MERIDA
メリダ
<旅のメモ>

2015.11.21

 朝6時にリスボンについて、レンタカーを借りて空港を出発したのは7時半頃過ぎ。すぐに高速に乗ってMeridaに向かって約280kmを走る。雨が降ったり止んだりだったけれども、スペイン国境に近づく辺りから晴れ間が見え始め、Meridaに着いたときは晴れていた。3時間ほど運転したけれど、時差があるのでMeridaに着いたのは9時半頃でした。

 事前にGoogleで市内でのホテルまでの道のりをシュミレートしていたのですんなりとスペイン広場(Plaza de Espana)に出ました。ホテルはこの広場に面した宮殿を改装した豪華なホテルで、受付の女性は物静かで華奢で上品な感じです。ホテルの中庭はとても綺麗で、部屋も広くて快適です。唯一、ベランダの壁が2m位あって隣の教会の鐘楼と青い空しか見えないのが欠点かな。

Bluecity Merida Palace
Plaza de Espana, 19, 06800 Merida, Spain
Euro
94.00/night (incl.TAX/BF)

 Meridaはエストレマドゥーラ(Extremadura)の州都で人口は約6万人。紀元前25年、ローマ皇帝アウグストゥスの命によりグアディアナ川(Rio Guadiana)を渡る橋を守るために配置したローマ軍団「第5アラダウエ」と「第10ゲミナ」が入植した「エメリタ・アウグスタ(Emerita Augusta)」を起源としている。やがてローマ属州ルシタニアの州都となり、ローマ帝国でも重要な都市の1つとなった。Meridaはスペインの中でもっとも重要なローマ建築を残しており、「メリダの考古遺産群」として世界遺産に登録されています。

 ホテル前のスペイン広場(Plaza de Espana)の回りには、大聖堂(Catedral Metropolitana de Santa Maria la Mayor)や我々のホテルとなっている宮殿(Palace)、市役所(Ayuntamiento de Merida)など重要な建築物があり、北側のサンタ・エウレリア通り(Calle Sta. Eulalia)やその周辺にはショッピング街が広がっています。

 すぐにホテルを出て、先ずは最大の見所ローマ円形闘技場(Anfiteatro romano)とローマ劇場(Teatro romano)を見に行きます。途中にディアナ寺院(Templo de Diana Merida)があるので立ち寄ってみました。ローマ時代のフォロの一角に建てられた神殿です。その先へ行くと同じフォロの一角にあったフォロの列柱(Portico del Foro Municipal de Augusta Emerita)があります。

 最初に見ようと思った国立古代ローマ博物館(Museo Nacional de Arte Romano)は16時から無料となるらしいので先にローマ遺跡へとへ向います。近くの売店で数カ所の入場に使える共通券を買ってローマ円形闘技場に入ります。紀元前8世紀に建てられ、14,000人が収容出来る規模です。隣のローマ劇場は紀元前24年にアグリッパによって建てられ、6,000人が収容可能だったという。ローマから陸路で2000km以上離れた辺境の地にこれほどの施設を忠実にローマ式に建設するローマ帝国の偉大さに改めて感心します。

 午後も2時頃になったので遺跡のすぐ側の普通のCafeでサンドイッチとエスプレッソで昼食。

Cafeteria Bocados
Calle Suarez Somonte, 96、06800 Merida

 昼食後、ちょと道に迷ったのでその辺にいた住人に聞いたら親切に道順を教えてくれた。道すがら、ふとローマ時代の氷室の遺跡に出逢ったり、円形劇場の住居跡(Casa del Anfiteatro)の横を通り、郊外の円形競技場(El circo)へと行ってみました。ここには約3万人も収容可能だった観客席・競技用馬車の駐車場・勝利者の門・競技場の排水設備・競技場の中仕切りの壁などが保存されています。それにしても呆れるほどの広さ。よく手つかずに残っていたと思えるほどの広大な土地です。反対側にはサン・ラサロ水道橋(Acueducto de San Lazaro)の遺跡がありました。

