MONSANTO
モンサント
<概要>

 モンサントは山の斜面にへばりついた小さな村です。”最もポルトガルらしい村”に指定されたことがあるとか。何が最もポルトガルらしいのかはよく分からないのですが、山間の穏やかな村ではあります。

 一応、マトリス教会(Igreja Matriz)、ミセリコルディア教会(Igreja da Misericordia)、ルカーノ塔(Torre de Lucano)などが見所で、ポウザーダ・デ・モンサント(Pousada de Monsanto)などもありますが、ここは特定の遺跡や教会を見ると言うよりは、村全体の雰囲気を楽しむところだと思います。鶏が自由に歩き回り、庭先でお年寄りが野菜を洗っていたり、道端で編み物をしていたり、そんなのんびりした風景でした。

村の奥へと入って行くとゴロゴロした大きな岩を利用したり、その岩をの間に挟まったりした民家が続きます。村の頂上には城塞跡があります。郵便局のちょっと奥には一応、ツーリスト・オフィスがあり、小綺麗な村のパンフレットが貰えました。

Casa JOVA
駐車場近くのレストラン。


町の全景<monsanto-l01>


石を利用した建物が多い<monsanto-l04>


ミゼルコルディア教会<monsanto-l02>

マトリス教会<monsanto-l06>

玄関には鉄の鎖が<monsanto-l03>

会<monsanto-l07>