CAVAILLON                                        カヴァイヨン
<概要>

  アビニョンの南東数kmのところ、リュベロン山の西の麓にある人口2万人程度の小都市です。

<見所>

 古い歴史を持つ町で、町の外れにはローマ時代のアーチの遺跡が残されています。ここから急激に立ち上がる山を登るとサン・ジャック礼拝堂(CHAPELLE ST-JACQUES)があり、リュベロン山、アビニョン、アルピーユ山脈が一望です。

<その他>

 カアヴァイヨンと言えば果物や野菜の集散地として有名であり、「カヴァイヨンのメロン」は特に有名です。直径10〜15cmくらいのプリンスメロン型のメロンで身はオレンジ色。果肉はかなり硬いのですが、甘みは最高。ちょっとコニャックでも添えると香りが一層引き立ちます。


ローマ時代のアーチと背後に控える山並み<cavaillon-d01>


ローマ時代のアーチ<cavaillon-d02>

朝市での「カヴァイヨンのメロン」たたき売り(2−3個で約200円)<cavaillon-z01>