早春のこの頃は、小鳥たちの恋のシ-ズンなのでしょうか。メジロなどの小鳥が餌を求めて飛び交います。わが家では小鳥のためにみかんを庭のあちこちに置き、お客様の来るのを待ちます。

 縁側に座って鳥たちが来るのをじぃ-と待ちました。鳥たちとの根競べです。やがてメジロが一羽、飛んできて木の陰に隠れました。しばらくしてみかんに近寄り、あたりを警戒しながら食べています。

 二日目、ようやくこの庭に慣れたのか、カエデの枝に下げた小籠の中のみかんまで食べるようになりました。たまには2羽揃ってやってきてみかんをつついています。

 ヒヨドリがやってきました。メジロは恐れて近づかないようです。

 

2020年


2月23日


春 の 兆 し

  毎日のように訪れる蒲池公園へはいろいろな鳥がやってきます。先月はメジロやジョウビタキ、ヤマガラを撮りましたが、今日は二羽の鳥が木の実をついばんでいるのを見つけました。どうやらムクドリのようです。
 

 

このペ-ジのトップにもどる
神戸市東灘区 大前敬介さんから 

 2月2号「春の淡雪」号有難うございました。久し振りの雪景色が見られ安心しました。池の筧の氷は今年は貴重な写真ですね。

 鬼の額は豆まきにはピッタリですが、竹内先生のお若い頃の「気迫」ならぬ「鬼迫」が一番よく似合っているようです。

 蒲池公園の「ジョウビタキ」や、山茶花の「メジロ」はさすがの望遠ですね。本当にばっちりです。

 新聞では「コロナウイルス」の病原菌が蔓延とか、早くおさまるとよいのですが。お互い高齢なので、病気だけは「御免」ですね。                    
 


◎宝塚市 野々口征己さんから

暖冬には違いありませんが、それでも少し遅れて、真冬らしい寒さを味わいました。しかしそちらと寒さが違いますね。蹲に張った氷のすさまじさを見ると少々縮み上がりそうな感じがします。ところでその縁にいる亀はまさか本物ではないでしょうね。

  毎日公園まで散歩をしてトリの観察をされる。いいですね。小生田舎育ちでして、花・木・鳥・動物にはなじみが深く、すぐに名前が口から出たものでしたが、この頃なかなか出てこなくなりました。まあこれも年のせいかなと思っております。
 

神戸市垂水区 二宮尊志さんから
 

 小鳥の写真をありがとうございました。いろんな鳥が来ているのですねえ。写真が楽しみです。

 つららの迫力に驚きました。我が家では氷が張りません。来週になったら張るかな?

 冷えてほしくはないのですが・・・

 お元気で

*************************************************************************************

 抜けるような青、燃えるような赤、空は鮮やかな表情を見せてくれます。冬枯れの校庭も、よく見ると様々な色が点在しています。忙しくて、見る側の余裕がなかったようです。

 沈丁花がもうこんなに満開だとは思いませんでした。ボケの赤い花も枯草の中で鮮やかです冬の花の山茶花も当然に咲いています二種類の水仙が春の気配を漂わせています。

 春の気配と言えば、モクレンのつぼみのフワフワさ加減が暖かそうですねえ。冬の間中赤い葉っぱで色どりを添えてくれていたオタフクナンテンも健在です新しい名札が、キリリと締まっているでしょう?管理員さんの力作です。

 ミモザがこんなに満開なのに、今回探すまで咲いていることに気づきませんでした。余裕がなかったのですね

 帰宅すると庭の隅ではフキノトウがすっかり立ってしまっていました。どうやらもうすぐ春のようです。

 お元気でお過ごしください。

神戸市北区 大山嘉子さんから 

今冬の初雪はうっすらと屋根を覆っていましたが、すぐに消えてしまいました。先生の庭の筧の凍っているのを見て寒さを感じました。

小鳥たちは元気に動き回っています。散歩中に鳥を見ますがなかなかカメラに収まってくれません。先生の腕に感服です。これからも鳥を撮って下さい。

鳴き声などをパソコンなどで聞いています。すぐに忘れますが・・・・楽しみにしています。


岡崎市 松木平夫さんから

 今年の冬は本当に暖かいですね。

 先生は今年の初雪(淡雪)と筧の氷を見られて撮影されましたね。私はまだ初雪も氷も見ていませんので、先生のお写真で冬を感じ させて頂いています。有難うございます。

 報道によりますと、名古屋(東海)地方の初雪は1月末現在で まだ無くて1901年(明治34年)以来119年振りの遅さだったのですが、2月8日にようやくわずかに舞った様です。 その頃、私は川崎市に居ましたので初雪はまだ見ていません。

 私は10日に岡崎に帰ってきました。 昨日(13日)岡崎は19度近くになり、名古屋も20度近くて4月上旬頃の春の気温でした。 今年は桜の開花も早くなることでしょう。

 「鬼のお面と額」を楽しく拝見させて頂きました。 私たちが古市中学校で教えて頂いた頃の先生は、まさに熱血漢(正義漢)そのものでしたので、時には「鬼」に見えました。 可愛い教え子の女生徒さん達の意見には、とてもとても賛成出来ませんね(笑)

 暖かいと言っても寒暖差が激しい昨今ですので、どうかお身体 お大事にお過ごし下さい。

神戸市東京都新宿区 中岡直美さんから  

  今冬は暖かいですね。先生のお宅では筧の水が凍ったのですね。我が家は今年は一度も氷が張りません。

 やはり暖かい日が多いのか、もう会社の近くの街路樹の桜が咲いていました。河津桜かもしれません。

 最近、新宿区上空では飛行機がたくさん、街の近くを飛んでいます。オリンピックにむけて、羽田空港を離発着する便が増便されることになったようです。騒音と、大きく見える機体に最初は驚きました。慣れないことなので みな、飛行機が通ると空を見上げています。何だか ビルに引っ掛かりそうです。

 インフルエンザやコロナウイルスなど、恐いですが何とか頑張りたいと思います。

 

.                                 

  例年よりもずっと暖かい今年ですが、びっくりするほど寒い日もあり、温暖の春はまだまだのようです。それでも道を行くと枯れ木に小さな芽が見え、庭を見ると石の間からクロッカスが花開いていました。毎年、お正月に作った盆景を解体、木を庭の片隅に植えていますが、ウメが紅白の花を咲かせました。

 梅見といえば、かつては月ヶ瀬や綾部山、和歌山の南部、京都北野天満宮や中山寺のウメをめでたものですが、齢老いた今はこのささやかなウメをめでたいと思います。

 

南天の実をこぼしたる目白かな  正岡子規

初めての目白風より軽く来る  宗 康子

見えかくれ居て花こぼす目白かな  富安風生
春 の 鳥