国星」だけどその中の「夏の終わりのト短調」に衝撃を受けました。一番好きなのは「ダリアの帯」「たそがれは逢魔の時間」「裏庭の柵を越えて」・・・うーん選べない。「密造アップルサイダー」をもう一回読みたい。大島弓子ニューウェーブ期の頂点だった。
  1999/11/22(20:39)

126. aya: DQG10266@nifty.com
  ヨハネが好き
  1999/11/17(10:51)

125. 児玉ひかり
  友人に「グーグーだって・・」を送ってもらって先生が具合が悪かったことを知ってびっくりしました。でもあんな大変な状況を大島弓子風にふわりと描いてしまいさすが!と思いました。早く良くなってくださいね!大好きなキャラクターはもちろん大島先生です!
  1999/11/13(21:05)

124. つる
  はじめまして。大昔わたしが漫画家を目指していた頃、 大島弓子先生は神様で作品はバイブルでした。最近また読み返しています。新しい作品も読んでいます。やっぱり素晴らしいと思います。どの作品も甲乙つけがたく大好きです。好きなキャラはえんじゅとトリステスです。   
  1999/11/9(14:11)

123. 稗沢美津子: hiezawa.m@pg.com
  まだちゃんとこのサイトを読んでないのでちゃんと評価できないです。私の好きなキャラクターは、大島さんの描くやさしい男の子達です。切なくなります。
  1999/11/8(17:37)

122. iwashita: CXN04371@nifty.ne.jp
  ずっと大ファンです。大島先生は唯一無二の存在です。「ロストハウス」以来の単行本がいよいよ出ること、教えて下さってありがとうございました。新作を楽しみにしていたところを、「文芸春秋」で具合が悪かったことを知り、ショックを受けていたところです。早く良くなって頂いて、次の作品を、と心待ちにしています。
  1999/11/7(19:43)

121. まりえ: keitogen@mail.goo.ne.jp
  私も関東から遠いです。詳しくもないので作品に地名が出てきても分かりません。(大島さんの感性が育った故郷 の方が見てみたいです。)大島さんの奇跡的な絵もお話も大好きです。こちらのHPのおかげで読んだことのなかった大島さんの本を見つけられたり知らなかったお話を聞けたり本当に感謝しています。
  1999/11/6(14:13)

120. とまと
  大島さんの住んでおられるところ(関東)から遠いところに住んでおられる大島さんファンの方々、チキジョージにも井の頭公園にも栃木県にもなかなか行けませんが、お互いにずっと熱いファンでいましょうね。1度でいいから地元(西日本は1度も舞台になったことないんですよ)をあの繊細な絵で舞台にして頂きたいと願うとまとでした。
  1999/11/1(00:22)

119. 小野亮子: ryo-time@col.hi-ho.ne.jp
  是非お願いがあります。「戦争は終わった」を単行本にして下さい。当時の雑誌を幸いにも3号分だけ持っていて、その中に最終回も含まれていることは本当にラッキーなのですが、是非全体を読みたいのです。あんな感動作品が単行本化しないなんて信じられません。ほかに初期の書籍化されてないもの「命はてる日」「その日まで生きたい」も含めて、萩尾望都の作品集のように全ての作品を書籍化して欲しいと切に望みます。是非よろしくお願いします!
  1999/10/28(14:30)

118. ひさんが。: hisanaga-tk@kyroritsu-ph.ac.jp
  親が心配するほどマンガ好きだった幼少の頃から大島先生の作品は飛んでいました。印象に残っているのは「命はてる日」「詩子とよんでもう一度」です。ずいぶん経つのですね。年がばれます。「クレア」でのサバの最期には涙しました。うちの猫は一字ちがいでシバといいます。
  1999/10/21(10:07)

117. しょうへい: shohei@gw1.gateway.ne.jp
   はじめまして、大学のともだちから面白いよと、綿の国星をよんでから、はまっていき、全集をそろえるまでになりました。  ぼくは、いちご物語がすきで、純粋に生きる、生まれたままの感情で生きるってこんなものなのかなと思いました。そして、ぼく達は、要らないものを身につけすげているのではないかと感じました。  ぜひみなさんが、大島弓子さんの作品を読んで、感じた事、そして身についたものを教えてほしいと思います。 よろしくお願いします。
  1999/10/20(01:20)

116. ノビ: caf89370@pop12.odn.ne.jp
  大島先生の作品だったと思うものでもう一度読みたいものが あったのでここにきてみたのですが探してるタイトルのが なかったので記憶違いだったのかもしれませんね(^^;)。 大島先生の作品を見たのは小学生の時に姉とビデオで見た 「四月怪談」が初めてでした。 最近学校の図書館で単行本を見つけたので読み返しています。 やっぱいいですねー。
  1999/10/19(16:29)

115. 鈴木 大司: daiji@eb.mbn.or.jp
  40才のおやじです。綿の国星シリーズでは、 「毛糸弦」が一番好きです。
  1999/10/18(00:08)

114. カルガモ: iwano-h@tokai.or.jp
  はじめまして。「作品人気投票」で、“生活まんが”への投票が以外に少ないのはちょっと以外でした。 「すばらしき昼食」なんか、すばらしきケッサクだとおもうんですけどね〜。いかがなもんでしょうか?。
  1999/10/17(05:12)

