GRASSE
グラース
<概要>

 カンヌから北へ17kmほど山を登った所にあるグラースは、知る人ぞ知るフランスの香水製造のメッカです。

<見所>

 特に"PARFUMERIE FRAGONARD"と"PARFUMS MOLINARD"の香水工場は有名で、香水の製造法方法や2000種類もの匂いを嗅ぎ分けられるという「ネ(NEZ:鼻)」と呼ばれる香水調合のスペシャリスト達の仕事ぶり、香水の歴史などを見学することができます。

 国際香水博物館(MUSEE INTERNATIONALE DE LA PAFUMERIE)は蒸留器などのマニアックな展示が主体ですが、屋上には香の元となる植物の温室があり、色々な香に包まれています。ちょっと狭い旧市街を散策するのも良いでしょう。プロヴァンス民族衣装・宝石博物館(MUSEE PROVANSAL DU COSTUME ET BIJOU)やノートル・ダム・デュ・ピュイ大聖堂(CHATEDRALE NOTRE-DAME DU PUY)などが見所です。

<その他>

 多くのブランド香水もそのベースはここで作られており、名前とパッケージは違いますが、格安の値段で手に入れることができます。また、色とりどり、形の様々な香水の瓶をあちらこちらのお店で売っています。ちょっとしたお土産に良いかも知れません。

 ちなみに、夏場にここを訪れる場合、高速道路の出口とGrasseの町までの間10数kmはひどい交通渋滞に見舞われることがあります。時間にゆとりを持ったスケジュールを立てた方が無難です。


国際香水博物館<grasse-f01>

Fragonard香水工場の入口<grasse-b02>

工場内の香水売場<grasse-b03>

古い町並み<grasse-b01>

旧市街への入り口<grasse-f02>

カジノ<grasse-d01>

観光用の乗り物<grasse-d02>

<Pmphlet FRAGONARD>

<Pamphlet GRASSE>