MANTOVA
マントーヴァ
<概要>

 町の西、北、東をそれぞれスペリーオーレ湖(Laggo Superiore)、メッゾ湖(Laggo di Mezzo)、インフェリオーレ湖(Laggo Inferiore)の3つの湖に囲まれた町です。人口5万人強のロンバルディア州県都。起源はローマに先行するエトルリア人の町との説があるらしい。14世紀からはゴンザーガ家(Gonzaga)によって400年間に渡って統治され繁栄したと言う。

<見所>

 全体に赤茶けた感じの落ち着いた街並みです。魚市場のある漁師通り(Via Pescheria)から北へ向かうと運河(Rio)があり、そこから先が旧市街です。まずはサンタンドレア大聖堂(San Andrea)の前にあるマンテーニャ広場(Piazza Mantegna)へと足を運びました。サンタンドレア大聖堂は1472年から建設が始まり、18世紀になって完成に到っており、まさにゴンザーガ家統治のシンボルのような存在です。その前マンテーニャ広場は大聖堂の前庭程度の小さな”広場”です。

 そこからサンタンドレア大聖堂の東側に回るとエルベ広場(Piazza delle Erbe)に出ます。こちらもマンテーニャ広場よりは若干広い程度ですが、その脇にレンツォ円形聖堂(rotanda di San Lorenzo)、時計塔(torre dell'Orologio)、そしてラジオーネ館(palazzo della Ragione)と並びます。円形聖堂は中に入って見ましたが、特にこれと言って珍しいモノを見たという印象はありませんでした。ラジオーネ館の一階はカフェやレストランになっており、外に出されたパラソルが目立ちます。

 大聖堂とラジオーネ館の間をさらに北に行き、大きなソルデッロ広場(piazza Sordello)へと出ました。こちらは広場と呼ぶに相応しい広さがあります。広場の右前には巨大なドゥカーレ宮殿(palazzo Ducale)があり、奥には(Duomo)があります。ガイドブックによるとドゥカーレ宮殿の中に入るにはガイドツアーに参加する必要があるとのことで、朝早くから来てちょっと様子を見てみたのですが、どうやら個人で勝手に見て回ることの可能らしいことが分かり、勝手に見て回りました。途中、面白そうなモノがあると英語のガイドツアーが来るのを待って説明を聞いたりしながらそれなりに結構楽しめました。宮殿の裏にはサン・ジョルジョ城(Castello di San Giorgo)があります。

 町の西側にあるアルコ館(palazzo d'Arco)とサン・フランチェスコ教会(San Franccesco)の方へと散歩し、再びホテルに戻って車に乗り、町の南の外れにあるテ館(Palazzo Te)へと向かいました。

 テ館はゴンザーガ家のフェデリコ二世のために16世紀に建てられた別館です。建物全体は200mx100mにもなり、その周囲をその数倍の広さの公園で囲まれた優雅な別邸です。中には市立美術館(Museo Civico)があり、今回訪問した時には興味深い特設展示会が行われていました。興味深い特設展示会とは、18世紀にゴンザーガ家のSilvio Valenti Gonzaga氏が所有し、大広間に所狭しと並べられていた絵画を再現したものでした。その大広間の絵画コレクションは既に散逸して久しいのですが、1749年に画家Giovanni Paolo Pannini氏が描いたテ宮殿内の大広間の絵を詳細に分析し、そこにあったであろう絵画を世界中から集めて来たのでした。Pannini氏が描いた細密な大広間の絵と、今目の前に並んでいる絵画を見比べながら当時の様子に思いをはせます。(2005.5)

<ホテル>

 普通の生活感のある通りに面した普通のホテル。取り立てて特徴も無かったけれど、フロントの年輩の女性は親切で居心地は良かった。

Hotel Mantegna (★★★)
Via Fabio Filzi, 10 - 46100 MANTOVA
http://www.hotelmantegna.it/index_eng.html
Tel : + 39-0376-328019 /Fax : +39-0376- 368564
EUR120 (incl.BF)

<その他>

 レストランを探してあちらこちら歩き回り、サンタンドレア大聖堂の裏にある金ライオン通り(via Leon d'Oro)で小さな感じの良いレストランを見つけました。外のテーブルに座り、キャンドルの火を灯して貰い、落ち着いた雰囲気でした。妻と二人でカボチャのトルテリーニ、カレー味牛肉のクスクス、セージのフィレ肉、野菜の付け合わせ、壺入りハウスワイン、チョコプリンにパンナコッタ、エスプレッソ2杯でしめて60ユーロ。ちょっと高めかなって思いましたが、小柄でひどくハスキーな声の可愛い少女がテキパキと一生懸命お給仕をしてくれましたので、チップを5ユーロもはずんでしまいました。彼女は胸に手を当てて”本当に!”と何度も驚いて見せて嬉しそうにしていました。

Osteria Leon d'Oro di Bassoli Adriano
Via Leon d'Oro, 6 MANTOVA
http://www.hotelmantegna.it/index_eng.html
Tel : + 39-0376-366724


魚市場のある橋から見た運河<mantova-m01>


マンテーニャ広場とサンタンドレア大聖堂<mantova-m02>


マンテーニャ広場<mantova-m03>


エルベ広場とレンツォ円形聖堂<mantova-m05>


北から見たエルベ広場とラジオーネ館<mantova-m11>


エルベ広場の北側<mantova-m07>

ソルデッロ広場、奥にドゥオーモ<mantova-m08>

ドゥカーレ宮殿<mantova-m09>

ドゥカーレ宮殿の入口<mantova-m10>

テ館の前庭<mantova-m14>

アルコ館<mantova-m12>

サン・フランチェスコ教会<mantova-m13>

テ館の入口<mantova-m15>

18世紀、テ館の大広間の絵<mantova-m17>

マンテーニャ広場に面した家並み<mantova-m04>