PISA
ピーサ
<概要>

 ピサの斜塔、あまりにも有名ですね。斜塔の周りには見事な大聖堂や礼拝堂などがあり、その広場そのものがUNESCO世界遺産に登録されています。

<見所>

 ピサと言えば何といっても斜塔(TORRE PENDENTE)が有名ですが、ピサ中央駅からは北に1.2kmほど離れており、その間はこれといった見所もありません。

 ピサの斜塔は一時期かなり傾いたので、傾いている方向と反対側に鉛ブロックを積んだり、ワイヤーで引っ張ったり、色々と対策を施しました。しばらくの間、登ることが禁止されていました斜塔ですが、2001年12月からは再び登ることができるようになりました。

 斜塔の回りには大聖堂(DUOMO)、礼拝堂(BATTISTERO)、墓地(CAMPOSANTO)があります。大聖堂は12世紀の大きな建物(95m×32m)で、内部の説教壇の彫刻は一見の価値があります。礼拝堂は直径35mの円筒形の建物で、やはり12世紀の建物です。墓地の建物は13世紀に建設が始まったものです。回廊の床は石棺で敷き詰められています。建物内部には美しいフレスコ画にて彩色されていたそうですが、大部分は第二次世界大戦にて破壊されたそうです。

<その他>

 ちなみに、斜塔ってヨーロッパには結構沢山あるそうです。友人が斜塔を見つけるバイクツーリングクラブってのに所属していました。

 さらに余談ですが、中国の蘇州市には虎丘という公園があり、その丘の上にある7階建ての塔(10世紀)は度重なる戦火により傾いてしまっています。中国版「ピサの斜塔」です。


大聖堂、ピサの斜塔<pisa-c02>


大聖堂<pisa-h04>


ワイヤーで引っ張られているピサの斜塔(2000.2.11)<pisa-h02>

礼拝堂、大聖堂、ピサの斜塔<pisa-c01>

礼拝堂、大聖堂、ピサの斜塔<pisa-h01>

墓地内部のフレスコ画<pisa-h07>

墓地の回廊(床は石棺)<pisa-h05>

墓地の中庭<pisa-h06>