神戸市東灘区 大前敬介さんから 

 明けましておめでとうございます。コロナが長引いていますが、人間と菌との闘い、そのうちに解決がつくと思います。 今年の「牛年」と同じく以外と長引いていますが、そのうち何とか克服してくれるでしょう。

 今年の牛の写真、随分集められましたね。六甲牧場しか知らない私には、沖縄や外国のニュ-ジランドなど珍しい写真、参考になりました。「コゲラ」の写真は珍しい写真でした。

 私も元旦朝早く「住吉神社」へ初詣、「御神矢」を買い、我が家の神棚(私の家は神道)に供えました。「真打ち」は「竹内先生ご夫妻の写真」でした。意気軒昂、お若い雄姿に驚きでした。

 最後に「竹内家に伝わる牛の香炉」が一番親し深く感じられました。今年1年またよろしくお願い申しあげます。                    
宝塚市 野々口征己さんから

 牛を見ると私には他の生き物と違った親しみを覚えます。と言いますのは一年ほど牛の食べる草を刈らされた覚えがあるからです。朝早くから両方のかごにいっぱい草を刈るのは並大抵のことではありません。それを天秤棒で担いで牛小屋へ行くと、大きな目をあけ、長い舌を出して顔を突き出してきます。これほど人懐っこいおとなしい生き物はありません。

 コロナで人々の動きが変わったようで、我々隠居生活を送っている身にはあまり変わりはありませんが、それによって生活に大きな影響を受ける方は大変なことだと思います。早く常態に戻ることを願うばかりです。

 改めて本年もよろしくお願い申し上げます。
 

神戸市垂水区 二宮尊志さんから

 先生の霜柱が半端じゃないですね。毎年驚きます。

 急に冷え込み始めましした。今年もよろしくお願いします。*****************************************************************************

 かすかに雨が残る朝、アコーディオンを奏でるフクロウさんに見送られて雨なら雨粒だろうと、植物にくっついた水滴を探してみました。真っ赤な南天の実から、今にも落ちそうに大粒の水滴がぶら下がっています

 花壇のミカンの葉っぱにも並んでいます。南天の葉っぱの上では、いまにも転げ落ちそうになっています。この水滴で墨をすっても、後利益はないのでしょうね。

 オリーブの葉っぱが雨に濡れています。レモンの葉っぱにも大きなのが二つ並んでいました。

 庭では白い万両からも落ちそうに大きなのがぶら下がっていました。雨の後の植物の水滴って、別世界が中にあるみたいで、お気に入りです。

◎カナダ/BC 小西治代ヘイゼルトンさんから

 はや14日になってしまいました。ほんとうに時間はどこにいってしまうのでしょうか。

 先生、るみこさん 良い新年を迎えられたことと思います。今年もホームページを楽しみにしております。

  NHKのテレビ英語版を時々みています。東北地方は大変な雪らしいですね。このあたりは、雨で有名ですが、ここ数日記録破りの雨が降って、私の愛犬の大好きな散歩道が海に流されてしまいました。地球は大丈夫なのでしょうか。

 京都の姉夫婦はコロナのせいで、4歳の孫娘に一年近く合っていない、わすれられるのではないかと心配しています。ワクチンの効果がありますように、、、、、

 今日はクリスマスの飾り物をかたずけほっとしているところです。ようやく趣味の絵にもどれそうです。今は水彩画にこって、刻々と変わる家の前の海ばかり描いています。肖像画もだいすきで、とくに,しわくちゃのおばあさんや犬は面白いです。

 
◎神戸市北区 佐藤勝久さんから 

 2021はよい年でありますように。

 大変だった一年が終わり私の当たり年である丑年の2021年を迎えました。

日本人は常に逆境に耐え、必ず克服してきた国民ですので心配はしていませんが、まだまだこれから試練は続くでしょうね。

 今年も我々夫婦は竹内さん夫婦を目標にしていますのでどうかコロナに負けず、くれぐれもご自愛ください。元旦のテレビ番組でダブルダイヤモンド富士の中継の写真を送ります。


◎神戸市北区 犬塚弘一さんから 

 新年明けましておめでとうございます。

 今年はいよいよ還暦です。長嶋茂雄曰く「人生で初めての事ですので対処の仕方が分からない。」

 昨日、山田霊園に墓参りのときに撮影した写真を添付ファイルにしております。思えば十数年前の一月24日に父が亡くなり無意識に溢れ出る涙に驚いたものですが・・・。この時は心霊現象だとは気付きませんでした。

 午後から八多神社へ初詣に行き、娘を連れて実家の母親を交えて昼食会へと雪崩れ込む予定です。

 ◎岡崎市 松木平夫さんから

 新年早々に第一号を有難うございました。

 「丑」年の「牛の写真特集」を楽しく拝見させて頂きました。先生は日本中は勿論、世界の各地を回っておられますので 多様な「牛」の姿をお持ちなんですね。

 ついでですが私の実家も農家でしたので「牛」を飼っていました。 牛小屋といっても母屋とは別棟にしっかりとした建物がありまして、大変大事に飼われていましたのを覚えています。 おもに農耕用として使われていましたが、今では見られない 遠い遠い昔の田舎の原風景が懐かしいです。

  先生のお宅には池があって、その池を含めて季節の変化の移り変わりをいつも有り難うございます。

 「牛の香炉」も縁起が良くて心豊かにさせて頂きました。

 ところで、コロナ感染はなかなか収まりませんね。巻頭の句にもあります様に、今年こそまだまだ未知な余白ですが宝物といえる豊かな年になることを念じて過ごしたいものです。

