Ceremonial : 冠婚葬祭

 結婚式は、日本の教会での結婚式とほとんど変わりませんが、披露宴は親類と本当に親しい友人だけでこじんまり手作り料理の持ち寄りで祝うのが普通です。

 お葬式も参列者は肉親と本当に親しかった人達だけです。ただ、火葬の習慣がないので遺体は棺桶に入れられてまま地中に埋められます。お墓はとにかく沢山のお花で飾られることが多いみたいです。お墓の上には故人へのメッセージを書いた陶版や故人の写真を焼き込んだ陶版、マリア像などで飾られますが、夜中はちょっと不気味です。

 お祭りのたぐいは実に豊富です。まずは春先のカーニヴァル。この日ばかりは無礼講なので参加者は仮装したり、紙ふぶきを振りかけあったり、ストリングスプレーをかけたりとやりたい放題の大騒ぎです。サント・マリ・ド・ラ・メールのジプシーの祭り、夏至の音楽の夜、エクサンプロヴァンスの国際音楽祭、アビニョンの国際演劇祭、オリーヴ収穫祭、ブドウの収穫祭、クリスマスミサ、レ・ボー・ド・プロヴァンスのクリスマスイヴ深夜の羊追い祭り、年末年始パーティー等々、有名なイベントのほんの一部のみをご紹介しましたが、本当に数え切れないほどのお祭りが開催されています。

 クリスマスも賑やかなお祭りです。クリスマスが近づくと町の繁華街は無数の豆電球で飾られ、夜はそれらがほのかに灯って穏やかで美しい光景です。また、クリスマスにはプロヴァンスのほとんどの家庭はサントン人形を飾ります。もともとはキリスト降誕を祝う庶民の土人形ですが、今ではプロヴァンスの伝統的な職業の人たちも人形のモデルとなっています。

 
ふと見かけた結婚式の記念撮影

奇麗なお花で飾られたお墓

リール・シュル・ラ・ソルグの水上での収穫祭の様子
  
パレード、仮装等、大騒ぎのカーニヴァル


オート・プロヴァンスの集落でのクリスマス


クリスマスが近づくと開催されるサントン人形の市

エクスのオリーヴ収穫祭

  
プロヴァンス名物のサントン人形