113. LACO: laco@mail.raidway.ne.jp
  大島作品に開眼したのは「バナナブレッドのプディング」でした。 その前に読んでいた「綿の国星」がなぜ名作なのか最初はわから なかったのですが、これを読んで一気に理解が進んだつもりです。 それから、精神性と身体性とのズレをあつかった作品が多くその 辺に興味があります。 近頃の私のイチオシは「いちご物語」です。 ここはまさにWhite-Fieldって感じで良いですね。
  1999/10/13(22:10)

112. レーキー: triptrap@apricot.ocn.ne.jp
  はじめまして。 好きな作品は「バナナブレッドのプディング」そして「夢虫・未草」が一等です。 以後よろしくおねがいします。
  1999/10/11(10:04)

111. およこさん。: oyoko@sf6.so-net.ne.jp
  中学生の時に大島作品にはまってました。あれから20年 以上たちますが、最近読んでないので久々に読んでみよう かな。
  1999/10/10(11:38)

110. 奈良間芳江: narama@rr.iij4u.or.jp
  文芸春秋10月号の「人生の大晦日」を拝読しました。同じ経験を持つものとして共鳴しております。事前に入院、手術などの手続上の諸々や治療に際して事前に治療の許容範囲等を指定し、自身の終章を書類にして、自分の意思が伝えられない事態に備えられないかと現在模索しております。病気と向き合った先生の今後の作品を期待しています。
  1999/10/9(14:41)

109. よしか: http://yoshika@kcat.zaq.ne.jp
  何年前にはじめて読んだかは覚えてないですが、「バナナブレッドのプティング」を読んだときの感動はその当時の私の心をどれだけ救ってくれたことか…。 同じように思ってらっしゃる方がいるということがわかってすごく感激しました。
  1999/10/8(00:39)

108. みよりん: iwasawa@t.toshima.ne.jp
  書籍・作品リスト、とても参考になりました!  買いそびれた、又は読み逃した作品は無いか?  久々に本棚から全部の大島コミックを引っ張り出してチェック致しました。  ふと目に入った「鳥のように」を思わず読み返し、不覚にも泣いてしまいました。(T_T)  リアルタイムで大島作品を読んでいた頃にタイムトリップしてしまったようです。  あの頃の感性が、子供を3人持ち、日々雑事に追われている私にも残っていたのを知り、少し感動してしまいました。
  1999/10/5(11:38)

107. りえ
  凄く懐かしかったです。小学校の時からずっとずっと大島作品でトリップさせていただいていました。感性を磨く教科書?子育てや仕事できりきりまいしてる現実にあーやっぱり幾つになっても大島先生最高!!って思います。
  1999/10/4(01:24)

106. 鴨橋洋介: matu@sb3.so-net.ne.jp
  gooで「大島弓子」を検索したら666件。666とは不吉な!!大丈夫か大島先生!
  1999/10/3(21:03)

105. みき もり: mikimori@poplar.ocn.ne.jp
  このサイトが存在しているだけで生きる希望が涌きました.小学生の時からのリアルタイム大島ファンです.その時の感動と現在読み返しての感動が全く等質であることに驚きます.大島作品が凄いのか.私が進歩しないのか.両方だと思います.
  1999/10/3(08:19)

104. switch: cozytstm@anet.ne.jp
  初めての訪問です、ページ内を見る前にこちらに来てしまいました。
  1999/10/3(06:48)

103. レイン
  高校生の頃からのファンです。すでに20年以上も先生の作品を読み続けてます。 PCを初めた時、最初に大島先生関連のページを探しましたが見つける事ができず、諦めていたのですが久しぶりに検索をかけてみて こちらのページにたどり着きました。 やっぱり大島先生のファンの方、たくさんいらっしゃるんですね、すごーく嬉しいです。 ちなみに私の最初のハンドルネームは、−ちび猫−でした、が、10代の女の子ぐらいに思われる事が多くて、恥ずかしくて止めました。
  1999/9/29(16:11)

102. 馬橋 恵子
  1999/9/29(12:44)

101. 通りすがりのチビ猫ファン
  言うだけですいません。版権の関係もありそうですが、絵もみたいです・・・。
  1999/9/28(11:21)

100. なん: tomitomi@msb.biglobe.ne.jp
  1999/9/23(22:58)

99. 萩原 一至
  1999/9/22(17:10)

98. はむ
  はじめまして。 好きな作品は「裏庭の柵をこえて」です。 あの、懐かしい感じのする、小学生の夏休みを思い出す ような雰囲気が好きです。私はとみこの2学年下です。 最近読んだ中では「8月に生まれる子供」が、すごかった。 ショックと感動。これぞ大島弓子節? 会社のパソコンのため、使用ブラウザが不明です。
  1999/9/21(17:48)

97. まさはいど: masako@helios.ksl.co.jp
     私だけじゃなかったんですねやっぱり!! 大島弓子大好きです。小学校の時、戦争のお話(題はわかりません)を読んで以来、ずーっと。(年がばれちゃうけど) 「雨の音がきこえる」を読んだときは涙が止まりませんでした。   リストを見たら最近でも本が出ているんですね。 それがわかってすごい嬉しかったです。 これからも、またのぞかせて頂きますね。頑張ってください!
  1999/9/21(15:50)

