NICE
ニース
<概要>

 コート・ダジュールの拠点、リビエラの女王とうたわれるニースは高級リゾートではありますが、案外庶民にも楽しめるリゾートでもあります

<見所>

 お勧めは海岸線の通りプロムナーデ・ザングレ(PROMENADE DES ANGLAIS)の散歩。玉砂利の海岸にはプライベート・ビーチでのんびり過ごす人や、ビーチ・バレーに興じる人たちがいたり、皆さんそれぞれに楽しんでいます。通りにはローラー・ブレードで滑走する若者がいたり、ベンチに腰掛けて紺碧の地中海を眺めながら語らうカップルがいたり、こちらも人それぞれに楽しんでいます。通り沿いにはピンクの屋根が印象的な国定史跡のホテル・ネグレスコ(NEGRESCO)、カジノ有するメリディアン・ニース(LE MERIDIEN NICE)などの高級ホテルが立ち並びます。
 海岸線から一歩奥にはいると優雅なマセナ広場(PLACE MASSENA)とマセナ公園(ESPACE MASSENA)
があります。夏のバカンスシーズンにはイルミネーションが幻想的な噴水の回りには夜遅くなっても人が絶えません。マセナ通り(RUE MASSENA)にはカフェやレストラン、ブティックなどが立ち並び、こちらも夜遅くまで人が絶えません。

 第二次世界大戦の戦火を逃れた旧市街(VIEUX NICE)は他とは異なった庶民的な雰囲気の地区です。最も有名なのがサレヤ(COURS SAREYA)の花市。花だけでなく、食料品、香料、雑貨等々色々なものが売られています。

旧市街と朝市

 旧市街の東に小高い丘があり、その辺り一帯が城跡公園(LE PARC DU CHATEAU)です。ローマ遺跡もさることながら、頂上付近からのニース海岸は絶景です。登るのはちょっと大変ですが、ニースに来たらここからの眺めを逃す手はありません。

 山の手の高級住宅街シミエ地区方面にはシャガール美術館(MUSEE SHAGALL)やマチス美術館(MUSEE MATISSE)、古代ローマの円形闘技場跡(RUINES ROMAINES)などがあります。

美術館(Shagall, Matisse)

<レストラン>

 マセナ通り(RUE MASSENA)には比較的入りやすそうなカフェやレストランが多いようです。また、テイクアウトのサンドイッチの店などもありますので、簡単な食事も可能です。
 旧市街辺りには地元ニソワ御用達のレストランがあったり、ワインカーヴがあったり、結構掘り出し物がありそうです。
 以下にお勧めのレストラン5軒をご紹介します。

Keisuke Matsushima
22 ter rue de France 06000 Nice, Tel 04-93.82-26.06
www.keisukematsushima.com
日本の若いシェフが頑張っていて、ミシュラン一つ星を取ったりしている。モダンな内装に繊細な料理。米国で言ういわゆるFusionの感じ。先付けの飴がけのホオズキ、対でロブスターの冷製スープ、ちょとだけグリルしたホタテ、これも軽くグリルしたLoup(スズキ)、ちょっと甘いソースをかけた山ウズラのロースト。デザートはフェンネルのアイスクリーム。最後にカフェ。しめて215euroにチップ20euro。とても繊細でどれも臭みがなく、上品な味わい。文句のつけようのないバランス。

LES DENTS DE LA MER
2 Rue St Fransois de Paule 06300 NICE
Tel : +33-4-93.80-99.16
Fax : +33-4-93.85-05.78
旧市街花市の側です。難破船の船倉のようなインテリア。魚のスープなどの魚介類がお勧めです。ラフでもなくそこそこの格式で気楽に楽しめます。インテリアの様子は
旧市街と朝市に写真があります。

LA PETITE MAISON
11 Rue St Fransois de Paule 06300 NICE
Tel : +33-4-93.92-59.59
ホテルのフロントで聞いた”ニースで最もブイヤベースの美味しい”お店。カフェで出す魚臭いブイヤベースとは明らかに異なる上品な味わい。落ち着いて高級な店内にはちょっとお高くとまったスタッフと庶民には高めの料金設定です。建物の外観は
旧市街と朝市に写真があります。

LOU NISSART
? Rue de l'Opera 06300 NICE
ニース料理のカジュアルなお店。若いスタッフの元気な対応にも好感が持てます。

QUEBEQUE
? Rue Massena 06000 NICE
マセナ通りのお手軽なお店。ピッツァが名物。何故か、スタッフはおじさんばかりで、お客はお年寄りが多い。

<ホテル>

 通り沿いにはピンクの屋根が印象的な国定史跡のホテル・ネグレスコ(NEGRESCO)、カジノを有するメリディアン・ニース(LE MERIDIEN NICE)などの高級ホテルが立ち並びますが、海岸線でも中心から離れたり、あるいは中心でもちょっと海岸線から離れると、手頃なホテルが結構あります。

お勧めホテル

<その他>

 2月末のカーニヴァルはフランスでも最も規模が大きく盛大です。

フランス最大のカーニヴァル

 明旧港の北東一体は高級アンティーク・ショップが軒を連ねています。アンティーク好きには見逃せない一帯です。

 ニースは明るく楽しいリゾートですが、駅の回りは麻薬がらみのトラブルも多いので注意して下さい。

美術館(Shagall, Matisse)
お勧めホテル


夏のプロムナーデ・ザングレ(8月)<nice-f05>


城跡公園から見たニースの海岸<nice-f06>


冬のプロムナーデ・ザングレ(2月)<nice-g02>


ホテル ネグレスコ<nice-g03>


マセナ広場<nice-d02>

マセナ広場の噴水nice-d01>

夏のプロムナーデ・ザングレ(8月)<nice-b04>

かつては貿易の中心だった旧港<nice-b02>

手前の茶色い屋根は戦火を逃れた旧市街<nice-b06>

夕暮れのコート・ダジュール<nice-b08>

Restaurant Keisuke Matsushimaで夕食。

とっても繊細で緻密な味わいの料理。

ここがRestaurant KeisukeMatsushima

Promnade des Anglaisにも品のないものが。

Jardin Alber 1er。

Jardin Alber 1erのメリーゴーランド。