ST-EMILLION
サンテミリオン
<旅のメモ>

2008.12.26

 今日もまたまた快晴です。明るくなった8時半頃に朝食を済ませ、早々にBordeauxを後にしてSt-Emilion(サンテミリオン)へと向かいました。世界遺産だけあってクリスマス明けにも関わらずワイン屋は沢山営業しています。可愛らしい町です。坂の上の町営のワインカーヴで地元St-EmilionのGrand Cruを2003年、2004年、2006年と3本買いましたが、合計で60ユーロです。日本だと2〜3倍はするでしょうね。それに酸化防止剤が入っていないのが嬉しい。別のお店で更にワインボトルのネックレスを買ってからLa Rochelle(ラ・ロッシェル)へと向かいます。相変わらず良い天気です、この時期、こんなに毎日晴れるなんて奇跡的です。

 でも、後で思い出しました。今は液体類を機内に持ち込むことが出来ない事になっています。厳重に梱包してスーツケースに入れるしかありません。もう30年も前のことですが、スーツケースに入れたスコッチウィスキーのボトルが割れており、ベルトコンベアーから取りあげると、スコッチがザーッと漏れだし、辺り一面スコッチ臭が充満したことを思い出しました。3本もスーツケースに入れるとちょっとヤバイかも。出発前に一本飲んでしまおうっと。

 La Rochelleに向かう途中の小さな町の外れにあるレストランでメニュ(定食)の昼食を取りました。ポツンと道路沿いにあり、なんとなくあか抜けない感じ。お店の若い男子店員、高校生くらいでしょうか、日本人に慣れていないのか最初は遠目から見ているばかりでなかなか近寄って来ませんでした。お店の主人がカルテ(日本で言うメニュー)を持ってきたときにこちらが片言のフランス語を話すと安心したようで、若い男子店員もそれからは近寄ってお給仕をしてくれました。1人11.9ユーロと手頃な値段なメニュ(定食)で軽く昼食を済ませました。


街の入口にさっそくワインショップ<stemilion-p01>

街の中<stemilion-p02>

古い石造りの街です<stemilion-p03>

さすがに人影がない<stemilion-p04>

モノリスの教会<stemilion-p05>

モノリスの教会<stemilion-p06>

街の中<stemilion-p07>

街の中<stemilion-p09>

通りにはワインショップが沢山<stemilion-p10>

世界遺産マーク<stemilion-p11>

街の全景<stemilion-p12>

郊外のブドウ畑<stemilion-p16>

郊外のブドウ畑<stemilion-p18>