ASSISI
アッシジ
<旅のメモ>

2002.4.30

 スポレート(Spoleto)からまっすぐペルージア(Perugia)へ行くつもりだったが、時間も早かったので当初の計画では翌日訪問することになっていたアッシジに立ち寄ってみました。小高い丘の上にある町の周囲には駐車場が沢山あるのですが、昼頃に到着してみると次々と満車になって行く状態。急いで停められそうな駐車場に駆け込み、何とか駐車できました。駐車場からエスカレーターを登るとアッシジの南東の端にあるヌオヴァ門(Porta Nuova)に出た。町に入って早々に感じたのは観光客の数がとても多いということでした。

 門をくぐってVia BorgoArerinoを町の中心に向かって歩いて行くと、付近のピンクと白の石で作られた縞々のサンタ・キアーラ聖堂(Basilica di S.Chiara)が目に飛び込みます。地下には聖クララの遺体が収められています。

 さらに町の中心にはコムーネ広場(Piazza del Comune)があります。広場の周囲には1337年のプリオリ館(Palazzo Priori)、ポポロの塔(Torre del Popolo)を有する13世紀のカピターノ・デル・ポポロ館(Pallazo del Capitano del Popolo)が建ち並び、中世の佇まいを残しています。

 有名な5月1日祭(Calendimaggio ルネッサンス期の生活を再現する祭)を翌日に控えていたので、観光客の数が異常に多かったのです。建物には色とりどりの旗がはためき、盛り上がりを見せていました。

 この町の最大の見所、UNESCO世界遺産にも登録されている壮大なサン・フランチェスコ聖堂(Basilica di S.Francesco)は町の北西の外れにあります。町中のゴチャゴチャした感じとは異なり、ポツリと大きな聖堂が建っています。1226年に他界した聖フランチェスコを祀る聖堂であり、1253年に完成しました。聖堂は下堂(Chiesa Inferiore)、宝物館(seo del Tesoro(* :30-12:00/14:00-18:00)、上堂(Chiesa Superiore)に分かれており、それぞれに見所がありますが、特に下堂の「玉座の聖母と4人の天使と聖フランチェスコ(Madonna in Trono con Angeli e S. Francesco) 1280」、上堂の聖フランチェスコの生涯を描いた28枚のフレスコ画は有名です。

 他にもドゥオーモ(Duomo 1134)、サンピエトロ教会(S. Pietro)、丘の上に立つロッカ・マッジョーレ(Rocca Maggiore 09:00-日没) など、色々とあります。

 夕方、本日の宿のあるペルージア(Perugia)に向かって出発しました。


サン・フランチェスコ聖堂<assisi-j06>


上堂の内部<絵葉書>


サンタ・キアーラ聖堂<assisi-j01>

サンタ・キアーラ聖堂の地下にあるサンタ・キアーラの墓<絵葉書>

大回廊(chiostro grande)<assisi-j06>

コムーネ広場<assisi-j04>

アッシジの町並み<assisi-j05>

小鳥に説教をするサン・フランチェスコ(ジォットのフレスコ画)<絵葉書>

ドゥオーモ<assisi-j08>

ヌォーバ門<assisi-j05>