LECCE
レッチェ
<旅のメモ>

2014.4.30

 Lecceは人口約9万人、レッチェ県の県都。古代ギリシャ時代以来2000年以上の歴史を持ち、バロック様式の建築が市内に多いことから「南イタリアのフィレンツェ」とも呼ばれる。

  Lecceには長い歴史がある。伝説によると、レッチェはシバル(Sybar)と呼ばれ、ギリシャ系移民のメッサピ人によってつくられ、トロヤ戦争時代から存在したという。紀元前3世紀には古代ローマに征服された。紀元2世紀のハドリアヌス帝時代、市は3km北東へ移動し、劇場、円形闘技場を建設。ハドリアヌス港(現在のサン・カタルド)ともつながっていた。地元でサントロンツォ(聖オロンツォ)と呼ばれるレッチェのオロンティウスは、市初代のキリスト教司教を務めたとされ、レッチェの守護聖人となっている。

 西ローマ帝国滅亡後、549年に東ローマ帝国に占領され、5世紀に渡って支配を受けた。その間、サラセン人、ロンゴバルド族、マジャール人、スラヴ人の事実上の征服を数回に分けて受けた。

 11世紀のノルマン征服後、ホーエンシュタウフェン家支配、アンジュー家支配時代に繁栄した。レッチェ公国(en)は、1053年から1463年にかけてシチリア王国の最大かつ重要な封土の一つであった。その後、王国の直轄領として併合された。15世紀から、南イタリア有数の都市になり、1630年から貴重なバロック建築の建設が始まった。オスマン帝国による侵攻をかわしたことで、16世紀初頭に新たな城壁と城が神聖ローマ皇帝カール5世 によって築かれた。

 Lecceには13:30頃に旧市内にすんなり入り、ホテル近辺を通り過ぎ、Castello Carlo V(ジャコモ・デッラカジャが1539年から1549年にかけ建設。角張った要塞のある台形の平面図となっている)の向こう側に駐車。ホテルは狭い通りにありそうだったので歩いてホテルを訪ねる。普通のビルにある住居への入口。呼び鈴を押してドアを開けて貰って小さなエレベータで2階へ。普通のアパートといった感じ。奥さんが色々説明してくれるが、英語はほとんどダメ。部屋は広くてモダンで清潔。Piazza S. OronzoとRoman Amphitheatre(ローマ円形闘技場)が見渡せる最高のロケーション。駐車場は奥さんでは説明しきれずに、ご主人が出てきて英語で説明してくれた。自分の持っている駐車許可証でホテルの裏手に路上駐車出来るというのでそうさせて貰った。

Leccesalento Bed And Breakfast
Via Dei Mocenigo, 2 Lecce, 73100
tommaso.carratta@tin.it
Euro77/ night (incl.TAX/BF)

 Lecceは清潔で小じゃれた感じの町です。Roman Amphitheatre は2世紀に建てられ、25,000人以上が収容できた。数世紀にわたって闘技場上部に建物が建てられてしまったため、現在闘技場は半分が地中に埋まっている。隣のPiazza S. Oronzoは聖オロンツォ像を掲げる円柱(La Colonna di Sant'Oronzo) - レッチェの守護聖人である聖オロンツォ像を掲げる円柱は、ブリンディジからレッチェへ贈られた(ブリンディジで起きたペスト大流行の際、聖オロンツォの取りなしがあったとされたことから)。円柱は対になっており、もう一つはローマと南イタリアをつなぐアッピア街道の終着点を示している。

 S. Chiaraを通り、Teatro Romanoに回ってみたが入口は閉まっている。さらにPiazza Duomoへと散歩。Duomoはイタリアで最も壮麗なものの一つ。最初のものは1144年に建てられ、1230年に再建された。1659年から1670年にかけ全体的にジュゼッペ・ジンバロが修繕し、70mの高さの鐘楼も建てた。鐘楼は5階建てで8角形のロッジア(涼み廊)をもつ。Palazzo VescovileとSeminario(神学校)もDuomoの隣りにある。さらに西に進んでChiesa del Rosalio(Chiesa di San Giovanni Battista)へと。再びS. Chiaraに戻ってS. Matteo。外回り、Museo Provinciale(Sigismondo Castromediano)。レストラン探し。

 夜のレストラン探し。最初にAlle Due Cortiwoを見て、Trattoria Cucina Casareccia Le Zie(Via Collonnello Archimede Costadura, 19)に行ったら満席。戻り道、サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)の前を通りかかった。Lecce最重要の建物で1353年に建設が始まったが、1549年まで工事が停止し、完成したのは1695年。動物、グロテスク、野菜などの像で飾られたファサード、巨大なバラ窓がある。隣接するのは、かつて修道院であった建物に入っている庁舎である。

 レストランAlle Due Cortiが空いていたので声をかけて中に入って8時に予約。自家製パスタは最高に美味しかった。馬肉のトマト煮。日本の雑誌にも紹介されていた。Akiraさんも寄っていた。

 Aqua Minerale、2009年にVeronaで賞を取ったSelvarossa Riserva、Antipastoに野菜のFruitti、Primiは手製の平たいパスタのトマトソースRicciareddhe? cu li pummitori scattariciati、Secondiは馬肉のトマト煮Pezzetti te cavalluとタコの煮たものとContorniにチコリ菜の炒め物、DolceのレモンケーキでEuro80。

Alle Due Corti
Corte dei Giugni, 1, Lecce
http://www.alleduecorti.com/

2014.5.1

 10時頃にはLecceを出てTaranto付近を通過してMetapontoへと向かう。途中、曇り空から雨に変わる。Metapontoの近くのTavole Palatine(騎士の円卓:Strada Statale 106, 75012 Bernalda Matera)に立ち寄る。ここには紀元前6世紀のドーリア式神殿の残骸がある。雨が降っているので写真だけ撮ってMetapontoへと向かった。


Via Templariとホテル


Leccesalento Bed And Breakfast


Roman Amphitheatre


Roman Amphitheatre


変わったモニュメント


Roman Amphitheatre


S. Chiara


Via degli Ammirati

Duomo
Palazzo Vescovile

Seminario(神学校)

Via Giuseppe Libertini

Chiesa del Rosalio(Chiesa di San Giovanni Battista)

Chiesa del Rosalio(Chiesa di San Giovanni Battista)

城壁の外

S. Matteo

サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)

Antipastoに野菜のFruitti

Primiは手製の平たいパスタのトマトソースRicciareddhe? cu li pummitori scattariciati

Secondiは馬肉のトマト煮Pezzetti te cavalluとタコの煮たものとContorniにチコリ菜の炒め物

なんとこのお店、1990年代に取材を受けていた

夜も治安の良い雰囲気

朝ご飯!やっぱりケーキが多い

Piazza S. Oronzo

Roman Amphitheatre