VENEZIA

ヴェネツィア

<旅のメモ>

2000.8.18

 トレヴィーゾ(TREVISO)を起点に、アーゾロ(ASOLO)、バッサーノ・デル・グラッパ(BASSANO DEL GRAPPA)、マロスティカ(MAROSTICA)、ノーヴェ(NOVE)、チッタデッラ(CITTADELLA)、ヴェネツィア(VENEZIA)をドライヴしました。

 チッタデッラ(CITTADELLA)の次はヴェネツィア(VENEZIA)です。ローマ広場の奥にある立体駐車場に車を停めたのが午後4時頃でした。荷物もないのでそこからブラブラと町並みを眺めたり、運河を渡りつつサンマルコ広場へと歩きました。

 カフェでちょっと休んでから、妻がいきなりムラーノ島に行きたいというので、ヴァポレットに乗って出かけ、ついてすぐに最終便で帰って来ました。何だかお腹一杯で、夕食はその辺の小さなお店でサンドイッチと水を買ったのですが、妻が買った水のボトルの蓋が開封されていることに気づきました。ガス入りのはずの水がタダの水ではありませんか! 怒った彼女はお店に引き返し、ボトルを新品と交換させてご満悦。

 その後、辺りも暗くなったローマ広場へと向かい、ベンチで夕食となりました。でも、なんだか臭い・・・。 「夏のヴェネツィアは避けろ!」との友人の言を守り、今まで5回のヴェネツィア訪問は春と秋と冬でした。今回、その友人の言っていた意味が分かりました。夏はラグーンの水がとってもドブ臭いのでした。

 午後9時過ぎには駐車場に戻り、トレヴィーゾ(TREVISO)へと向かいました。


ドゥカーレ宮殿とサン・マルコ寺院<venezia-h03>

サン・マルコ運河<venezia-h01>

サン・ジョルジョ島<venezia-h02>

ムラーノ島の<venezia-h04>

ムラーノ島の猫<venezia-h07>

ムラーノ島の猫<venezia-h06>

有名人も埋葬されているお墓の島:サン・ミケーレ島<venezia-h08>