VENCE
ヴァンス
<旅のメモ>

2000.2.8

 NICEを拠点にVENCEへとやって来ました。途中、レンタカーの調子が悪く、ニース空港のHertzで車を交換しました。

 VENCEではまずは町はずれにあるロゼール教会(LA CHAPELLE DU ROSAIRE)へ向かいました。これはマチスのデザインによる、青を基調とした端正で落ち着いたデザインの教会です。残念ながら内部の撮影は厳しく制限されています。

 ここから旧市街までは歩くと20分くらいかかりそうなので、再び車で出かけます。司教座の置かれたことのある町ですが、現在はこじんまりとして落ち着いた雰囲気の町で、好感が持てます。結構な観光地なので土産物屋やレストランが立ち並んではいますが、普段の生活の雰囲気も残されていて、とても親しみのもてる町です。

 普段はあまり土産物屋で買い物はしないのですが、若いアーティストの陶器工房で小鉢のような陶器を6点買ってしまいました。残念ながら1個は帰りのスーツケースの中で割れてしまいましたが・・・。

 次はST-PAUL DE VENCEに向かう予定ですが、お目当てのマーグ財団の美術館がお昼休みの時間になってしまったので、ヴァンスから一旦山へ向かい、COL DE VENCEの丘に登ってみることにしました。


ロゼール教会の入口<vence-g01>

ロゼール教会内部<絵葉書>

ロゼール教会<vence-g05>

旧市街<vence-g02>

旧市街<vence-g03>

旧市街の噴水(FONTANE DE PEYRA)<<vence-g04>