.オリーヴの屋台

 

 石灰岩質の乾燥したプロヴァンスの大地でもオリーヴの木は数千年の昔からしたたかに生き抜いており、現在も重要な農作物の一つです。

 プロヴァンスの町の朝市では必ずといっていいほどオリーヴの漬物を売る露店が出ます。緑のオリーヴ、黒っぽいオリーヴ、大きい実や小さい実、赤ピーマンやレモンと一緒に漬け込んだりと、実に様々な漬物があります。

 写真は日曜に開催されるリールシュル・ラ・ソルグ(L'ISLE-SUR-LA-SORGUE)の朝市で見かけたオリーヴの漬物屋です。木の樽に色々な種類の漬物が並べられています。