SORRENTO
ソッレント
<旅のメモ>

1999.2.8

 オルヴィエート(ORVIETO)から南へ下り、ナポリ(NAPOLI)を経由してソッレント(SORRENTO)へと向かいました。300km強を4時間程度で突っ走ります。ナポリの料金所では、料金の支払いのために並んでいる車に寄ってきて小銭をねだる怪しげな連中が結構います。料金所の窓口も郵便局や銀行の窓口みたいに完全に密閉されています。「連中」から離れたゲートの列に並び、やがて近寄ってきたところを間一髪で飛び出し、セーフ。

 でも、ナポリを過ぎると雰囲気は穏やかです。一般道路に下りてのんびりとソッレントへと向かいます。「帰れソレントへ」の歌で日本人にも良く知られた南伊を代表する観光地の一つ。ナポリから南に40km弱、ソッレント半島(Penisola Sorrentina) にある人口2万人に満たない小さな町ですが、ナポリとは大違いで穏やかで優しい雰囲気の保養地です。

 冬なので到着した午後5時頃から外は暗くなりはじめ、ホテルを探し回って右往左往しているうちにあたりはもう真っ暗。おまけに小雨まで降り出した。さらにシーズンオフなので街角には人影はまばらです。

 今回のホテルは超豪華なエクセルシオール。ようやく入口ゲートを見つけましたが、そこから公園かと思うような広い庭の奥へと進と、クラッシックで立派な建物が見えてきます。でもシーズンオフなので380,000リラ(約23,000円)で泊まれました。妻が以前ソッレントに遊びに来たときに泊まったので、「懐かしいから泊まりたい!」とのリクエストに応えての投宿でした。恥ずかしげも無く、フロント嬢相手にさらに値切ってみたのですが、「ディスカウントは出来ないけれど、眺めの良い部屋を用意するわ!」なんて軽くいなされてしまった。さすがは豪華ホテル嬢です。でも、でも、建物、調度品、景観、庭園、スタッフの質、どれをとっても今まで最も趣と価値を感じる素晴らしいホテルです。

Grand Hotel Excelsiore Vittoria
Piazza Tasso, 34 - 80067 SORRENTO
Tel : +39-081-807-1044
F
ax : +39-081-877-1206
Web: http://www.exvitt.it
E-Mail: exvitt@exvitt.it

 夕食はホテルで紹介してくれたIl Mulino。結構ハデハデのお店なのですが、オフシーズンでほとんど人がいないので逆に妙に雰囲気のある落ち着いたレストランになっていました。巨大なモッツァレッラチーズ、愛想の良いカメリエーレ(給仕)、過剰な音楽と装飾、全てが南国の避暑地という感じで楽しめました。

1999.2.9

 のんびりと起きて、ちょっとした断崖の上にあるこのホテルのテラスからの地中海を眺め、ああ、ここのホテルにして良かったと実感です。遠くにはヴェスヴィオ火山やナポリの町並みも見えます。
 早朝は厚い雲に覆われていましたが、遅い朝食を済ませた頃には空が青くなり始めました。これは良し、今日はアマルフィ海岸へでもドライヴしてみようと、付近の地図を買って出かけました。

 ソッレントを離れると途端に田舎の雰囲気です。海岸線へと急激に下る斜面の中腹を走る道路の両脇には2月だというのにあちらこちらに檸檬やオレンジがなっています。ソッレント半島の反対側に抜けると道路は岸壁に沿っていよいよ狭く曲がりくねります。夏場、大型観光バスが正面からきたら、どうやって交わそうかと心配に思うほど狭い道。でも、その分、景色は最高です。

 この日はポジターノ(POSITANO)、アマルフィ(AMALFI)、ラヴェッロ(RAVELLO)を回ってソッレントに戻りました。夕食ですが、シーズンオフなので開業中のレストランは少なく、再びホテルスタッフのお薦めの店に向かったのですが、そこにはホテルで見かけた宿泊客だらけ。何となく同じ行動が嫌なので、ホテルに戻って品数も少なくガランと空いたホテルレストランで夕食です。でも味は良かったのがせめてもの救い。

1999.2.10

 断崖の上に立つホテルの下にはマリーナ・ピッコラ(Malina Piccola)があり、カプリ島(Capri)へ行く船が出入りします。のんびりと朝食を取って、9時頃にマリーナ・ピッコラへ行ってみると、カプリ島行きの船はもう無いとか・・・。シーズンオフなので便数が極端に少ないようです。

 仕方がないので、ソッレント半島のマイナーな場所をブラブラとドライヴすることにしました。取りあえず、狭そうな道を選びながら走り、カントーネという小さな海岸リゾート、カプリ島が望める半島の先などを回り、夕方には再びソッレントに戻ってきました。

 それからソッレントの町中をブラブラとお散歩です。それほど有名な見所はありませんが、古くて可愛らしい感じの町で好感が持てます。

1999.2.11

 今日は遠出をするので早めに起きて出発の準備です。まずはシエーナ(SIENA)にちょっと立ち寄ってから、カーニヴァルで賑わうヴェネツィア(VENEZIA)へ向かいます。


ポソッレントの全景<sorrento-e06>


海岸線からの断崖上に立つエクセルシオール<sorrento-e09>


ナポリ側に見えるヴェスビオ火山<sorrento-e12>


カプリ島行きの最終船が出る・・・<sorrento-e02>


ホテル エクセルシオール・ヴィットリア<sorrento-e05>

エクセルシオールから海岸へのエレベータ<sorrento-e08>

エクセルシオールの階段踊り場<sorrento-e07>

カプリ島から来た船<sorrento-e03>

マリーナ・ピッコラ<sorrento-e01>

エクセルシオールの前庭<sorrento-e10>