NICE
ニース
<旅のメモ>

2010.11.22

 15時にPaviaを出発。Genovaを経てNiceへと向かった。PaviaからA8に出るまでちょっと迷ったのでニースに着いたのは19時頃。今回はPromenade des Anglaise沿いのHotel West End。向きはもちろんSea-View。朝のコートダジュールの光を楽しみにしてのことはもちろんです。前回泊まったWestminsterと同様の感じで昔ながらの大型リゾートホテルです。中は最近改装を終えたばかりなのか、モダンで清潔な白のエナメル塗装の内装。Best Western系列になっていたのでサービスは悪くありません。フロントに教えて貰ってホテル裏の駐車場に車を停めた。

West End Promenade des Anglais
31, Promenade Des Anglais, Nice , 06000
Tel +33492144400 info@poderedellarco.com
EURO187 /night (incl.TAX/BF)

 さっそく夕食へ。今回の旅の重要なイベントで、事前に予約を入れていたKeisuke Matsushimaへ出かけた。

Keisuke Matsushima
22 ter rue de France 06000 Nice, Tel 04-93.82-26.06
www.keisukematsushima.com

 日本の若いシェフが頑張っていて、ミシュラン一つ星を取ったりしている。モダンな内装に繊細な料理。米国で言ういわゆるFusionの感じ。ワインリストに2004 Chateau Simoneを見つけたのだが、残念ながら在庫はなかった。同じPaletteのワインを進められたので試してみた。先付けの飴がけのホオズキ、対でロブスターの冷製スープ、ちょとだけグリルしたホタテ、これも軽くグリルしたLoup(スズキ)、ちょっと甘いソースをかけた山ウズラのロースト。デザートはフェンネルのアイスクリーム。最後にカフェ。しめて215euroにチップ20euro。とても繊細でどれも臭みがなく、上品な味わい。文句のつけようのないバランス。

2010.11.23

 朝からリビエラは最高の晴れ。プロムナーデ・ザングレ沿いのホテルの部屋にはコートダジュールの朝日が燦々と降り注ぐ。眩しくて寝てられないのでちょっと旧市街へと散歩。昔Vin Jauneを買った店に行ってまた買おうと思ったのだが、1992年Arboisが500ユーロ、2002年が300ユーロと余りに高いので止めた。

 プロムナーデ・ザングレ沿いはなんとなく安っぽい装飾やモダンな建物が増えて残念。ニースのちょっと19世紀風で上品で高級な感じが薄れてきているような気がした。スイスのローザンヌなんかも40年前と比べると、ずいぶんとすり切れて疲れた感じになって、中国人が腕時計を買いあさっていたりする。ニースもそんな風に凋落するのだろうか。

 そんなことを思いながらースから海岸線沿いにイタリアン・リヴィエラへと向かう。


今宵は超高級Hotel Negresco?! ではなくて


その隣のHtel West Endでした。


今回のメインイヴェントの一つ。
Restaurant Keisuke Matsushimaで夕食。
とっても繊細で緻密な味わいの料理。

朝のPromnade des Anglais。これ朝ですよ!

11月後半でもの朝の陽光がまぶしい!!

とにかく明るいCote d'Zurです。

Promnade des Anglais。この景色が大好きです。

Promnade des Anglaisにも品のないものが。

Jardin Alber 1er。

Jardin Alber 1erのメリーゴーランド。

ここが昨夜のRestaurant KeisukeMatsushima。

Hotel West Endも結構高級ホテルです。