ST-MALO
サンマロ
<概要>

 小さなヨットハーバーの町を予想していたのですが、大違いでした。城壁に囲まれて海に突きだしたイギリスの都市という感じです。建物に高さがあり端正で厳格な感じが英国っぽい感じです。英国との間を結ぶ大きなフェリーも停泊しており、実際、英国に近いのでしょう。城壁内に大きな建物が建ち並び、商店街やレストラン街などがあり、見事な観光地です。

<見所>

 城壁の外は駐車場に囲まれています。城壁内にも車で入れるようですし、実際、我々のホテルも城壁内ですが、狭そうなのでいきなり車で入るのはためらいました。城壁外の駐車場に車を停め、徒歩で城壁内に入ったのですが、案の定、城壁内の車は大渋滞でした。行き先も定かではないままにこの中に入っていたら大変でした。

 食後、治安が良さそうなので城壁内をちょっと散歩してホテルに戻りました。カンペール焼きという陶器が名産のようで、手書きの日本語で案内の書かれたお店もありました。城壁のほぼ中心にはサン・ヴァンサン大聖堂(Cathedral St-Vincent)があり、12〜13世紀の建造物です。城壁は12世紀から18世紀にかけて作られたようです。

 朝から城壁内の商店街を散策。10時前なのでパン屋とお菓子屋暗いしか開いていません。城壁の海側へと向かい、城壁の上を少し歩きました。内側の建物はやはり英国調です。城壁外の港には英国からの大きなフェリーが停泊しています。海には小さな島が幾つか見え、城塞化しているものもあるようです。城壁の北東にはサンマロ歴史博物館(Musee d'Histoire de la Villa)があります。

<ホテル>

 城壁の所に、城壁内のホテル名が列挙されており、中に入るとそれらホテルへの行く先がそれぞれ右に、左にと示されています。“その他”も示されており、ホテル名が見つからなければそれに従って進むのですが、10軒くらい案内されたところで、“その他ホテル”の行き先が表示されなくなってしまいました。あとは適当に歩いて何とかホテルを見つけました。フロントに聞いてみると、我々が入った門と反対側の門から車で進入すればすぐの所でした。夏場は歩行者専用なので入れないけど、冬場は人が少ないので入っても良いようです。ホテルは64ユーロとお安いので狭い部屋ですが、設備は最近改装したらしくモダンで綺麗です。夕方着いて、翌朝出発するだけなのでこれで十分です。

Hotel Cartier ★★★
1, Rue de la Corne de Cerf, 35400 Saint Malo
Tel +33-2-9956-3000 / Fax +33-2-9956-5554
info@hotel-cartier.com
EURO64(incl.TAX, BF11)

<レストラン>

 夕食は豪華すぎず、かと言ってツーリスト相手の適当な料理の嫌なので、城壁内のレストランを色々と探して歩きました。レストランは沢山あります。やはりシーフード系が多いようです。どこもここも観光客向けで入りやすそうなのですが、決め手がありません。どこのレストランも閑散期なのか客は少ないようです。たまに満席近いレストランがあり、こういうのはきっと評判のお店なのでしょう。カフェは失敗の可能性が高いのですが、我々は軽く食べたいとの意向もあるので、結局カフェにしました。でも人が沢山はいって主に料理を頼んでいるようなお店を目指しました。一軒、良さそうなカフェを見つけて入りました。妻はムール貝の白ワイン煮が食べたいと、私はシーフードに飽きてきていたのでステーキアッシェ(挽肉だけのハンバーグ)が食べたいと、その両方のあるお店でした。案外、接客が良く料理も美味しく当たりでした。地元のシードルをカラフェで頼むと、陶器の厚手の白いカラフェと同様のデザインのコーヒーカップのようなカップが出てきました。ここではシードルは持ち手付きのコーヒーカップのようなもので飲むようです。

Cafe de Louest
1Place Chateaubriand, 35400, Saint-Malo
Tel +33-2-9956-6349


海側から見た街の外観<stmalo-p01>


街は城壁に囲まれている<stmalo-p52>


城壁内は端正な街並みです<stmalo-p23>


城壁の門の電飾<stmalo-p10>

城壁内の電飾<stmalo-p12>

シードルは陶器のカップで飲む<stmalo-p02>

ホテルの外観<stmalo-p14>

サン・ヴァンサン大聖堂<stmalo-p17>

モダンな家具屋<stmalo-p19>

街のあちらこちらにこの手のものが<stmalo-p01>

朝の街並み<stmalo-p47>

海岸線は海水浴場<stmalo-p24>

海側から見た街の外観<stmalo-p33>

海の中にプールが<stmalo-p34>

砲台<stmalo-p36>

人擦れしたカモメ<stmalo-p38>

英国へ行く大型フェリー<stmalo-p41>

お菓子屋はカラフル<stmalo-p50>

サンマロ歴史博物館の外観<stmalo-p51>