AMALFI
アマルフィ
<旅のメモ>

1999.2.9

 ソッレント(SORRENTO)を起点にアマルフィ海岸をドライヴしました。ポジターノ(POSITANO)からイタリア屈指の奇観と称される海岸線の絶壁を貫く沢山のトンネルをくぐり抜けます。そして最後のトンネルを抜けると、突然アマルフィ(AMALFI)の中心街に出ます。この中心街のすぐ右手は港で、その横には海水浴の出来る砂浜があります。

 人口約5600人のアマルフィはソッレントからサレルノにかけてのアマルフィ海岸(Costiera Amalfitana)を代表する観光地です。急勾配の斜面に階段状に続く白壁の家並みが地中海へと落ち込んでいく様子が印象的です。

 まずは海岸線の駐車場に車を停め、ドゥオーモ・ディ・サンタンドレア(Doumo di Sant'Andrea)へと向かいました。9世紀に建造され、その後も何度か拡張されたドゥオーモはコンスタンティノープルで鋳造されたブロンズ門が有名です。どことなく東洋風な印象を抱かせる外観を持っていますね。天国の回廊(Chiostro del Paradiso)にはドウォーモの左側から入ります。

 狭い路地に足を踏み入れると白壁の家並みに可愛らしいお店などが沢山あり、ついつい時が過ぎてしまいます。

 一通り、町中を散歩して、次は高台にあるラヴェッロ(RAVELLO)へと向かいます。


アマルフィの町並み<amalfi-e01>


天国の回廊への入口<amalfi-e04>

ドゥオーモ・ディ・サンタンドレア<amalfi-e05>

海岸線のメインストリート<amalfi-e03>

バール<amalfi-e07>

町並み<amalfi-6j05>

狭い路地<amalfi-e06>

冬の海岸<amalfi-e02>

冬の海岸<絵葉書>