96. MILK
  大島さんの絵どうしてあんなに音楽が流れるようにきれいなんだろ?と思っていましたが、ある時期まで大島さんの絵には画面いっぱいにいつも細かい葉っぱや花びらがまっているんですね。 (大きな花が女性のバックにっていうのは少なくて嬉しいです)それで詩もいっぱい散りばめられて。それで流れるように美しいんですね。 それがなくなってシンプルになった比較的最近の絵ももちろん大好きです。
  1999/9/19(21:15)

95. ジュンイチ: kenz84h@yahoo.co.jp
  1981年頃ついに、大島弓子先生の作品に出会った男です。今日初めてここを見つけたのですが、題名を見ただけで、少し悲しく寂しい、けど暖かい希望の様な、あの時抱いた感情を不思議と思い出しました。ストーリーは憶えてないのに。結婚し家庭を持ち、いつの間にか作品中の「お父さん」に近づいている自分がちょっと不思議な感じもします。今夜十年ぶりに本屋のコミックコーナーに寄ってみようかな。大島先生の作品を読んだらまた来ますね。
  1999/9/17(13:23)

94. くに: kuniko@yu.incl.ne.jp
  ミモザ館でつかまえて―で、大島弓子ファンとなりました。でも、結婚してからというもの、子育てだのなんだのと、綿の国星途中からずっと遠ざかっていました。 最近パソコンを買って、このページを知り、とっても感激しています。大好きな大島弓子のたくさんの情報etc.と、パソコンの偉大さに…  これからもよろしくね♪
  1999/9/15(00:36)

93. 雪絵: kg97nb27@kanazawa-gu.ac.jp
  好きな作品は、バナナブレットのプディングです。イラちゃんと同調してしまいます。 とにかく気持ちいいです。言葉も絵も優しさも。私も誰かのライナスの毛布になりたいけど、 本当は、包み込まれたい方なのかも・・・。
  1999/9/13(14:54)

92. 山元尚可: yamagen@d4.dion.ne.jp
  今月の文芸春秋を読んで、びっくりして、大島さん関連HPを探しました。随分遅くなりましたが、そんな大変なことが、あったんですか。この場をお借りして、大島先生にお見舞いを・・どうぞ、お大事に。 子供の頃から大好きで、二人の息子もファンです。 さよなら女達と、いちご物語が、お気に入りかな?
  1999/9/13(08:45)

91.あやり: ayr@ing.voice.ne.jp
  はじめまして。私は一番尊敬する漫画家さんというと大島さんです。タイトルのつけ方、セリフのひとつひとつに言葉のものすごさを感じます。好きな作品は「バナナブレッドのプティング」です。サイトがんばって下さい。またきます。
  1999/9/11(15:17)

90. 星絵理子: 86
  好きな作品は「F式蘭丸」。「雛菊物語」の菊子が好き。 「詩子とよんでもう一度」「さよなら女達」大島さんの作品って混沌としたエネルギーが私の中から溢れ出してくれる。 あたしもかかなきやペン軸を昇天させる前に。せめてもう少しましなものを。満足できるものを。そしてそれから、ペンをおること。ペンをおること。
  1999/9/10(12:28)

89. rara
  はじめまして。 こんなHPあったのね。今日、初めて知りました。 大島弓子さん、昔っから、大好きです。 どの作品も、何度読んでも飽きない! って、いうか、読み返すごとに、新しい発見があったり、 好きなフレーズは、何度も読み返して、 心にとめておきたくなるのですよね。 ああ、ここの人達は、きっとみんな同じ想いなんでしょうね。嬉しくなってしまう・・・♪ これからも、ちょこちょこ、お邪魔します!
  1999/9/6(01:06)

88. 安西
  一番好きなのは「裏庭の柵を越えて」です。一番最初に読んだのは「男性失格」でした。私の原体験になっています。管理人さん、いつもありがとう!
  1999/9/6(00:43)

87. なつのうみ
  私の好きなもの 冬に思う夏の海・谷内六郎・寺山修司・ もちろん大島作品にプレしべリエールのフィリップ・ 陸奥A子さんの書くカワイイお部屋とアイビールック・ 中原中也・ポーの一族・ガラスの迷路
  1999/9/3(19:31)

86.oingo: oingo@eroca.com
  こんにちは。大島ファンです。 ちょっと盗作した愛のセリフ、またはとてもはずかしい(直球で..)愛のセリフなど 大島さんこそのセリフが好きなのです。 まだ途中までしか見られないのですが、愛とエロのページを立ち上げました。 女の子に向けた、アダルトサイトではない愛のページをとゆうコンセプトでつくりました。 もしみなさんが気に入られた大島愛のセリフを教えていただけれると とても嬉しいです。 よろしくお願いします。
  1999/9/3(15:21)

85. shin
   こんわんわ はじめまして  ここを知ることができてうれしいです  今日は まだ みなさんのこころに圧倒されて すべてを読んでいません 少しずつ おじゃましようと思っています たのしみがふえて しあわせにねむれそうです  ありがとうございます  あしたも 元気ですごせるといいですね  では また                       shinn
  1999/9/1(23:33)

