SAIGNON                                        セニョン
<概要>

 アプトのちょっと上に位置する岬状の出っ張りに作られた人口1000人足らずの小さな村。村の自慢はロマネスク様式の教会です。

 あまり有名なところではありませんが、村の住民はよほど植物が好きなのか、どこの家を見ても上手に草花と暮らしています。ツタの絡まる家の壁は秋になると紅葉し、静寂の中でそれは美しくはかなく枯れてゆきます。

 小さな焼き物屋が一軒と広場の噴水を挟んで向かい側にホテルとそのカフェがありますが、観光客は少なく、カフェには常連のおじさん達がパスティスを引っかけ、楽しそうに歓談しています。


村の広場<saignon-a01>


朽ちかけた教会<saignon-a03>
 
ロマネスク様式の教会<saignon-a06>

ツタの絡まる家壁<saignon-a08>