LIMOGES
リモ−ジュ

<旅のメモ>

2017.08.12

 PeriguexからSolignacを経由してLimogesに到着。リモージュ(Limoges)は磁器であるリモージュ磁器の生産で知られる人口約14万人の中都市。地名の語源はケルト系部族のレモウィケス族(Lemovices)に由来します。

 リモージュの起源は約2000年前にヴィエンヌ川ほとりの小さな村がローマ都市となったことによって始まります。この時期ここはガリア・アクィタニアの一部で、3世紀に聖マルシアルがこの地域に宣教してキリスト教化しました。この聖人に対する崇敬は世紀を超え、9世紀にはサン=マルシャル修道院(フランス語版)がその墓の上に建設され、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路が整備されると、ヴェズレーを基点とするヴェズレーの道に組み込まれて大いに繁栄したようです。

 13世紀にはシテ地区にサン=テティエンヌ大聖堂の建設が開始。この大聖堂は断続的に工事が継続され、最終的に1888年に完成。1370年の百年戦争時、Limogesはイングランド皇太子のエドワード黒太子によって占領され、約3000の住人が虐殺された。

 リモージュ磁器の生産で知られるリモージュは1771年がの始まりと言われる。現在ではパリのレストランではリモージュ磁器の食器が多く使われていて、パリやセーヴルよりも、リモージュこそがフランス磁器の中心地も言われている。この地で生まれた印象派画家ノワールも磁器の絵付けをしていたことがあるという。

 ホテルに着いたのは午後1時過ぎ。見所であるカテドラルや繁華街へのアクセセスは非常に便利で、価格が安いので選んだのですが、午後は17:00にならないとホテル玄関が開かないのは不便でした。電話しても「17:00以降!」としか言いません。

Hotel de La Paix **
25 Place Jourdan, 87000 Limoges
EUR58.50/Night (incl. TAX) BF : EUR9.0

 昔はレストラン併設のもうちょっと高級感のあるホテルだったようです。バスルームのアコーディオンカーテンはヨレヨレで完全に閉まらず、用を足すときは中から椅子をつっかえ棒にしてカーテンを閉じる必要がありました。ベランダはタバコの吸い殻だらけ、ベッドマットはクタクタ、トイレットペーパーが残り少なくて補充して貰ったり、朝食は予定時間より30分以上遅れて準備されるとか、問題だらけですが、安いので仕方ないかという感じです。


Hotel de La Paix

Hotel de La Paix

 時間があるので先ずはCite地区のCathedrale Saint-Etienne de Limogesへと行ってみました。ずっとロマネスク建築(壁で建物を支えるので壁が厚く窓が少ない)を見てきたので内部が薄暗いいことに慣れて気がつかなかったのですが、ここで見る内部の明るさはやはりゴシック建築(壁の外の梁で建物を支え、壁は薄くステンドグラスが多用できる)だなと感じます。

 Musee des Beaux-Arts de Limogesを見ようと思ったのですが、2時から開館なのでしばらく Palais de l'Evecheを散策。いわゆるフランス式の庭園です。

 Musee des Beaux-Arts de LimogesでEmailなどを見ます。リモージュのエマイユ(Email。七宝焼と訳される)は有名で、リモージュの磁器の基礎でもあったとも言われる。古くからヨーロッパ各地にあった七宝焼きは、ロマネスク芸術として語られる骨董もあり、特に12世紀後半から13世紀にかけてリモージュ周辺のエマイユは他の地域と比して大きく発展したようです。


Cathedrale Saint-Etienne de Limoges

Cathedrale Saint-Etienne de Limoges

テレサ像はウチのと同じデザイン

Palais de l'Eveche

Musee des Beaux-Arts de Limoges

Musee des Beaux-Arts de Limoges

 その後カテドラルの前で見つけた人形の修理屋さんを覗いて、陶器ショップの多いBoulevard Louis Blancを通りながらChateau地区へと向かいます。Chateau地区は商店が多くてより賑やかです。屋内Marcheもあります。

 Eglise St-Michel Des Lionsの前を通ってMusee National Adrien Duboucheという陶磁器の博物館へと行った見ました。ここではリモージュはもとよりフランスのみならず世界各地の陶磁器が分類・展示されている。4,000点のリモージュ磁器コレクションを展示しています。


Eglise St-Michel Des Lions

Musee National Adrien Dubouche

Musee National Adrien Dubouche

 夕食はホテルの近くの小さなお店。ごく普通の庶民的なレストランで居心地が良かった。

Chez La Germaine
8 Place de la Cite, 87000 Limoges
05 55 32 06 22


キノコソース月のステーキ

2017.08.13

 ホテルをチェックアウトして9時半にはパリに向けて出発。渋滞もなく午後1時過ぎには自宅に到着しました。