 今年も先生、奥様共々お近くの公園散歩を楽しまれる日が一日でも多くなります様にお元気でお過ごしください。

東京都新宿区 中岡直美さんから
 

  新年のホームページ拝見しました。

 先生ご夫妻のお元気そうな写真を嬉しく拝見しました。

 ニュージーランドの茶色の牛も懐かしいです。あちらでは、日本のような白黒牛模様はあまり見かけませんでした。

 私が小さい頃は実家に何頭も牛がいました。粉ミルクを溶かして子牛にあげたのを思い出します。絞りたての牛乳を飲んだりしました。ご近所にも牛がいたのですが、最近はいなくなりました。

 東京は、コロナ感染拡大がとまらず、なかなか厳しい状況ですが、通勤通学以外はSTAY HOMEでゆったり過ごしています。

  先生もお大事になさってください。
 
神戸市北区 大山嘉子さんから
 

 明けましておめでとうございます。今年は変なお正月でした。先生のホームページでお正月の初詣で賑わう神社や親子で凧揚げを楽しむ風景がなく寂しいです。ここまでコロナが勢いを増していては仕方のないことかもしれませんが・・・・今年も丑の如くゆっくり進んで行きたいです。個性的なマスクいいですね!また、ご一緒したいです。どうぞお体ご自愛下さい。

神戸市須磨区 渡邊哲男さんから
 

 明けましておめでとうございます。メールありがとうございます。添付の年賀状、一筆書きともに、受け取りました。有難うございます。

  昨年は、私も、先生、奥様とご一緒出来て、嬉しい時を過ごせました。今年も、まだまだ大変な時は続きそうですが、何とか無事に過ごしたいと思います。

 先生、奥様とも、充分ご自愛ください。

◎神戸市北区 細見俊雄一さんから

 お二人打ち揃いの写真は久しぶり、お元気そうな写真が何よりですね。

 今年は牛さんですか。確かに長いことお会いしていません。私の近くには弓削牧場があるのですが、移転前とは様変わり、今は牛さんに会うというよりは、チーズハウスで美味しい食事牛さんのことはすっかり失念していました。来月あたりになれば草萌へて弛む牧場や辛丑とでもなるのでしょうが、今は牛舎で古狐さんとひたすら寝ている?

 昨日今日は弊地でも昼間の外気温で零度付近、深夜は大らかにマイナス7度前後と、寒さの嫌いな私をひたすら攻め倒しています。況や、牧場に、レストランに於いておやというところでしょうか

お正月はいいですね。

    お飾りは隣家とコラボ空似かな

 朝から堂々と美酒にお節にと弊方は例年通り清く正しくお神酒できよめ新春を堪能しました。

昼間のお酒は本当においしい尤も前日の豪雪から楽しませて頂きましたが、なんでまた朝からお猪口雪見かな

 今年も何卒宜しくお願いします

◎米子市 竹内隆さんから 

 画像の中に一緒に行った竹富島やうちの娘たちが写っている六甲山牧場があり、うれしくなりました。

 こどもたちがまだ、小さくてうそみたいです。牛の置物、なつかしいです。

        **********************************************
 ふたご座の星雲、星団トリオ

 M35星団、くらげ星雲、モンキー星雲です。コメント欄に解説図をつけます。くらげ星雲は超新星が爆発してできた星雲です。宇宙をただようくらげに見えますね。モンキー星雲、私には映画 猿の惑星にでてきた知的な猿にみえます。



 

2021年

1月17日

寒に入る

脇へ行くな鬼が見るぞよ寒雀  一 茶

寒雀遊べばこころ遊びけり   宮部寸七翁

ふくるるは薬袋と寒雀     南雲愁子





寒林の陽を見上げては眼をつぶる  飯田蛇笏

子は母に右手をあづけて夕落葉   中村汀女

かわかわと大きくゆるく寒鴉    高浜虚子





寒  雀

 遊歩道を歩いていますと、スズメたちがしきりに土をつついています。餌の乏しい冬の間は虫でも食べているのでしょうか。寒気を防ぐため、全身の羽毛を膨らませて丸くなっているのを「ふくら雀」というようです。

 

 寒い日が続きましたが、晴れた日は蒲池公園へ出かけました。副編集長に支えられて、何回も休みながら公園にたどり着きました。公園の林の常緑樹は寒々としていますが、根元が落葉に覆われた裸木は日がよくあたって明るく感じます。厚く積み重なった落葉は踏むとかさこそと音を立て、気持ちがいいです。

 林にいるカラスが仕切りに鳴いています。恋人でも呼んでいるのでしょうか。

 










冬 木 立
このペ-ジのトップにもどる
   
メ-ルをお待ちしております

晴天も猶つめたしや寒の人  杉 風

きびきびと万物寒に入りにけり 富安風生

遠山のかがやき寒に入りにけり 澤村照代





しはしはと降るに音あり夜の雪  青 羅

うすうすと南天赤し今朝の雪  二  柳 

もう行けぬかもしれぬ森雪が降る 村越化石





 12日、天気予報どおり、朝から雪が降りました。東北、北陸では豪雪が降り、高速道路が大渋滞したり、雪下ろしで亡くなった方もあったとか、幸いこの辺りでは5,6cmほど、しかし昨年が暖冬で積雪は見なかったので、故障もあったようです。幼いころは雪が降って積もると嬉しくてはしゃいだものです。年老いてもなお、雪を見ると嬉しくなります。

 

雪 の 朝

 セキレイもいました。ご親切にわが家の近くまで案内してくれました。

 

 年が明けてはや半月、随分と寒い日が続き、12日には雪も降りました。5日には寒に入り、一層寒さを感じます。コロナウイルスの感染は止まるところを知らず、首都圏のみならず、大阪、京都、兵庫のほか、他県でも緊急事態宣言が出されました。寒さも厳しく、コロナ禍にも悩まされる昨今ですが、心を明るく持って、春を迎えたいと思います。