サントン人形とは・・・

 サントンとは、一般的に身長2〜30cm程度のプロヴァンス独特の土人形のことです。土の地肌に絵付けしたものと、布の洋服を着せたものがあります。キリスト降誕と18世紀頃のプロヴァンスの人々がモデルです。

 プロヴァンスのほとんどの家庭ではサントン人形が大切に保管されていています。12月に入ると町の中心街にサントン人形を売る露店が出たりします。特にマルセーユとオーバーニュのサントン市は有名です。クリスマスになるとサントン人形を「ひな人形」のように飾って祝います。

 ちなみにサントン(SANTON)とはフランス語で「小さい聖人」と言う意味です。

 

クリスマスが近づくと開催されるサントン人形の市
マルセーユのカヌビエール(CANEBIERE)通り、サン・ヴァンサン・ド・ポール教会(EGLISE ST-VINCENT-DE-PAUL)の前
 

オーバーニュの中央広場にあるサントン人形の露店