日本のGWに合わせて休暇を取り、イタリア半島のつま先の部分のCalabria州とSicilia北部のEolia諸島へと旅をしました。予想以上に経済状態の悪いカラブリア州でしたが、人々は寡黙で親切でした。エオリア諸島は庶民感覚のリゾートという感じで居心地の良い場所。シーズン開始前の準備で忙しくかつ期待に満ちあふれた笑顔が印象的でした。
<<旅のスケジュール>>

4/30 パリCDGからAZ便でFCO経由でReggio Calabriaへ。空港からTaxiで市内のホテルへ。

5/1 Reggio Calabria散策。

5/2 Reggio CalabriaからVibo Vatentia、Cosenzaに立ち寄ってLongobardi Marinaへ。

5/3 Longobardi MarinaからSibariに立ち寄ってCrotoneへ。

5/4 CrotoneからCapo Colonnaに立ち寄ってTropeaへ。

5/5 TropeaからReggio Calabria空港でレンタカー返却。バスで港へ行き船でMessinaを経由してLipariへ。

5/6 Lipariから船でPanarea、Salinaを回ってLipariに戻る。

5/7 Lipari散策。

5/8 Lipariから船でMilazzoへ。LimoでCatagna空港へ移動し、AZ便でMilan(LIN)を経由してパリCDGへ。