84. にゃんまげ: kohae@gw2.gateway.ne.jp
   大島さんの作品をよんで感心するのは、ベタがすごく 映えるひとだなー、ということです。闇が、すごく深いんですよね。すごい人だとおもいます。
  1999/8/30(00:59)

83. まろ
  「綿の国星」は私のバイブルです。大好き。 今月号の雑誌「クレア」に大島さんの記事がありました。 サバは亡くなってしまったんですね。 卓上ライトを見つめるサバの写真がすごくかわいい。
  1999/8/28(02:30)

82. くり山みの虫
  こんなにたくさんの大島 弓子フアンの仲間に出会えてとても感激しました。私自身大島さんから様々なことを学び、また私自身漫画を画く者として色々なことを共感したのを覚えています。小6の時はじめて大島さんの作品にであってから4年たった今日私の夢は、大島さんの様に画く人の愛情があふれてくるような漫画を画く漫画家になりたいです。最後にこのコーナーを作ってくれた池田さんありがとう。
  1999/8/26(22:03)

81. チヅコ: chizuko@yahoo.co.jp
  1999/8/24(23:31)

80. 朝香: fwnw3685@mb.infowed.ne.jp
  ジョカとシモンは、どうしているかしら?今は夏休み七月七日も過ぎてしまいましたが10月はふたつあるから楽しみです。つぐみの森のミモザ館で蘭丸と峠さんとヨハネ達とチャイコフスキーを聴きながらローズティーとバナナブレットのプリンを頂きながらまだ宵のくちだから夏の夜の夢を語りながら雨の音が聞こえる部屋でなごりの夏のお話がしたいです。大島作品は私の哲学です。キララ星人応答して下さい。
  1999/8/24(10:32)

79. おさち
  須和野夫妻が椎名誠夫妻によく似ている気がするんです。そう思う人いません?
  1999/8/21(23:31)

78. みー
  1999/8/21(12:10)

77. F15T
  極私的大島弓子先生ベスト1 「ダリアの帯」 感涙
  1999/8/19(16:51)

76. ライム
  初めまして。こんにちは。「綿の国星」は「葡萄夜」が 人気高いのですね。私は最初の辺りの回と、「毛糸弦」「晴れたら金の鈴」「お月様の糞」が好きです。副題も それぞれなんか独特できれいですよね。
  1999/8/18(20:13)

75. みいな
  ”ミモザ館でー”以来のささやかなファンです。亜麗くんと日向温さまが理想の男性像でした。現在は娘と一緒に”おひさま”読んでます。井の頭公園にもたまに行きます。
  1999/8/12(02:59)

74. さくら: biwa@webtv.ne.jp
  「綿の国星」は、時々むしょうに読みたくなります 又「バナナ〜」は、でた当時の単行本をもっていますが、私の宝物です。 今になって全集を揃えたいのですが、最近は文庫飯ががおおくて、以前あったぶあつい選集(?)が本屋にないようにおもうのですけど・・ 「サバ」シリーズももちろんすき 作品は、ほとんど全部すきです!
  1999/8/9(23:00)

73. とんぶり
  「綿の国星」を読んでからのファンです。 中でも「葡萄夜」は、条件反射的に泣いてしまいます。 読んでない作品も多いので、これから読みたいです。
  1999/8/9(01:25)

72.菊池裕義: zxe04355@nifty.ne.jp
  高校のころに、「バナナブレッドのプディング」を読んで とっても苦しくて寂しくてでも癒されて感動して、 それから大島弓子ファンです。 どーしてあんな繊細な物語を締め切り直前にかけるのでしょうね(笑)。 これからもちょくちょくきたいと思います。
  1999/8/3(18:13)

71. Koro: koro@parsey.freeserve.co.uk
  はじめまして。大島先生の作品は、中学、高校生の時にリアルタイムで読んでいました。20年以上もたった今、胸の奥の大切な宝物として懐かしく切なく思い出されます。「さようなら女達」「七月七日に」「いちご物語」「F式蘭丸」「すべて緑になる日まで」「ヨハネが好き」が特に好きな作品です。こんな素敵なHPに出会えて幸せです。これからも頑張って下さいね。
  1999/8/2(21:30)

70. もえ: moeko-n@med.kanazawa-u.ac.jp
  大島弓子さんのマンガに出会って3年になります。 好きな作品は「秋日子かく語りき」「ダイエット」「つるばらつるばら」など。最近はストーリーものは書いていらっしゃらないようですが、出来ればまた新しい作品を読みたいなと思っています。
  1999/8/2(12:58)

69. 増田真吾: gbd02541@nifty.ne.jp
  かなり以前ですが、大島弓子さんは、音楽のLPを出しています。当時はまだCDがなかった頃。作詞のみで、作曲と演奏は、ムーンライダーズがやっていましたが、ご存じでしょうか。  最近は、ストーリー漫画は描かれなくなってしまいましたが、それもよいことなのかもしれないと思っています。
  1999/7/31(10:47)

68.柳田功: guruguru@allnet.ne.jp
  最初に訪れてから、早いもので二年以上経ってしまいました(今更、ゲストブックに登録です。最近時間がとれるようになりまして、あははは(^_^;)。ネット人口増加と共にファンも沢山訪れていますね。いい事だ!!。
  1999/7/29(20:02)

