VILLENEUVE-LES-AVIGNON
ヴィルヌーヴ・リ・ザヴィニョン
<概要>

  ローヌ川をはさんでアビニョンの北側にあるヴィルヌーヴ・レ・ザビニョンとは「アビニョンの新しい町」という意味です。ローマ帝国側の領土であったアビニョンに対抗し、13世紀にフランス国王が新しく建設した町で、丘の上には14世紀のサン・タンドレ要塞(FORT ST-ANDRE)があります。ここから見える対岸のアヴィニョンの眺めは最高です。

 その西の麓には同じく14世紀の祝福の谷修道院(CHARTREUSE DU VAL BENEDICTION)があります。

 人が多く賑やかなアビニョンとは異なり、静かで穏やかな町です。夕暮れ時にローヌ川の近くにあるフィリップス美貌王の塔(TOUR DE PHILIPPE LE BEL)に登ると、アビニョンとヴィルヌーヴ・レ・ザビニョンの巨大建築物が西日を浴びてそびえたっているのが印象的です。

<ホテル>

 飛び入りで電話し、一部屋空いていました。通常料金EUR300するけど、今日はもう予約が入らなかったからEUR150でいいと言うのでここに決めました。

La Magnaneraie Hostellierie (★★★★)
37, rue Camp-de-Batailee 30400 Villeneuve-les-Avignon
http://www.provencetourism.com/magnaneraie
Tel : + 33-04-90.25-11.11 /Fax : +33-04-90.25-46.37
EUR180(incl.BF)

<その他>


フィリップス美貌王の塔<villeneuve-a04>


対岸にはアヴィニョンの教皇宮殿群が見えるvilleneuve-m04>

サンタンドレ要塞<villeneuve-m05>

町中<villeneuve-m02>

豪華なホテルLa Magnaneraie Hostellierieの部屋<villeneuve-m01>

綺麗ですね<villeneuve-m03>

町中<villeneuve-m06>

祝福の谷修道院<villeneuve-a02>

祝福の谷修道院<villeneuve-a03>