SINTRA
シントラ
<概要>

 山間の緑の中にひっそりとたたずむ町、それがシントラです。リスボンから近いせいもあって、沢山の観光客がやって来ます。UNESCO世界遺産にも登録されているこの町は全体が箱庭のようにこじんまりとして美しい町です。緑の木々生い茂る山の中に壁が色とりどりで可愛らしく家並みがあり、昔は貴族の避暑地だった街並みはとってもお洒落で可愛らしいのですが、あまりにも観光地化し過ぎてテーマパーク的な感じがしないでもないですね。

<見所>

 まずは王宮を見学。特に、大きな厨房が印象的です。厨房から突き出す円錐形の巨大で白い煙突2本は王宮の外観上の特徴になっています。
 次に王宮から坂道を若干下ってゆくと木々に囲まれたムーア人の泉(FONTE DOS MOUROS)がありました。その名の通り、イスラム風の細工がとても美しい泉です。地元の人はペットボトルを持ち込んで水を汲んで帰るようですが、果たして美味しいのやら。

 ペナ宮(PLACIO DA PENA)の駐車場に着いて、そこからバス(EURO1.50/人)でペナ宮に登ります。ペナ宮は、イスラム的な部分があったり、ゴシック様式があったり、ルネッサンス風であったり、何だか訳の分からない建物。色の組合せも奇抜でありおとぎ話的ではあるが、優雅な感じはししませんでした。後で、このペナ宮は、ドイツのノイシュバンシュタイン城を作ったルートヴィヒ2世の従弟であるフェルディナンド2世が廃墟だった修道院を改修して1850年に完成させたらしいと聞いて、何となく合点がゆく。成金趣味的に脈絡無く、良いと思った物を模倣して集めた感じ。でも、それがまた不思議な感じで面白くもありますが・・・。

<レストラン>

"Taverna" (Bar Restauramte)
Rua Escadinobas do Teixeira, 3
ちょっとイタリアンっぽい感じの店だけどちゃんと郷土料理も出てくる。若い従業員が一生懸命働いている感じでとても好感が持てました。

Piriquita
Rua da Padarias, 1
何の変哲もない小さなパティセリエ(菓子屋/パン屋)。人気菓子はトラヴェッセイロ(TRAVESSEIRO)と言い、アーモンド粉の入った固めの卵黄クリームが中央に入った細長いパイです。

<ホテル>

Hotel Tivoli Sintra (★★★★)
Praca da Republica Sintra
Tel : +351-21-923-0063 /Fax
EURO104.75 (BF&TAX incl.) by HotelBook.com
意外に立派で、部屋には大きなベランダがあり、日よけの屋根は電動でせり出す仕掛け。


王宮から見た街並み<sintra-l05>


王宮から見た街並み<sintra-l02>


狭く傾斜した通りが多い<sintra-l06>


ムーア人の泉<sintra-l03>


彩り鮮やかな街並み<sintra-l01>

ペナ宮<sintra-l07>

ペナ宮<sintra-l04>