AZAY-LE-RIDEAU
アゼイ・ル・リドー城
<旅のメモ>

2016.10.1

 パリからCHATEAU DE CHENONCEAUに寄ってからAZAY-LE-RIDEAU (アゼ・ル・リドー城)へ。Indre(アンドル川)の中州にあり、フランソワ1世の時代に富豪の財界人だったジル・ベルトゥロによって現在の姿に建てられました。ベルトゥロは、イタリアで生まれた革新技術とフランスの伝統的な建築法を融合させようとしました。豊かな緑に囲まれてIndreに浮かぶ城は、優雅なファサードを水面に映しています。歴史建造物に指定されているAZAY-LE-RIDEAUは、初期のフランス・ルネッサンス様式の城の洗練されたスタイルを代表する建物です。

 AZAY-LE-RIDEAUでは現在、大規模な改装工事を行っていて、その優雅さが一部欠けていたのが残念です。それと川の水量が多く、お城の周りで渦を巻いていて、ちょっと怖い感じがする区以来でしたが、たまたまでしょうか。

 お城の入口に向かう道はAzay Le Rideauの町で一番の繁華街で両脇にレストランや土産物屋が並んでいます。かわいらしい町です。

 天気が悪くて小雨がぱらつきます。次はCHATEAU D'USSEです。


美しいお城ですね

城の入口

町のメインストリート