ABBAYE DE ST-MARTIN DU CANIGOU
サン・マルタン・デュ・カニグー修道院

<旅のメモ>

2017.09.01

 ホテルから徒歩40分でAbbaye Saint-Martin du Canigou(サン・マルタン・デュ・カニグー修道院)です。この修道院が初めて文献に登場するのは997年。教会は1009年11月10日にAbbaye de Saint-Michel de Cuxaを増築したエルヌ司教オリバによって聖別され、聖母マリア、聖マルタン、聖ミシェルへ献堂されましたが、12世紀にはサント=マリー・ド・ラグラス修道院(オード県ラグラス)に併合され、摩擦を生じて回復が困難なほど衰退しました。

 1428年2月のカタルーニャ大地震により深刻な被害を受け、1506年に修道院はフランス王家の管理下に置かれ、1782年、ルイ16世によって教会財産は国有化されました。フランス革命後の恐怖政治時代、最後の修道士らが追放された後で修道院は閉鎖され、修道院内の財物は四散。1889年、フランス歴史記念物に指定され、あしたが、修道院の再興は20世紀初頭になってようやく始まりました。1902年にカタルーニャ人であるペルピニャン司教ジュール=ルイ=マリー・ド・カルサラード・デュ・ポン(Jules-Louis-Marie de Carsalade du Pont)が再建に着手した時点では、鐘楼、一部崩壊した教会堂、および下層部回廊の3歩廊しか残されていなかったので再建作業は1932年までかかったようです。1952年から1983年にかけて司祭ベルナール・ド・シャバンヌが修道院の修復工事を行い、宗教生活を復興しました。


これから山を40分間登ります

険しそうな山です

途中にあるEsglesia de Sant Marti el Vell

ベストポイントから見たAbbaye Saint-Martin du Canigou

修道院の様子

回廊の外から

「シーッ!」の柱頭彫刻

修道院には珍しい裸体のサロメ

回廊から鐘楼