COLMAR
コルマール
<概要>

1999.2.12

 ヴェネツィア(VENEZIA)を昼12時に出発し、ミラノ(MILAN)、ルガノ(LUGANO)を経由してアルプスを越え、ルッツェルン(LUZERN)、バーゼル(BASEL)、フライブルグ(FREIBURG)を経由してコルマール(COLMAR)に到着したのは夜の7時頃。辺りはもう真っ暗で、シーズンオフで人影もなく閑散とした町並みです。

 2度ほど来たことがあるので町の様子はだいたい分かっています。真っ直ぐHotel Mercure Champ de Marsへと向かいました。飛び入りでしたが、閑散期なので部屋は簡単に取れました。

 夕食はホテルの可愛らしい女性スタッフに教えて貰ったレストランCROCUS(Rue J.B. Fleur)へと。ホテルを出ると、照明も少なく、人影もなく、異様に寂しい感じ。春や夏の時期の華やいだ雰囲気とは大違いです。凍った歩道を冷たい夜風に吹かれながら歩くこと3分。すぐ近くにレストランはありました。

 若いシェフが切り盛りするモダンな感じのお店です。季節外れにやって来た我々東洋人カップルを暖かく迎えてくれます。他には20代の友人同士のような男女が数人、楽しそうに食事をしていました。ここはアルザス地方なので久しぶりにGewurtstraminer(白ワイン)をお願いし、久しぶりの本格的フランス料理を楽しみました。とっても感じよいレストランでした。

1999.2.13

 朝、外気温は零下ではないかと思うような寒波。9時頃からちょっとだけ散歩しましたが、朝早いのとシーズンオフなのとで町中はガランと寂しく、冷たい風がいっそう冷たく感じました。色々と見るところはあるのですが、今回は先を急いでいるので10時半頃にはコルマールを出発し、ブリュッセル(BRUXELLES)へと向かいました。ベルギーの国境を越えた辺りのサービスエリアで一休み。ブリュッセルの市街地図を買ってからお昼ご飯です。周りの人達はよほど東洋人が珍しいのか、ジロジロと見られてしまいました。別に、何も悪いことはしていないのに。


街の地図

冬の町並み<colmar-e01>

ドイツ的な感じの町並み<colmar-e03>

運河沿いのの町並み<絵葉書>

ボアルザス・ワインの畑<絵葉書>

シュークルート<絵葉書>