67. よこくらゆき: yuki22@apricot.ocn.ne.jp
  こんにちは。えと、こうして足跡をつけさせてもらうのははじめてです。以前は、大学のパソコンからページ拝見してました。 この度、自宅でも環境が整ったので(っていうか、卒業しちゃったし)、こうして、新たに登録させてもらいますです。 ピンク色の、ほんとに可愛らしいページだなって、くる度に思います。 大島さんの作品は、どれもこれも「うむうむ」とさせられてしまって、好き嫌いじゃないんですよねー、わたしにとって。 ま、これから、どうぞよろしく。
  1999/7/27(22:30)

66. 梨が好き: enzo_kasuri@ms.tokyo.jcom.ne.jp
  これからも時々遊びにこさせてください。 好きな作品ひとつだけ上げますと 「たそがれは逢魔の時間」ですかな。 ひとつだけ上げるのはとてもむずかしいです。
  1999/7/21(15:15)

65. 岡村多佳子: amin@mb.neweb.ne.jp
  このHP作者の方の言葉遣いも、メッセージを残されている方々の言葉遣いも、なんだかとても丁寧に感じられるのは、「みんな大島さんの作品が好きなんだ。」という意識からでる、贔屓目なのでしょうか。 私も大島さんファンです。全く平易な、単純な言葉遣いの ヒトツヒトツ、その音律にも、胸をときめかせずにはおれないのです。
  1999/7/17(00:20)

64. 幸子
  ファン歴25年です。20代後半に初めて大島さんを知って「海にいるのは」からはまりました。団塊の世代ですが、未だに好きな漫画家は大島さんだけです。好きな作品はいっぱいあって選べない。最近は新作があまり読めなくて寂しい。このホームページを知ってとてもうれしいです。ずっと続けて下さい。ちなみに私は初期の単行本幾つか持ってますよ。「ジョカへ…」の表紙が一番お気に入りです。
  1999/7/13(09:37)

63. さと
  「水枕 羽根枕」「草冠の姫」「つるばらつるばら」が特に好き。10代前半から31歳の今も変わらず大ファンです。
  1999/7/12(14:26)

62. みどり
  絶版の本いっぱい持っている方うらやましいです。選集にのってないものいっぱいあるでしよう?全集だったらな。全部読みたいのに。
  1999/7/11(16:19)

61. 由美子
  まだ2,3年のフアンです。それでもどんなに20年ほど早く生まれていたらと思ったでしょう。もっと早く知っていればと思います。[バナナ]と[ダイエット]大好き。
  1999/7/11(15:49)

60. 藤山バンビ: ngr@pop21.odn.ne.jp
  今まで我慢して「綿の国星」だけは 読んでなかったのですが 今日とうとう大島弓子選集16を読み終わってしまいました。 さびしいので、さがしてみたら 素敵なページに出会えました。 これからは 定期的にこちらを覗かせていただきます。 「猫草」を読むたびに泣けてしまうこの頃です。
  1999/7/7(20:52)

59. ポヨ
  本名フルネームが大島さんとまるっきり同音なので、幼いころから妙な親愛感を持って読んできました。大人になった今ではうーん天才と一緒の名前でよかったなあと勝手に思ってます。こんなHPがあるなんて! 今後楽しみにチェックさせてもらいます。
  1999/7/4(08:24)

58. 高野芳孝: takapapa@d1.dion.ne.jp
  ヤングロゼが休刊になってから、新作(読切漫画)発表がないか探すため本屋の婦人誌コーナーをうろついていましたが、今後はこのページを参照させていただきます。
  1999/6/25(17:16)

57. 八木彩香: yagi8kid@miyazaki-nw.or.jp
  「バナナ〜」で完全にはまりました。「裏庭の柵を越えて」:マンガを読んであんなに涙が出てきた作品はありません。選集は棺桶にいれてもっていこうと思っています。
  1999/6/23(20:25)

56. seing: seing@mb.infoweb.ne.jp
  弓子先生と出会って20年以上、 今もこんなにあつくなってるみんなにカンゲキ!! ひとつを選ぶことは苦痛だけど... いまなら、いちご物語かな?  でも明日になれば、F式蘭丸にかわるかも?
  1999/6/14(23:12)

55. せつ: setsuco@ibm.net
  「金髪の草原」がすきです。先日、「秋日子かくかたりき」を読み返し、涙しました。このごろはどういう雑誌に作品が載っているのか、どなたか教えて下さい。
  1999/6/10(13:38)

54. けぱ: ikepee@sky.plala.or.jp
  「草冠の姫」で決定的にファンになりました。生きていくことを肯定してくれる作品群...。私のようなガサツなヤロウにとっても宝物です。
  1999/6/8(00:02)

53. EAZY: eazy@blue.ocn.ne.jp
  大島さんの、今は手に入りにくい作品を探していて、このサイトを見つけました。大島さんの作品はほとんど読んでるし、好きです。ファン歴23年。一番泣ける作品は「ヨハネが好き」。何度読んでも泣けます。
  1999/6/7(08:56)

