LES EYZIES
レゼジー

2017.08.10

 Sarlat-la-CanedaからLes Eyzies-Tayac-Sireuilという小さな町へと移動。お目当てはMusee National de Prehistoireです。崖の途中にあります。170万年前のアフリカの原人が気候が良い時代にユーラシア大陸、アジア(北京原人、ジャワ原人)まで拡散したが、一旦は絶滅したというのが現在の定説。その後約20万年前にホモ・エレクトゥスが世界中に拡散し、亜種のネアンデルタール人は欧州で3-4万年前に絶滅。最終的にホモ・サピエンスのみが生き残って世界中に拡散したという。

 本で読んだけど、ホモ・サピエンスには音楽や工芸の芸術能力と興味があり、芸術に惹かれて人々が集まり、そこで自然と生き延びるための情報交換も行われ、複数の地域の人々の知恵が共有されることになった、それらの知恵の蓄積によってその後の厳しい環境変化を生き抜くことができたとの説がある。ネアンデルタール人の遺跡からはそういうそういう集団的な芸術交流の痕跡が見つかっていないらしい。以前は音楽とか芸術って必須ではなくゆとりの部分であると思っていたのですが、実は我々現生人類が生き伸びるために必要不可欠な性向、要素なのかもしれませんね。

 次はMontignac近郊のLASCAUX IIです。


Musee National de Prehistoire

ネアンデルタール人とホモサピエンスが最後

170万年前のホモエレクトゥス

ネアンデルタール人

3.5万年前(クロマニヨン人)の装飾レベル

素晴らしいデザインと細工

Musee National de Prehistoireのテラスから

Musee National de Prehistoireのテラス

道路からMusee National de Prehistoireを望