OPEDE-LE-VIEUX                                        オペード・ル・ビュー
<概要>

 近代では廃虚と化していた町ですが、最近かなり復元が進んでいます。町の下側の新しい観光街にはレストランや土産物屋などがあって賑やかですが、坂を登ると、道の両脇のうっそうとした木々の中には崩れ落ちた廃屋が続き、ちょっと不気味な感じ。

 頂上にある13世紀の教会付近からはヴォークリューズ山地や作家ピーター・メイル氏の住んでいたメネルブ(MENERBES)が展望できます。ボニューからの景観に優るとも劣らない景勝地です。


廃虚の頂上にある教会<oppede-a01>