52. 秋本高生
  大島弓子に出会ったのは、5年ほど前ですから、新しいファンですよね。 昔の作品は文庫本が出る度に読んでいます。切なかったり、涙がばたばた零れたり、 とっても元気になれる力が湧いてきたり.....。本当に素敵な作品ですよね。 このページ見つけて嬉しかったです。 キャラクターは、サバが大好きです。 最近忙しくて、そういえば、しばらく読み直してないので、またゆっくり読んで、 そしたら、またここに書きに来たいと思います。 これからも、大島さんを追っかけてて下さいねッ。
  1999/6/3(23:10)

51. チョ
  あまのかぐやま
  1999/6/1(16:01)

50. 繭子: ZAN10420@nifty.ne.jp
  一番好きな作品は「ダリアの帯」です。でも、どれも好き。最近のもの(ロストハウス以降)はあまり読んでいないです。昔のものを反芻しては、いちいち感動しています。HP頑張ってください。また来ますね。
  1999/5/31(00:26)

49. 野ウサギ: mharuke@tvu.co.jp
  なんて愛らしいサイトなんだ! 「10月はふたつある」で出会って以来 ばらのようによりかかって歩いた時期あり、 もう乗り越えたと思った時期あり、 でもやはり帰ってきます。 すきな作品は到底絞りきれませんが 「いちご物語」が外れることはないでしょう。 またのんびり見にきます。
  1999/5/26(16:50)

48. かなへ
  はじめまして。 訪問者リストを見ていたら、好きな作品に「バナナブレッドのプティング」を挙げていた人が多くて嬉しくなりました。私もこれにハマって以来の大島ファンです。  他には「F式蘭丸」「夏の夜の獏」とか。  大島作品の、成長する主人公たちはどれもいとおしい。 また来ます。
  1999/5/24(00:16)

47. まきんこっこ: makinkokko@aol.com
  一つに絞りきれないくらい、好きな作品多数。でもやっぱり、「バナナ〜」と「ロストハウス」かな。大島作品は常に「人生の時間」をテーマにしていると思う。こんなに自分の想いとそっくりなものを持っている人がいるなんて思わなかった。
  1999/5/23(00:06)

46. 岡崎 康裕: a2689@ocn.oak.ne.jp
  "大島作品との出会いは,アニメ版『綿の国星』でした。 好きな作品は,『たそがれは逢魔の時間』ですね。主人公の”ミチハタユズル”君には,個人的に大変共感できるので。 "
  1999/5/4(02:45)

45. keiko NAGATA: k-badge@bc4.so-net.ne.jp
  ミモザ館でつかまえて ヨハネが好き
  1999/5/2(20:08)

44. ももこ: dohna@bh.mbn.or.jp.
  大島先生の作品を知ったのはつい最近です。 読んだ中では、『たそがれは逢魔の時間』がお気に入りです。 ドストエフスキーの『罪と罰』が好きなので、 『ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフ』を是非 読みたいのですが、やっぱりあれは絶版なので しょうか。 右も左も分からない私にいろいろ教えてください。 どうぞよろしく。
  1999/5/2(18:21)

43. はるみ: 2399arak@d1.dion.ne.jp
  青い固い渋いのラストに励まされます。 元気がでますよね。 つるばらつるばらの男の子にも共感します。せつないです。
  1999/5/1(18:32)

42. 山下 可菜果
  大島さんの作品は全部すきです。ひとつ特に好きなものをあげるなら、「裏庭の柵をこえて」だと思います。大島さんの描く男の子ってすごく憧れてしまいます。(一番好きなのは御茶屋峠さんかな)大島さん御自身にもいつかお会いできたらいいなと思います。
  1999/4/15(15:54)

41. 奈美: cheznami@athena.dricas.com
  「夢虫、未草」が好きです。大島さんて母娘の描き方がうまいですね。あと、タイトル忘れたけれど、女の子の夏休みの宿題を隣のひとりぼっちのおにいさんがやってくれるって話。わたしも8月31日生まれだから思い入れがあります。大島さんも直接参加してくれるとすごくうれしいのに・・・。
  1999/4/4(23:58)

40. みほ
  好きな作品は全部なので、一つは決められません。 中学時代、バナナブレッドのプディングが食べたくて自分で作って食べたことを思い出しました。すてきなページを ありがとう。
  1999/3/26(08:56)

39. 小鉄: kotetsu@tka.att.ne.jp
  綿の国星のちび猫、何話目かは忘れましたが、同作品に出てきたアビシニアン。 毎夏のスギナ。
  1999/3/20(02:14)

38. 川上隆夫: gandy@lily.yyy.or.jp
  大島先生の作品については、語り尽くせない思い出があります。化け猫の話(正式なタイトルは忘れた)でお婆さんが銀行の前でひなたぼっこしてるとこなんか好きですね。
  1999/3/16(00:04)

37. Tao: m-yuko@flab.fujitsu.co.jp
  "大島さんの作品はどれも好きですが,特に「バナナブレッドのプディング」と「夏のおわりのト単調」が好きです。内面にもぐりこんで,苦しくて仕方なくなると手に取ってしまったものです(笑)。"
  1999/3/14(18:14)

36. ともみ: pippara@marimo.or.jp
  どれも大好きです。 特にF式蘭丸の『嬉しいときは一緒によろこび、悲しいときはなぐさめあい、子供のようにいつもはなれず・・・』のくだりがたまらなく好きです。 大槻ケンヂが理想のタイプを大島弓子のマンガにでてくるような女の子といっていて、なんかいいひとだなと思ってしまいました。 私もこの世界を受けいれてくれる人なのかどうかが、けっこー重要なポイントになっております・・・。 リスト、大変助かりました。これからもがんばってください。
  1999/3/7(03:33)

