RAVENNA
ラヴェンナ
<概要>

 アドリア海を望む人口約14万人の中都市。初期キリスト教時代のビザンチン様式のモザイク画が世界遺産として登録される有名な町。南仏在住時にドイツの友人から”イタリアで最もお勧めの町”と聞かされてからもう8年。ついに来たって感じ。

<見所>

 とにもかくにも初期キリスト教、ビザンチン様式のモザイク画が見物。何カ所かに別れてモザイク画があるのですが、甲乙つけがたいほどどれも素晴らしい。でも、1ヶ所EURO2.00-3.00位で拝観料(?)は結構高いので、まずはEURO6.00で6ヶ所の入場が可能"Ravenna Visit Card"を購入することをお勧めします。年中無休となっていますが、さすがに1月1日はお休みでした。

 まずは"Ravenna Visit Card"で入場できる6ヶ所をご紹介しましょう。

1) 旧市街中心のサンタポッリナーレ・ヌォーヴォ聖堂(Santa Pottinale Nuovo 夏09:00-19:00 冬09:30-16:30):
 496年にテオドリクス王がアリウス派のために建立した聖堂で、横の円形鐘楼は10世紀。内部は簡素な構造ですが、身廊上部には3層のモザイク画が続きます。ラヴェンナから聖者がキリストに向かって巡礼する図、反対側にあるアドリア海側にあるクラッセの町から聖女が聖母子に向かう行列の図が壮観。長い時を経てなお見るものに感動を与えます。

2) サン・ヴィターレ聖堂(San Vitale 夏09:00-19:00、冬09:30-16:30):
 526年に建立された初期キリスト教時代の聖堂です。もっとも奥にある内陣上部のドームに施されたビザンチン様式のモザイク画は必見の価値。光り輝く金色を背景とした色鮮やかな絵は1500年もの時の隔たりを感じさせません。素晴らしいの一言に尽きます。

3) ガッラ・プラチディア霊廟(Mausoleo di Galla Placidia 夏09:00-19:00、冬09:30-16:30):
 サン・ヴィターレ聖堂の隣りにあるギリシャ式十字型の礼拝堂です。質素な赤いレンガの外観の内部にはこれまた素晴らしいモザイク。5世紀中頃というから450年頃のものであり、ラヴェンナでも最古のモザイクらしいです。

4) 大司教博物館(Museo Arcivescavado 夏09:00-19:00 冬09:30-16:30):
 サン・ヴィターレ聖堂の隣り。展示物は少ないのですが、6世紀頃のモザイク画が展示されており、眼前にモザイク技法が見られるのが面白い。

5) ネオン礼拝堂(Battistero Neoniano 夏期09:00-19:00 冬期09:30-16:30):
 レンガ造りの八角形であり、その外観はとても質素。でも内部に入るとハッ息をのむ。モザイクで埋め尽くされたクーポラの美しさはしばし見る人の時間を奪います。

6) スピリト・サント教会(Sprinto Sarino 夏09:30-12:30/15:00-18:30 冬12:00-16:30)とアリウス派礼拝堂(Battistero d. Arian):
 6世紀の小さな洗礼堂の天井にはこれまた見事なモザイク画。

 "Ravenna Visit Card"では入場できませんが、市内から5kmほど郊外のサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂(Santa Pollinare in Classe 夏08:00-12:00/14:00-18:30 冬08:00-12:00/14:00-17:00)は必見です。549年の建立で、鐘楼は9世紀。身廊奥の内陣のモザイク画は特に素晴らしい。キリストと羊で表された12使徒が金色に光り輝く空との下、黄緑色の野に描かれています。意外にも、この金色と黄緑色のコントラストが可愛らしくかつ美しい。個人的には、ラヴェンナでもっとも気に入ったモザイク。

 ラヴェンナの町はずれにあるテオドリクス王の霊廟(Mausoleo di Teodorico 夏08:30-19:00、冬08:30-13:30)はゴート族の王が520年に建立したと言われています。一見して印象の薄い小さな霊廟ですが、直径11m、厚さ1m、230tonの一枚岩(石灰岩)で出来ているクーポラには驚きです。頂部には据え付け時の吊り上げに必要であったであろうと推定される突起物が付いています。

 ブランカレオーネ城塞(Rocca di Brancaleone)は15世紀にヴェネツィア人が築いた城塞です。

 イタリア語で「神曲」を書いたダンテの墓(Tomba di Dante 09:00-12:00/14:00-19:00)もこの町にあります。1321年9月にフィレンツェに戻ることなくこの地で息をひきとったとか。お墓の横にはダンテ博物館があります。

 10世紀に再建されたサン・フランチェスコ聖堂、サンタガタ・マッジョーレ教会(S. Agata Maggiore)等々、宗教建築は沢山あります。

 町の中心はポポロ広場(Piazza del Popolo)。ちょっと小さめの綺麗な広場です。広場の端に立つヴェネツィア様式の2本の円柱が印象的です。

 商店街はかなりお洒落でセンスの良い感じです。カヴール通り(Via Cavour)は特に洗練された感じです。ちょっと横通りに入ると素敵なショッピングモールみたいな場所があったり、お買い物も楽しめそうですね。

<ホテル・レストラン>

 Hotel Dianaは落ち着いた雰囲気で、とっても清潔なホテルでした。スタッフの対応も良かった。

Hotel Diana
via Girolamo Rossi 47 - 48100 Ravenna
Tel : +39-0544 39164
Fax : +39-0544 30001
Email : info@hoteldiana.ra.it
EURO98.00 (B&B)  2002.12.30-2003.1.2

 レストラン ガルデーラは年末年始でもしっかり営業している心強いレストラン。サービス態度も良くて満足です。グリルが得意料理のようです。

La Gardela
via Ponte Marino, 3 - 48100 Ravenna
Tel : +39-0544 217147
Fax : +39-0544 37098


町の中心ポポロ広場<revenna-k17>


コスタ広場<revenna-k01>


お洒落なカヴール通り<revenna-k22>


ガッラ・プラチディア霊廟<revenna-k02>


ガッラ・プラチディア霊廟のモザイク<絵葉書>


ガッラ・プラチディア霊廟のモザイク<絵葉書>


サン・ヴィターレ聖堂<revenna-k04>

サン・ヴィターレ聖堂のモザイク<絵葉書>

サン・ヴィターレ聖堂内部<絵葉書>

テオドリクス王の霊廟<revenna-k06>

サンタポッリナーレ・ヌオヴォ聖堂のモザイク<絵葉書>

サンタポッリナーレ・ヌオヴォ聖堂<revenna-k07>

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂<revenna-k10>

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂のモザイク<revenna-k08>

ダンテの墓<revenna-k18

スピリト・サント教会<revenna-k12>

アリウス派洗礼堂<revenna-k11>

ショッピングモール<revenna-k21>

サン・フランチェスコ聖堂<revenna-k19>

サンタガタ・マッジョーレ教会<revenna-k20>
>
レストラン、ガルデーラ<revenna-k16>

ブランカレオーネ城塞<revenna-k05>

なぁに〜?<revenna-k13>