TRANSPORTATION-1
往路
<旅のメモ>

2010.4.28

 出発の10日ほど前にアイスランドの火山が噴火したせいで英、仏、独、伊、西などの主要空港が軒並み数日間閉鎖になった。当初はワシントンDCからパリを経由してリスボンへと向かうチケットを購入していたが、パリは北にあるので再閉鎖の可能性が高い。遊びに行って帰って来られないとマズイので一週間前にフライトを変えた。本当はワシントン・ダレスIAD空港からリスボンの往復を取りたかったのだが、スターアライアンスの特典航空券にて直前の予約だったので取れたのは以下のルートだった。

  DCA => PHL(フィラデルフィア) US750
  PHL => MAD(マドリッド) US740
  
MAD => LIS(リスボン) TP725

  LIS => EWR(ニューアーク) TP103
  
EWR => DCA CO307

2010.4.29

 リスボンにて飛行機から降りてちょっとトイレによったりなどしてBaggage Claimに行ったら既に荷物は出ていた。前回はベルトコンベアーの前で40分くらい待たされたことを思い出した。今回も色々と気持ちが焦ることはあったりしたが、結果的に非常にスムースに三つのフライトを乗り継いでリスボンに無事到着した。早速Hertzで車を借りてリスボン空港を出たのは11時前。今回はRenault Seniac。ちょっと丸っこい車。晴天で気温は21度。でも日射しがきつくて体感温度はそれ以上。半袖でもいいくらいの感じです。高速道路A1に乗って2時間ほど走り、Coimbra(コインブラ)には午後1時頃に到着した。