tach 文字通訳ツール
tachとは
聞こえの情報を保障するには 手話通訳や各種補聴システムを使う方法もありますが、 音声を文字で書き表して伝える要約筆記という方法があります。 最近は手書きによる方法に加えてパソコンにタイプする方法もあり、 パソコン要約筆記とかパソコン文字通訳などと呼ばれています。 tachはLANによって接続された複数のパソコンを使って何人かで連携しながら パソコン文字通訳を行うためのツールです。 入力用パソコン複数と表示用パソコンをLANにつないで、 入力用パソコンでtachを、表示用パソコンでtachDをそれぞれ起動して 入力者は聞き取った音声をtachで連携して文字入力・送信し、 利用者はtachDの画面に表示された文字を読むことで情報保障を受けます。
ダウンロード
最新版はver.2.01 (2003年1月1日更新)です。
tach2のアイコン ダウンロード・ボタン tach2ヘルプのアイコン ダウンロード・ボタン tach2ヘルプのアイコン ダウンロード・ボタン
tach2.exe / 156KB tach2.hlp / 66KB tachD2.exe / 92B

tach ver.2.xx の主な特徴は以下の通りです。

  • ver.2.xxはver.0.xx, ver.1.xxとは通信方式が異なるため 混在して使用できません。ご注意ください。
  • IPアドレスを指定して「接続」をする操作がいりません。 起動するだけで通信可能な状態になります。
  • スムース・スクロールを始めtachD2とほぼ同等機能の表示確認欄を持ちます。
  • tachから他のパソコンのtachD2をリモート設定できます。
  • 連絡欄で入力者同士の連絡が可能です。
  • ファンクション・キーに機能を登録できます。
  • 事前原稿に自動的に改行を入れることが可能です。

tachD ver.2.xx の主な特徴は以下の通りです。

  • ver.2.xxはver.0.xx, ver.1.xxとは通信方式が異なるため 混在して使用できません。ご注意ください。
  • IPアドレスを指定して「接続」をする操作がいりません。 起動するだけで通信可能な状態になります。
  • 他のパソコンのtachからリモートで表示設定できます。
  • ウインドウ内で文字の表示される領域を設定できます。
  • 文字の大きさや行間などを画面解像度に依存しない単位に変更しました。
  • マウスカーソルを自動的に消します。マウスを動かすと表れます。
改変履歴
使い方

tach2.exeとtach2.hlpを同じ場所に保存して、tach2.exeをダブルクリックすると起動します。tach2.hlpをダブルクリックするかtach2の中から[F1]キーを押すことでヘルプファイルが開きます。tach2.exeの使い方についてはこのヘルプファイルを参照してください。

tach2D.exeについてはまだヘルプファイルができていません。申し訳ありません。設定はすべてウインドウ内の右クリックで表れるメニューから行います。[設定]で各種表示設定をおこないます。[端末リストを表示]で端末リストを表示して端末名やグループの変更、接続状況の確認などを行います。[表示領域枠を表示]で表示領域の枠を表示して、これをドラッグすることで表示領域を変更します。[ウインドウ枠を表示]を選ぶとウインドウのタイトルバーや枠の表示/非表示を切り替えられます。

技術情報
技術的な内部情報です。必要な人だけお読みください。