MATERA
マテーラ
<旅のメモ>

2014.5.1

  次はMatera。Metapontoから北に向かって走っているうちに晴れてきた。バジリカータ州、起伏ある大地は広大な感じだが大木が少ない。それに人影どころか建物もなく人の手の入った感じが少ない、寂しい感じの土地だ。Materaを超えて北側にあるMallへ行ったがメーデーなので休み。戻ってGPSに従ってMateraのSassi地区に入ろうとしたらSassiの手前で袋小路に入ってしまった。両側の路上駐車で狭くなったところを慎重にバックで脱出。先ずは市内のメインストリートの一つであるVia XX Settenbreに路上駐車し、Piazza Vittorio Venetoに出てSassiを眺める。すごい景観。

 Materaは人口6万人でマテーラ県の県都である。マテーラには、「サッシ」と呼ばれる凝灰岩に穴を開けて作られた家(洞窟住居)がある旧市街地区が有名で、丘になっているチヴィタ地区とサッソ・カヴェオーゾとサッソ・バリサーノという地区に分れている。 1993年に、マテーラの洞窟住居はユネスコ世界遺産となった。

 サッシ(岩壁を意味するサッソの複数形)とは、洞窟住居のことである。マテーラのあるグラヴィナ渓谷は石灰岩の侵食により造成され、渓谷にはこのサッシが何層にも重なって存在している。このサッシがいつ頃から作られたかは不明だが、8世紀から13世紀にかけて、東方からイスラム勢力を逃れた修道僧が住み着き、130以上の洞窟住居を構えていたといわれている。マテーラ周囲からは、旧石器時代の出土品も発見されているため、かなり古くから人々が住んでいたと考えられている。

 15世紀から16世紀には、オスマン帝国に追われたアルバニア人やセルビア人などが移住。当時マテーラを支配していたアランゴーナ家は、この地域をジャンカルロ・トラマンターノ伯爵に売り渡す。トラマンターノ伯爵は、マテーラに重税を課すが、住民はこれに反発し伯爵を惨殺する。

 その後、マテーラは1663年にバジリカータの州都となり繁栄期を迎える。しかし1806年にポテンツァに州都が移され、その後の経済逼迫の影響もあり衰退していく。

 その後、長らく小作農民の住居であったサッシは、南イタリアの貧しさの象徴的な見方がなされ、第二次世界大戦時には不衛生で不便な暮らしが嫌われ、廃墟と化していった。

 その評価を気にしたイタリア政府が、1970年代以降、建築学上貴重なものとして省みるようになった。政府が保存に乗り出し、1993年の世界遺産へ登録が後押しとなり、人が戻り始め、現在は洞窟住居の5分の1ほどが再利用されている。また、サッシを利用したホテル、オフィス、レストランも開業した。

 Sasso Barisanoに降りていってVia Fiorentiniへ。ホテルはSassi Barisanoの中。チェックインして車の持って来方を聞いて再度トライ。Sassiに入る前に警官に停められるので行く先を告げて中に入る。ホテル前に車を着けたらすかさずスタッフがやってきて荷物を出して車をガレージに移してくれた。

Locanda Di San Martino Hotel & Thermae
Via Fiorentini 71, Matera, 75100
http://www.locandadisanmartino.it/
Euro109/night (incl.TAX/BF)

 Sassiの中なので狭いけど比較的高級なホテル。部屋まで狭い階段が幾つかあるが荷物はスタッフが部屋まで持ってきてくれた。部屋は狭いがSassiが眺められる景観は最高です。部屋に入るなり散歩したくてうずうずします。空は晴れたり曇ったりですがすかさず外へ出てみます。先ずはS. Francesco d’Assisi、Duomoを目指します。オリジナルは1270年、プーリア・ロマネスク様式だったようですが、1670年にはバロック様式への改修されています。人影のないDuomoの裏から下に降りSassiの北端を走る比較的広めのVia Madonna delle Virt?に出てみました。途中、Sassiを利用している普通の住宅の庭先を抜けてゆきましたが、人が住み着いて安心感のあるところと空き家で寂しい感じの所があるようです。Via Madonna delle Virt?の北東は断崖絶壁でTevere Gravina di Materaへと落ち込んでいます。その先は急激に立ち上がり山肌に洞窟住居が見える。Sasso Caveoso地区の窟教会S. Pietro Caveosoを遠くに眺め、Via Madonna delle Virt?を戻ってVia Fiorentiniに出てさらに新市街のPiazza Vittorio Veneto、Palazzo dell'Annunziataへと向かいました。

 夜はホテルのすぐ側にあるレストラン。観光地の中なのに意外に素朴で美味しく、おまけにそれほど高くもなく良かった。AntipastoにFormaggi e Latticini Tipici Regionali、PrimiにCavatelli alla Materana con Cardoncelli Funghi e Salsiccia(マテーラのカルドンチェッリ茸と豚肉ソーセージソースのカヴァテッリ)、SecondiにGrigliata Miata(Agnello、Salsiccia、Grimredd(内臓の腸巻))とCostata di Cavallino alla Brace(子馬の炭火焼き)、ContorniにCicolielle Campestr Nassate in Padella(新鮮なチコリ炒め)。

Ristorante Nadi'
Via Fiorentini, 3, 75100 Matera
http://www.ristorantenadi.com/

2014.5.2 

 町を出るのに市内を抜けようとしたが意外にも渋滞にはまってしまい、市内を抜け出すのに時間がかかってしまった。本当は地元工芸品のCuCuを買いたかったのだが、寄っている暇はなかった。町の北側で高速道路に乗って、昨日は閉まっていたMatera北のMallでちょっと買い物。
  最後の目的地Napoliへと向かいます。270kmほど走ります。Potenzaを通過あたりから雨が降り始め、時折雨脚が強まります。


Locanda Di San Martino Hotel & Thermae


ホテルの部屋はSassiの一部


S. Francesco d’Assisi


民芸品CuCCu


Duomo


Sasso Barisano


Via Madonna delle VirtuからSassi側を望む

Via Madonna delle VirtuからTevere Gravina di Materaを望む

対岸の洞窟住居跡

Sasso Caveoso地区の窟教会S. Pietro Caveoso

イチジク

Sasso Barisano

Piazza Vittorio VenetoのPalazzo dell'Annunziata

Piazza Vittorio Veneto

レストランNADIは意外に素朴

Vino della Casaとタラッリ

AntipastoにFormaggi e Latticini Tipici Regionali

PrimiにCavatelli alla Materana con Cardoncelli Funghi e Salsiccia(マテーラのカルドンチェッリ茸と豚肉ソーセージソースのカヴァテッリ)

SecondiにCostata di Cavallino alla Brace(子馬の炭火焼き)

SecondiにGrigliata Miata(Agnello、Salsiccia、Grimredd(内臓の腸巻))ContorniにCicolielle Campestr Nassate in Padella(新鮮なチコリ炒め)

夜のVia Fiorentin

ホテルのTermae

部屋からのSasso Barisanoの夜景

朝食は豪華

もう一度ホテルの部屋からのSasso Barisanoの景観