BAYEUX
バユー

<旅のメモ>

2017.02.04

 パリからCaen、Omaha Beachに寄ってBayeuxに到着したのは午後5時頃。人口約1.4万人の小さな町ですが、街中には案外人出が多く、ホテルの前にも車を停められなかったのでちょっとさまよいながら公共駐車場に停めてホテルへと。

 Bistrot付きのちょっとモダンなホテル。フロントの女性が当初予約していたEUR50の部屋ではなく、離れの大きい部屋をくれた。三階建ての一番上の部屋。ラッキーです。朝食は別でEUR10.5です。

Hotel Reine Mathilde
23 Rue Larcher, 14400 Bayeux
hotel-bayeux-reinemathilde.fr
02 31 92 08 13


Hotel Reine Mathildeの離れ
 レストランを物色しながら町の中を歩いてみます。薄暗くなると観光客はずいぶんと減ってきます。色々と歩き回りながら、最後にLa Cathedrale de Bayeuxへと行ってみました。

Rue LaitiereからみたLa Cathedrale de Bayeux

La Cathedrale de Bayeux

 夕食の第一候補だったLa Rapiereは予約が取れずに断念。歩きながら第二候補の前に行って表に出ているカルテを見ていると通りすがりのムッシューが「ここはこの町で最高!」とお薦めして去って行った。でもまだ開いていなかったので様子を見ていると先ほどのムッシューが戻ってきてお店のドアをノックしてレストランを開けた。どうやら知り合いらしい。とういことで、ここに決めた。

L'Angle Saint Laurent
2 Rue des Bouchers, 14400 Bayeux
langlesaintlaurent.com
02 31 92 03 01

確かに料理とサービスのレベルは高い。



2017.02.05 

 予想通り朝から雨です。今日はMusee de la Tapisserie de Bayeuxに行ってみます。Tapisserie de Bayeuxは1066年のノルマン・コンクエスト(ノルマンディー公兼イングランド王ウィリアム1世によるイングランド征服)の物語の刺繍画。長辺約70m(現存63.6m)、短辺約0.5mの亜麻(リネン)製の布に、毛糸で刺繍が施されており、ヘイスティングズの戦いのくだりまでが現存している。11世紀のフランスとイングランドにかかわる歴史的遺物であり、また当時の服装や武器、軍船、戦闘方法などを伝える貴重な史料。フランスはノルマンディー地方の都市バイユーにあるバイユー大聖堂に長く保管されていたが、近代の戦火による混乱の中を転々とした後、旧に復され、現在ではバイユー・タペストリー美術館(Musee de la Tapisserie de Bayeux) に保管・展示されている。


Musee de la Tapisserie de Bayeuxは
9:30に時間通り開門

 日本語のオーディオ・ガイドを聞きながらノルマンディーの歴史を学び、最後に映画でまた同じ歴史を確認して、すっかりノルマンディの偉大さを頭に焼き付けられました。

 さて、小雨の中パリに戻ります。