PONT DU GARD
ポン・デュ・ガール
<旅のメモ>

2000.2.12

 AIX-EN-PROVENCEからMONTPELLIER空港へ向かうのですが、ちょっと時間があったのでPONT DU GARDに立ち寄りました。ガルドン川をまたいでユゼスの湧き水をNIMESに運ぶための水道橋ポン・デュ・ガールはUNESCO世界遺産です。紀元前19年に建造されたこの水道橋は3層からなり、高さは49m、導水路の長さは275mという壮大な古代ローマ遺跡です。9世紀までは水が流れていたそうです。

 2月の平日の午前中ですので、ほとんど人がいなかったのですが、そのうち大型バスがやって来たリして観光客は増えて行きました。そのうち、真っ白なメルセデスのオープンカーに乗った東洋人の20歳前半くらいの若いカップルがやって来ました。スイスのジュネーヴのナンバー。
 「ヤッダー!もっと静かでロマンチックかと思ったのに、人ばっかりじゃん。」
と日本語をのたまいて、キキーッとタイヤを鳴らしながらUターンして立ち去って行った。

 以前は水道橋のてっぺんを歩くこともできましたが、現在は水道橋へ登るための入口はふさがれています。川の北側から導水路に向かって山を上り、橋の付け根をさらに奥に進むと水道橋がきれいに見渡せるポイントがあります。

 さて、そろそろ帰りましょう。MONTPELLIER空港へと向かいます。


橋の全景<pontdugard-g02>

ガルドン川<pontdugard-g01>