LA TURBIE
ラ・トゥービエ
<旅のメモ>

2000.2.6

 NICEを拠点に東方面イタリア側をドライヴ。EZE-VILLAGEを出発し、MONACOから北へ8km、山のほぼ頂上にある小さな村LA TURBIEを訪ねました。この町のさらにてっぺんには古代ローマ時代の遺跡、アルプスのトロフィー(TROPHEE DES ALPES)がそびえ立ています。これは紀元前1世紀、アウグストゥスの時代にこの地を征服した記念として建てられたものです。この遺跡の景観もさることながら、ここから下に見えるモナコの町並みも絶景です。

 昼食はこの村のごく普通のレストランに入りました。妻が初めてタルタル・ステーキを食べてみたいとのことで注文しました。隣のテーブルには孫1人を連れたおばあちゃん連中3人。田舎の人達みたい。いきなり入ってきた東洋人が珍しいのか、チラチラとこちらを見ていました。何か、話しかけたがっているようなのですが、躊躇している様子でした。こういう時って、少しでもフランス語ができることがバレると、質問責めにあってオモチャにされてしまう可能性大なので、ニコッと笑ってごまかしておきました。

 さてと、お腹も一杯になりましたので、次は山を下ってCAP-MARTINへ行きます。


アルプスのトロフィー(裏側)
<turbie-g01>

町並み
<turbie-g02>

アルプスのトロフィー
<絵葉書>