GRASSE
グラース
<旅のメモ>

1999.8.12

 午後にエクサンプロヴァンス(AIX-EN-PROVENCE)を出発し、サント・ヴィクトワール山(ST VICTOIRE)の麓に立ち寄ってからグラース(GRASSE)に到着。カンヌから北へ17kmほど山を登った所にあるグラースは、知る人ぞ知るフランスの香水製造のメッカです。

 まずは国際香水博物館(MUSEE INTERNATIONALE DE LA PAFUMERIE)へ。ここは蒸留器などのマニアックな展示が主体ですが、屋上には香の元となる植物の温室があり、色々な香に包まれています。

 その後、ちょっと狭い旧市街を散策してからFragonardの香水工場を覗いてみました。数年前に何度か来たことがあるのですが、中は以前と全く変わっておらず、何となく安心した気分でした。

 ふらりと町を見て、今夜の宿があるニースへ出発です。ニースまで近いので高速道路には出ずに、山間の一般国道を通ってのんびりとニース(NICE)へ向かいました。


国際香水博物館<grasse-f01>

旧市街への入り口<grasse-f02>

<Pmphlet FRAGONARD>

<Pamphlet GRASSE>