DONOSTIA
ドノスティア

<旅のメモ>

2017.5.25

 朝08:45 Orly発のAF便でAeroport Biarritz Pays Basqueに到着したのは10時過ぎ。すぐにHertzでPeugeot 2008を借りて西へ50km弱、1時間強でDonostia(San Sebastian)に到着しました。未だ11時半です。

 スペイン語で San Sebastian、またはバスク語でDonostiaと呼ぶこの町は大西洋岸のGolfo de Vizcaya(ビスカヤ湾)に面しており、人口は約19万人。主要な産業は商業や観光業であり、スペインでもっとも著名な観光地のひとつです。

 先ずはMonte igueldo(イゲルド山)へ直行します。山頂では敷地内に入るために一人当たりEUR2.2、高いですね。でも、天気も良くてここからBahia de la Concha(コンチャ海岸)、Isla de Santa Clara(サンタ・クララ島)、対岸のMonte Urgul(ウルグル山)の眺めは最高です。古そうな石造りの塔があります。これは1778年の灯台なのですが、スペイン王アルフォンソ12世の妻マリア・クリスティーナ(Queen Maria Christina)がSan Sebastianを夏季の滞在場所としており、 1912年に遊園地に改装したらしい。立派な城は元々遊園地用として作られたものらしい。それを知ってちょっと興ざめ。

 車を出して山を下り、海岸線に沿ったKontxa Pasealekuaを通ってホテルへと向かいます。ちょっと早かったのですが、運良くチェックインできました。旧市街にあり、Bar街のすぐ側なのでとても便利ですあg、我々の部屋は道路沿いかつ半地下なので通りを歩く人の会話が良く聞こえる。

Hotel Parma San Sebastian
Paseo de Salamanca, 10, 20003 San Sebastian, Guipezcoa, Espagna
hotelparma.com
EUR242/2 nights (inci. TAX)


Monte igueldoから対岸のMonte UrguとIsla de Santa Clara

Donostiaの海岸全景

1778年の元灯台

 さっそく旧市街を散歩してみます。沢山のBar(バル)があり、結構な数の人たちが昼間っから酒飲みながらタパス、ピンチョスを楽しんでいます。Mercado de la Bretxa(市場)はそろそろ閉店準備をしているところでしたが、スーパーも併設していて便利です。

 ホテルのすぐ近くにあるBIO志向の感じの洒落た食品店でサンドイッチ買ってホテルで昼食。


Mercado de la Bretxa

旧市街に子どもの遠足

Santa Maria eliza(サンタ・マリア・教会)

 昼食後にまた旧市街に出てみましたが、異常に気温が高く33℃。人々は木陰に入り、犬は嫌そうな顔でダレていた。早々にホテルに引き上げてお昼寝です。今夜はこの町のBar街に繰り出して有名なピンチョス(小皿料理)を頂きながらチャコリ(地元の微発泡白ワイン)を飲みます。


Boulevard Zumardiaの木陰に人が厚ます

De Okendo Plaza

Victoria Eugenia Antzokia(劇場)

 夜8時、気温も少し下がり気楽な雰囲気です。旧市街にあるBar街へと出かけました。最初の店は鰯料理が得意、二軒目はハモンセラーが得意、三軒目はカニが得意でブタ混み。それぞれのお店でXacoli、白ワイン、赤ワインを飲んで三軒のBarをはしご。二人でEUR40くらいかな。気軽で美味しいピンチョス。Barではパリ以上に多くの日本人がいました。

Bar Txepetxa
20003 San Sebastian, Guip?zcoa, Espana
bartxepetxa.com
+34 943 42 22 27

MendaurBerria
Fermin Calbeton Kalea, 8, 20003 Donostia, Gipuzkoa, Espana
+34 943 43 57 05

Bar Restaurante Ganbara
San Jeronimo Kalea, 19, 20003 Donostia, Gipuzkoa, Espana
ganbarajatetxea.com
+34 943 42 25 75


