RUDESHEIM AM RHEIN
リュウーデスハイム
<概要>

 ライン川沿いの小さな町ですが、ライン下りの見所の多い場所への基点として多くの人がここから船に乗ります。

 小さくて、コチャコチャッとしていますが、なんか不思議と楽しい気分になってくる町です。

<見所>

 ニーダーヴァルト記念碑(NIEDERWALDDENKMAL)はドイツ帝国の統一を記念して建立されたものです。小高い丘の上にあり、ここからライン川と川向こうのビンゲン(BINGEN)の町が一望の元です。

 町の中心部の「つぐみ横丁(DROSSELGASSE)」は狭い横丁なのですが、両脇にワイン酒場が軒を連ねて並んでおり、中ではいかにもおのぼりさん風のドイツ人観光客が一年中何時でも飲めや歌えやの大騒ぎ。皆さん本当に楽しそうにしていますよ。なんでもライン河畔産のワインはここでの消費で経営が成り立っているそうです。

 ちょっと町はずれのワイン博物館(WEINMUSEUM)もお勧めです。

<その他>

 事前情報もなく飛び入りでやってきたこの町でしたが、予想外に楽しくおかしな町でした。

 河畔沿いの道路には数え切れないほどのリカーショップが軒をならべ色々な種類のお酒を売っています。ボトルやラベルを見ているだけでも楽しくなってしまいます。

 ホテルは河畔沿いのHOTEL RHEINSTEINに泊まりました。8月にツインで100DMと手頃です。フロントのマダムがご当地のカレンダーをくれたり、ホテル前に路上駐車した車のパーキングメーターに早朝からコインを投入しておいてくれたりと、色々と親切にしてくれたことが印象的でした。人情味あふれる酒場の町という印象です。

 なお、ここからライン川を車で下る場合は西側の岸が景色よさそうだったのでここから反対岸へフェリーで渡りましたが、確か5DM位でした。


つぐみ横丁<絵葉書>

ご当地ワインのラベル

HOTEL RHEINSTEIN<パンフレット>

フェリー<フェリー時刻表より>