CAGNES-SUR-LA-MER
カーニュ・シュル・ラ・メール
<旅のメモ>

1999.8.13

 午前中にニース(NICE)を出発し、西へ13km走り、カーニュ・シュル・メール(CAGNES-SUR-MER)に到着です。現在ではニースのベッドタウンの一つですが、緩やかな斜面に突き出した丘の上にあるオー・ド・カーニュ(HAUT-DE-CAGNES)と呼ばれる旧市街は昔のたたずまいを見せています。この旧市街、ものすごく道路が狭いんです。昔、大きなBMWで入り込んで、ボディを擦りながら脱出した嫌な思い出があります。

 今回はすぐにシャトー美術館(Chateau de Cagnes Musee)の下にある駐車場に車を停め、美術館へ登って行き、中にはオリーヴ油製造の博物館とシャガールや藤田嗣治の作品なんかを見ました。昼食はHotel Le Cagnardのレストラン。ミシュランの1つ星です。

LE CAGNARD(★★★★)
Rue Sous Barri
Tel : +33-4-93.20-73.21
Fax : +33-4-93.22-06.39
http://www.le-cagnard.com

 食事を終えてから、ワインの酔い覚ましにと、La Maison de Renoir(ルノワールの家)を訪ねました。室内には彼の作品も幾つか展示されており、ゆったりと暮らしたであろう彼の晩年が思い起こされます。そして、広い庭と地中海を見下ろせる明るいガラス張りのアトリエ。このアトリエからの見下ろす地中海の眺めはとっても素敵です。

 酔いも醒めて、夕方にはニース(NICE)へと戻りました。


ルノワールの家(中庭)
<cagnes-f03>


ルノワールの家(裏庭)<ルノワールの作品>


旧市街のてっぺんにある城博物館<cagnes-f02>

ホテルLE CAGNARDのテラス<パンフレット>

ホテルCAGNARDのエントランス
<cagnes-d08>