Climate : 気候

 プロヴァンス地方の気候は晴天の日が圧倒的に多く湿度が低いこと、気温変化の幅が狭いことから非常に過ごしやすい気候といえます。戸外へ出かける際に傘の心配をすることはまったくないほど雨が少ないのです。

 ただし、晴天の日、ローヌ川に沿って地中海方面へ「ミストラル」という強風が突然吹き荒れることがあります。時速100kmにも達する勢いの風ですが、数時間でピタリと止んでしまいます。

 ミストラルとは南仏特有の嵐のことです。晴れた日に突然に台風ほどの風が吹き荒れ、数時間でピタッと止みます。遠くアルプス山系の冷たい空気がローヌ川の渓谷に沿って地中海に流れ込む時に発生するそうです。これにより気温は突然に数度も下がります。地中海岸の表面の海水は遠くに押しやられ、深い層の冷たい海水が引き上げられますので、秋口の海水浴では寒さに強いはずの北欧の人でさえ震え上がります。

平均気温
降水量
 北海道と同じ緯度にあるプロヴァンス地方ですが、暖かい地中海の恩恵により年間の気温はほぼ東京と同じと考えていいでしょう。一般的傾向として、海岸線に近づくほど夏が涼しく、冬が暖かい傾向があります。

 夏のピーク時期には毎日最高気温30℃を越えますが、明け方には15℃位まで気温が下がります。平野部で冬に雪が降ることはめったにありません。

 プロヴァンス地方の降水量は非常に少なく、いつも乾燥しています。特に夏場は草木が乾燥して茶色に枯れてしまいます。

 秋は天候が荒れる時期で、時折ローヌ川やデュランス川の大洪水を引き起こすような大雨が降ることがあります。