POSITANO
ポジターノ
<旅のメモ>

1999.2.9

 ソッレント(SORRENTO)を起点にソッレント半島(Penisola Sorrentina)のアマルフィ海岸(Costiera Amalfitana)をドライヴしました。まずはポジターノ(POSITANO)。人口3,600人ほどの小さな港町ですが、アマルフィに勝るとも劣らないリゾートです。

 山から海岸線に落ち込む坂の途中にできた不思議な町です。車で下へと下りてみたのですが駐車スペースなどなく、再び幹線道路のレベルまで登るあたりでテラス状に張り出した有料駐車場を見つけました。

 徒歩で坂を下りていくとサンタ・マリア・アッスンタ教会(St. Maria Assunta)があります。この教会には18世紀のマジョルカ焼の大クーポラがあり、内部には13世紀の聖母マリアの板絵(黒聖母と呼ばれる)が飾られています。

 石灰岩で白く塗った民家の壁、ホテル、レストラン、商店が美しく、可愛らしい町です。人影もまばらでしたが、夏はたいそう賑やかなことでしょう。

 海岸線に最も近いレストランで昼食を取りました。寒さにもめげず、敢えて屋外の席を頼んだら、かなりご年輩のカメリエーレがヒーターを持ってきてくれました。南伊の人って、本当に親切な人達が多いようですね。

 食事を終えて、次はアマルフィ(AMALFI)へと向かいます。


浜辺から見た町並<positano-e04>


白壁の小路<positano-e02>

幹線道路から浜辺へ向かう道<positano-e01>

浜辺から見た町並<positano-e03>

浜辺のレストランで昼食<positano-e05>