35. よーじ: atsune@ma3.justnet.ne.jp
  僕は性別は男なので、発言するのはちょっと勇気がいります(^^;)。でも「100%大島弓子」というこのサイトを発見した喜びには勝てず、思わず発言してしまいました。「夏の終わりのト短調」「ミモザ館でつかまえて」、「綿の国星」の「お月様の糞」「晴れたら金の鈴」なんかが好きです。大島作品は独特の感性で人気を得ていますが、実はストーリーの完成度もすごく高いと思います。これからもガンバって「大島弓子オタク」を極めて下さい!
  1999/3/6(08:16)

34. Junko
  「雨の音が聞こえる」をリアルタイムで読んでからずっと大ファンです。一番好きな作品は「ジョカへ・・・」です。最近「8月に生まれる子供」を読んで涙してしまいました。
  1999/3/4(12:53)

33. 大城 みほ: rose-tea@mail.webnik.ne.jp
  大島弓子先生のキャラクターで一番私の心を掴んだのは、「ミモザ館でつかまえて」の亜麗です。現実の世界には、 あのようなヒトはなかなかいないものですね。
  1999/2/27(23:43)

32. うにこ: MXL00045
  大島先生の作品は文句なしに大好きです。 今思い起こしてもお気に入りの作品が走馬燈のように 流れてしまい、どれとは決めかねております。 強いていえば・・・・・・・。う〜む、むつかしい。 大島先生の本はだいたいもっている(と思う)ので、時々 読み返したらり人に貸したりしては仲間を増やしており ます。 ではまた。
  1999/2/16(00:14)

31.マキ マサヨ: openmind@gold.ocn.ne.jp
  はじめまして。 「大島弓子」で検索したらココにたどりつきました。 私が大島作品と出会ったのは「バナナブレッドのプディング」です。 当時、古本屋でバイトをしていた夫がプレゼントしてくれたものです。 それを読んでからの大島弓子フリークで、いつの間にか夫よりも マニアになってしまいました。
  1999/2/12(23:33)

30. ひろよ
  バナナブレッドのプディングが一番すきです。 15年前、ときおとみつあみがデートした、井の頭公に、当時付き合っていた彼と出かけました。 最近の作品は、ほとんど見ていない(見つからない)ので、このHP偶然みつけて、とってもうれしかったです! これからも続けてください。
  1999/2/8(00:14)

29. やまのこぐ:
  綿の国星がいちばん好きです。 レモンパイ踏んで足の裏サクサク♪ パイをこぼすこと それを踏むことをこんな風に あっさり、しかも的確に 楽しく表現できるのは チビ猫だけですね。
  1999/1/30(14:04)

28. ミネソタ恵子: machida@usfamily.net
  1999/1/27(14:53)

27.jun: j-h-c@tcn-catv.ne.jp
  ええと、少々記憶が遠いのですが、チビ猫が飼われてるところは、須和野家だったような気がしましたが・・・。
  1999/1/26(22:38)

26. かずや
  きのう初めて大島さんの作品を読みました。(「バナナブレッドの・・」)マンガ自体暫らく読んでなかったのですが、大変感激しました。少女マンガ読みたくても読む気になれないものの多い中、ようやく大本命に出会えた思い。早速今日も本屋に走りました。みなさん末永く応援しましょうね。(だって近所の本屋にないんだもん!こんなステキな方の本が!)
  1999/1/24(03:54)

25.さとしくん: ないです
  インタ-ネットで初めてのぞいたHPがここのHPでした。とても面白っかったです。これからもこのHPを大切に育てていって下さい。大島先生と大島弓子FANのために。
  1999/1/24(00:40)

24. ようこ
  ホームページってほとんど見ないのですが 今夜たまたまふらふらしてたら、このページを見つけました。 マンガは中学の頃成田美名子さんの「エイリアン通り」に出会って以来、ずっと大好きですが、一番好きなマンガ家さんは大島弓子さんだったのでこんなページがあるのを知ってとても嬉しくなりました。また見に来ます。
  1999/1/22(23:13)

23. たらちゃん:
  はじめまして。僕は少女漫画はあんまり読まないんですが大島弓子の作品は例外です。いちご物語のラスト、僕はジーンとしたどころか、半分放心状態になっちゃいました。デビルマンのラストより遥かに衝撃的でした。何故あんな終わり方なのか、わけわかりません。綿の国星の一番好きなエピソードはやはり葡萄夜です。大島作品って、死の観念的な描き方が独特で好きです。読み比べて見ると、ジャンプとかマガジンとか少年漫画って本当、あったま悪ぃなぁって思います。
  1999/1/19(23:58)

22. けいこ
  このHP見つけて感激です。思い出の作品は「ミモザ館でつかまえて」でしょうか。立ち読みしながら本屋の店先で泣いていました。一番大島漫画に入れ込んだのは大学時代ですが、マーガレットに載っていたこの作品が、私にとって大島作品に目覚めるきっかけとなりました。その時は15歳だった・・高校入試のころだった・・・。
  1999/1/18(06:52)

