ISOLE BORROMEE
ボロッメオ諸島
<旅のメモ>

2000.8.12

 ストレーザ(STRESA)から定期大型船に乗って数十分ほどで、マッジョーレ湖(LAGO MAGGIORE)に浮かぶボッロメオ諸島の一つであるベッラ島(ISOLA BELLA)へ到着しました。他にはペスカトーリ島(ISOLA DEI PESCATORI)、マードレ島(ISOLA MADRE)など合計5つの島があります。それぞれ個性的に中世の面影を残す不思議な島々です。

 長さ320m、幅180mのベッラ島に着いて桟橋を降りると土産物屋の屋台がずらりと並んでいます。その上には島の大部分を占めるバロック建築のボッロメオ館(PALAZZO BORROMEE)があり、その豪華な装飾と調度品はガイドを付けての見学も可能です。庭園の中央には小高くなったTEATROがあり、10段のテラスで湖畔を望んでいます。最下段は美しい庭園となっており、そこかしこに美しい花が咲き乱れていました。TEATROは見事な彫刻や浮き彫りをふんだんに使って装飾されていますが、特に中央の一角獣の像はボッロメオ家の紋章としてひときわ大きく優雅です。TEATROから眺める湖の様子、スイス側のアルプスの様子が真夏にも関わらず、クリアーで涼やかな感じに見えます。

 一通り見終わり、再び船に乗ってストレーザ(STRESA)へと戻ります。


ベッラ島:色々な植物が咲き乱れる庭園のテラス<borromee-h03>

ベッラ島:TEATROの彫刻<borromee-h06>

ベッラ島:TEATROの裏側<borromee-h04>

ベッラ島:彫刻と浮き彫りで飾られた庭園のTEATRO<borromee-h07>

ベッラ島:テラス側の庭園<絵葉書>

ベッラ島の全景<絵葉書>

ベッラ島:TEATRO上部から彫刻とスイス側の湖畔を望む<borromee-h05>

ペスカトーリ島<borromee-h10>