 午後4時を過ぎたので無料になった国立古代ローマ博物館を見学。保存状態の良い沢山のローマ式のモザイク床が展示されていて圧巻です。

 さて、ホテルに買って一休みしてから、今度はグアディアナ川(Rio Guadiana)方面にあるアルカサバ(Alcazaba)を見に行きます。これはローマ 橋(Puente Romano)を守る重要な砦で8世紀頃にムーア人によって築かれました。内部に貯水槽が残されています。これに隣接するローマ橋(Puente Romano)は現在でも歩行者に使われています。午後の散歩には最適の橋です。

 ちょっと日も暮れてきたので歩みを早めて今度は町の北側にあるサンタ・エウレリア教会(Basilica de Santa Eulalia)へと行ってみます。この教会は5世紀頃、初期のキリスト教をスペインで布教開始した時の場所です。今の建物は13世紀の建設。ここにはローマ神話に出てくる神の一人、マルスを祭った神殿の遺跡(2世紀後半)の一部が残されているオルニートと呼ばれる礼拝堂があります。帰り道にトラヤヌス帝の凱旋門(Arco de Trajano)に立ち寄ってみました。

 夕食は、色々と探しながらCalle Romero LealにあるTabula Caldaもいいかなと思ったのだけれども、案外フォーマルで安くなさそうだったので、Calle Romaro Lealを更に北に行ったローマ円形闘技場に近いごくごく普通のバルに入りました。

Restaurante Meson El Alfarero
Calle de Sagasta, 29, 06800 Merida, Badajoz, Spain

 立ち飲みでTapasを楽しむ感じでワインとTapasを3皿注文。更ににこやかに対応してくれるおじさんにお店のお薦めTapasを3皿選んで貰った。地元の人達に囲まれながら気軽に楽しく過ごせました。帰りの道すがらフォロの列柱、ディアナ神殿がライトアップされて綺麗です。

 残念ながら、三層になったアーチが見事なロス・ミラグロス水道橋(Acueducto de los Milagros)と当時ここから水を供給していたカステリュム・アクアエは時間が無くて見られませんでした。でも、Meridaは予想していた以上に雰囲気の良い町でした。人口が約5万人と少なめなので観光地域のレストランの客引きの勧誘も適度でギスギスした感じが少なく、町には実は“地球の歩き方”には載っていない古代ローマ時代に遺跡がまだまだ沢山あるし、ホテルの従業員の感じは良かったし、町の人の雰囲気も良かった。これから観光地として発展できる可能性も期待できるけれど、地理的にちょっと不便な所にあるのが残念ですね。

2015.11.21

 翌朝、ホテルの朝食レストランに向かうとき、ホテル内にアラブ様式の素敵な空間があることが分かった。朝食は色々な種類のハム、ソーセージ、チーズがあって豪華です。後で分かったのだけれども、MeridaはJamon Seranoが特産品らしい。

 午前9時過ぎにはホテルを出て雄大な大地を約250km走ります。


Bluecity Merida Palace


ホテルの部屋


Templo de Diana Merida


Portico del Foro Municipal de Augusta Emerita


Portico del Foro Municipal de Augusta Emeritaの彫像


Anfiteatro romano


Anfiteatro romano


Teatro romano


Teatro romano裏のローマ庭園

Teatro romano裏のローマ庭園

ローマ時代の氷室施設の跡

Casa del Anfiteatro

El circo

Acueducto de San Lazaro


Museo Nacional de Arte Romano

Museo Nacional de Arte Romano

Museo Nacional de Arte Romano

ホテルの中庭

Plaza de EspanaとAyuntamiento de Merida

Alcazabaの城壁から見たPuente Romano

Alcazabaの貯水槽

Puente Romano

Basilica de Santa Eulalia

マルスを祭った神殿の遺跡(2世紀後半)の一部

Arco de Trajano

Restaurante Meson El Alfarero

Restaurante Meson El Alfarero

Restaurante Meson El Alfarero

ライトアップされたPortico del Foro Municipal de Augusta Emerita

Plaza de EspanaとAyuntamiento de Meridaの夜景

ホテルのアラブ様式空間

ハム、ソーセージ類が沢山

ホテルのバルコニーからかろうじて見える風景

オリーヴ畑