SORRENTO
ソッレント
<旅のメモ>

20135.1

 Sorrentoも市内は観光客で賑わっている。ホテルはMarina Piccolaの付近。宿泊客なので歩行者専用地区に来るまで入って行く。途中、ちょっと道を間違えたのでその辺のお店の人に聞いて軌道修正。なんとかMarina Piccolaにたどり着いたがホテルの場所が分からない。お土産屋に聞いてようやく分かった。この先だって。この先?左はレストラン、右は土産物屋、正面は海じゃありませんか。えっ?海に落ちる前に右折する?建物の角が張り出し、曲がった後は幅2mもない。右手は石の壁、左はストンと海へと落ちている。なんかの間違いでしょ?別の入口があるんでしょ?そう思ってもう一度辺りを周回したが、ここしかない。 路上に駐車してホテルのスタッフに聞いたら、やっぱりここを曲がれとのこと。うーん、意を決して溢れる観光客を押しのけて奥へと入り、ハンドルを右に切り、曲がろうとする。左は海なので落ちたくないから自然と右の石壁寄りになる。やっぱり曲がりきれずに角に接触した。周りの野次馬がでワイノワイノ言うモノだから焦って操作を間違って右のドアをかなり傷つけてしまった。石壁から車体を離したところで、地元のお兄ちゃんが代わって運転してくれて何とか曲がりきれた。ふーっと一息。車はホテル入口手前のガレージに納めてくれた。駐車場代は不要です。

 ホテル、といってもB&Bでオーナーは隣の家にいて、宿泊客は鍵を貰って出入りする。部屋は古い建物をそのまま利用しており、インテリアとっても素敵な感じです。窓からはMarina Piccolaが目の前です。部屋は4部屋あって、その真ん中に朝食用のスペースがある。案内してくれた女性スタッフも穏やかな感じ。ちょうど、前回泊まったExcelsior Vittoriaの真下です。

Marina Piccola 73
Via Marina Piccola 73, Sorrento, 80067
Cell +39335234229 Tel +39 081 8071643
info@marinapiccola73.com
EURO120.00 / night (incl.TAX/BF)

 気を取り直して散歩です。ここは海岸線なのでダウンタウンへは階段を登ってゆきます。レストランの横を抜けるとPiazza Sant’Antoninoに出ました。Paizza Tassoに出て、そこから両脇に色々なお店が並ぶ狭いVia San Sesareoを歩き、Duomoの前を通って今度はCorso Italiaを駅方面に向かって歩き、途中でCD屋を覗いたりして一度ホテルへと降りました。

 今夜の夕食はちょっと高級め。再び階段を登ってダウンタウンへと上がりました。サービスでイワシとモッツァレッラが出て、タコとアーティチョークのカルパッチョに茹でたジャガイモ、ミント、ルッコラのサラダ、これが美味かった。そして小さいモッツアレッラを使ったカップレーゼ、カサゴとパッケリパスタ、Sea Bassのグリル、デザート、サービスの菓子、地元ワインを1本、炭酸水、エスプレッソ2杯。132ユーロ。

L’Antica Trattoria
Via Padre R. Giuliani 33, Sorrento
081-807-1082

2013.5. 2

 朝食は6人掛けと2人掛けのテーブルがあり、8人分がセットされています。席に着くとやがて昨日の女性がやってきてコーヒーの好みを聞きに来ます。食事をしているうちに老夫婦がやって来ました。マイアミからの旅行者でした。ナポリの印象は非常に良かったみたいでした。タクシーを除いて。絶対に釣り銭は戻さないから丁度の金額を払った方がよいと。でも、人は良くて見るものが一杯だって。今日は運転手を準備してAmalfi海岸へと行くらしい。

 今日はCapri島に行くつもりで船の時間も事前に調べてあります。ホテルのすぐ前がMarina Picclaですから便利です。ちょっと安めのフェリーCaremarの往復チケットを買いました。 夕食はホテル・オーナーの娘に教わったダウンタウンのDa Giginoへ行ってみました。庶民的な感じのお店です。サービスも良く、味も良かったし、ウェイトレスの若い女性が綺麗だった。ニース風サラダ、アサリと海老のパッパルデッレ、水牛のモッツァレッラのマルゲリータ、Dolce、ハウスワインMezzo Litle、炭酸水、エスプレッソ2杯で48.5ユーロ。まあまあお値打ちです。

Ristrante e Pizzeria Da Gigino
Via degli Archi 13/15, 80067 Sorrento
+39-081-878-1927

2013.5.3

今日の朝食も6人掛けと2人掛けのテーブルがあり、8人分がセットされています。今回も我々が一番先で、席で先にフランス人の夫婦が座っていました。席に着くこうとしていたときに昨日の女性がやってきてコーヒーの好みを聞きに来ました。食事を終えてチェックアウトして出るときに、Geneve近辺のフランスから来た夫婦が朝食を取っていたのでとちょっと話してみたら、やはりナポリの印象が良かったみたい。

 荷物を車に積んで、あの恐怖の角を曲がることになります。出ようとしたら丁度、食料品を運び込む小型トラックが入ってきて、荷物を降ろすまで待たされた。出るときは比較的すんなりと出られた。

一昨日立ち寄れなかったPositanoへ行ってみようと出かけたのですが、やはり車が混んでいて停めるところが見つけられない。諦めてSorrentoに戻り、高速道路に乗ってPozzuoliへと向かいます。


かまって欲しい黒猫


Marina Piccolaの海岸線にExcelsior Vittoriaのエレベータ


Marina PiccolaからDown townへ上ります


Marina Piccolaへ下る道


Piazza Sant’Antonino


Paizza Tasso

Marina Picclaから登る階段

L’Antica Trattoria

タコとアーティチョークのカルパッチョに茹でたジャガイモ、ミント、ルッコラのサラダ

小さいモッツアレッラを使ったカップレーゼ

カサゴとパッケリパスタ

Sea Bassのグリル

色々なお店が並ぶ狭いVia San Sesareo

ウインドウショッピング

埠頭から

Ristrante e Pizzeria Da Gigino
水牛のモッツァレッラのマルゲリータ

アサリと海老のパッパルデッレ

Hotelの朝食

部屋の様子

Positanoへ行ってみようとしたが、混んでいて車を停められない