一軒目
Bar Txepetxaの入口

先ずはチャコリ

鰯が得意な店でこんな感じ

二件目は空いていたのでMendaurBerria

三件目はBar Restaurante Ganbara

Bar Restaurante Ganbara

 スペイン・バスクのDonostia(San Sebastian)のBar街で夕食を終えてちょっと散歩。もう10時なのに未だ明るい。Monte Urgulの周囲の海岸線を歩いて、旧市街を抜けてホテルに戻りました。


夜10時過ぎの旧市街

2017.5.26

 ホテルで朝食。バスク人は気の付く人たちらしく、宿泊客が朝食と取るたびにハムやチーズを追加して陳列の状態を整えるようです。そして親切なスタッフが教えてくれたのがバスク風のトーストの食べ方。軽く焼いた食パンにトマト・キュウリ・ニンニクをおろしたペーストをつけ、オリーヴオイルと塩を振る。素朴で新鮮で美味しい。


こんなんが用意されている

これがバスク風トースト

 暑いので午前中に徒歩でMonte Urgulへと登ってみました。半分以上登ったところにあるBaluarte del Mirador(ミラドール砲台)から旧市街を眺めます。ここは1567年に市内を望む展望台として作られたが、1609年には海からの攻撃に反撃する砲台に変わったらしい。それにしても良い景色です。


Baluarte del Mirador入口

眺め良し!

山の北側に回ってゆくとCementerio de los Ingreses(英国人墓地)というのがあって、立派な墓石が斜面に点在しています。

 ほぼ頂上にあるGobernadorearen Bateria(The Governor’s Battery)には比較的新しいキリスト像が立っています。ここからのIsla de Santa Clara(サンタ・クララ島)、Bahia de la Concha(コンチャ海岸)、そして対岸のMonte igueldo(イゲルド山)の眺めも最高です。


Bahia de la Concha

Gobernadorearen Bateriaの
キリスト像

 水族館側に山を降りて旧市街へと向かいます。立派なDonostiako udala(市庁舎)です。そして2008年12月に泊まったHotel de Londres y de Inglaterraの前のBahia de la Concha(コンチャ海岸)は今回は海水浴客で一杯です。


Ayuntamiento de Donostia(市庁舎)前面

Bahia de la Conchaは沢山の海水浴客

Hotel de Londres y de Inglaterra
 新市街のMercado San Martin(サン・マルティン市場)へと行ってみました。地元の産品が盛りだくさんですが、旧市街の市場に比べて物価は高いようです。Urbieta Kalea通りからArtzain Onaren Katedralaが見えました。


Mercado San Martin


Mercado San Martin

Urbieta Kalea通りから見たArtzain Onaren Katedrala

 昼は新市街の小さなBarで水とサンドイッチとソーセージ。

Bar Belarra
Arrasate Kalea, 48, 20005 Donostia, Gipuzkoa, Spain


 一旦ホテルに戻ってシエスタして、夕方から旧市街のIglesia San Vicente、San Telmo Museoa(サン・テルモ美術館)、Santa Maria eliza(サンタ・マリア・教会)の前を通ってみました。その後でUrumea Itsasadarra川の東側を散歩して、このあたりのBar街の下調べも。


Iglesia San Vicente

Iglesia San Vicente

Museo archeologico nazionale



 夕食はUrumea Itsasadarra川の東側のモダンなBar一軒と、ちょっと妖艶な娘さんのサーブするBar一軒、旧市街に戻ってBarを捜したけれどあまり良いのがなくてホテルに戻り、Grilled Chickenを買って、Cavaを買ってホテルで食べました。


Puente Del Kursaal

Urumea Itsasadarra川の東側のモダンなBar

こぎれい

 夜遅く、おそらくBarから戻ってきたドイツ人団体がホテルのLobbyで大笑しながら談笑を開始。部屋のすぐ外がLobbyだったのでうるさくて大変。でも疲れていたのでいつしか寝てしまった。

2017.5.27

 今日も朝から快晴です。スペイン・バスクのDonostia(San Senastian)から国境を越えてピレネー山脈の山間にあるフランス・バスクの小さな村Ainhoaへと向かいました。