21. めぐみ: fwkx@mb.
  さようなら女達。 20年前チビねこワールドについてかたりあった「しのぶさん」このHPにアクセスしてほしいです。もし、またあなたと大島弓子や漫画について話せたら嬉しいです。 それこそ大島マジック・・・ですよね。 私はあの頃約束したとおり、結婚しても子供がいても悩み があっても、漫画を読むことをやめていないんですよ。 (あまりにも私的な内容でひんしゅくをかいそうですね)
  1999/1/16(02:04)

20. 犬: takoide@ibm.net
  バナナブレッドのプディング
  1999/1/15(06:59)

19. 塚牧: 85960123@nodai.ac.jp
  1999/1/13(17:02)

18. サト: supica@osk3.3web.ne.jp
  「8月に生まれる子供」が最も印象に残っています。あれほど重く鋭く、優しい作品に出会ったことがなかったので。
  1999/1/11(01:57)

17. Harami: pisky1.mail.goo.ne.jp
  猫マニアのその後が気になって仕方がありません。
  1999/1/4(11:14)

16. Tal:
  作品リスト,頼りにしています。 ところで「森の中の1羽と3匹」で連載中の題名未確認の件,わたくし MOEのバックナンバーを持っていました。 94/10「花の音」,95/10「カッコー」,96/ 7「あまがえる」,96/10「セミ」という題名です。
  1999/1/3(05:56)

15. ちあき: chiakikn@dl.dion.ne.jp
  大学生の時「夏の夜の貘」を読んで、いっぺんにファンになってしまいました。(あの絵から感じられる雰囲気がたまらない!)
  1998/12/30(15:04)

14. みぃ
  「たそがれは逢魔の時間」好きです なんか奥が深い・・・・・・ HP頑張って下さいね。
  1998/12/25(21:15)

13. すずひろ
  大島さんのマンガを始めてみたのは小6の時、図書館で『綿の国星』をみつけたときです。 それ以来歳を重ねる毎に、読み返す毎に新しい発見があり、常に心の支えとなっています。 一番のお気に入りは『バナナブレッドのプディング』です。
  1998/12/22(01:45)

12. なかた: n16@osa.att.ne.jp
  私は選集11巻以降の作品がわりとすきなんですが、好きな話はその時々でかわります。 いまは「F式蘭丸」にきゅんときてます。 このページ楽しく見てるんでがんばってくださいね。
  1998/12/20(02:03)

11. くーぴー: sayako@zc4.so-net.ne.jp
  大島先生の描くキャラクターはみんな共感できるけど 中でも「つるばらつるばら」の男の子に自分を 重ねてしまいます。 読むとココロがじーんと痛いです。
  1998/12/7(01:31)

10.まおまお: inamaki@tky2.3web.ne.jp
  私は、文庫版の綿の国星で、はじめて大島弓子さんと出会いました。 比較的若いファンですが、一時は大島弓子さんの作品を読みまくりました。 このページには時々よらしていただいてます。 よろしくお願いします。
  1998/12/2(15:14)

9. 相澤さとみ: stmsano@mail.sto.co.jp
  たそがれは逢魔の時間
  1998/12/2(14:08)

8. 銀猫ぺーぱーむーん
  私は「赤すいか 黄すいか」が、好きです。でも、 大島先生のお話は全部、すきです。古本屋巡りをして、 随分集まりました。「バナナブレッドのプデイング」 (seventeen comics)の表紙が大好きです!このホームページを見つけられて、よかったです。 今度は、作品ごとの粗筋や、引用、関連するものなど の説明文や、キャラクターの絵を載せていって下さい。 また、このペイジに遊びに来ます!ciao!!
  1998/12/1(00:57)

7. 渡辺: rokurou@nasu-net.or.jp
  秋日子かく語りき
  1998/11/25(06:55)

6. の口
  大島先生の作品はいつの時代のも大好きです。 最近はロストハウスがお気に入り。 みなさん、いつでもメールくださいね。 いけださん、これからもがんばってください。
  1998/11/21(14:46)

5. うるる: ururu@katch.ne.jp
  また遊びに来ます。
  1998/11/21(02:53)

4. 小川るん&Dai(猫にゃん): fwkd0615@mb.infoweb.ne.jp
  好きな作品;サバシリーズ 好きなキャラ;サバ、タマヤ猫 こんにちは!ときどき楽しく拝見させていただいています。ついに、私も猫を飼いはじめまして、アレルギー喘息 になりながらも、ねこ(Dai ♂)と楽しく暮らしています。これからも、このページを楽しみにしてますので、 末永く続けてください!
  1998/11/19(12:33)

3. ナオミント
  さらなる御活躍と御発展を。
  1998/11/15(23:58)

2.ミュー: mju98@ce.mbn.or.jp
  いけださん、Carnival Nightいつも楽しく 利用させていただいてます。 是非とも存続させてください。 では、また来まーすっ。
  1998/11/12(18:29)

1. いけだ
  訪問者リスト、書き込みテスト
  1998/10/25(02:37)


一覧の参照 // 登録   


管理者: いけだ<a-ikeda@mti.biglobe.ne.jp>
KINOVIS/2.1R2: Kinovis analIzes treNds Of VIsitorS
Copyright (C) 1995-99 NAKAMURA, Hiroshi.