CHAPELLE ST-GABRIEL
サン・ガブリエル礼拝堂
<概要>

 アルピーユ山脈の西の外れの道路脇にひっそりと立つ12世紀の礼拝堂です。古代ローマ時代には湖沼の港であったということですが、現在は辺り一帯完全に干上がっています。

 礼拝堂の裏の茂みからアルピーユを登ってゆくと13世紀の町の遺構があります。


礼拝堂のファサード(正面)<stgabriel-a01>