店長慢(?)のコレクション  其の壱

W.A.(ウエスタン・アームズ)製 ベレッタ M−1934

  
DATA
 口径  9mmショート 
 全長  150mm 
 銃身長  88mm 
 装弾数  7(+1)発 
 重量  400g 

 やウエスタン・アームズ社(以下W.A.社)はガスブローバックを中心としたエアガンメーカーであるが、私がこのベレッタM−1934を購入した1980年頃はれっきとしたモデルガンメーカーであり、エアーガンの”エ”の字も見えていないものだった。
当時のW.A.社はMGCのモデルガンカスタム(主にガバメント)やプラスチックモデルのピースメーカーを販売していたメーカーだったがこのベレッタはW.A.社初の自社開発ブローバック・オートマチック・モデルガンだった。



 式はMGCと同じデトネーター前撃針方式であったがカートリッジ形状は独特のものでMGCと時を同じくしていたS&w M−59等のカートリッジよりははるかに重かった。今で言うH.W.(ヘビー・ウエイト)カートリッジである。であるからして火薬(MGキャップ5mm使用)をブローバックさせるとかなりきついリコイルがあった。カートリッジは上後方向に飛んできて何度か顔を直撃しそうになった事がある。ブローバックといえばMGCのデトネーター方式しか知らなかった私には結構感動ものであった。
M1934 の銃口部

 し遅れてマルシン工業からP.F.C(プラグ・ファイアー・カートリッジ)方式のブローバックモデル「ブローニング・ハイパワー」や「ワルサーP38」や「S&W M−39」が発売されたが、このベレッタM−1934のシュールなイタリア的デザインは私の心を今もつかんでいる。M−92FやM−84、M−93RもいいがM−1934のスタイル、何かいいと思いませんか。



 う言えばこのM−1934を購入した1980年頃私は高校2年生(歳が分かりますね)であり、部活で柔道をやっていたので、小遣いはほとんど食費になっていた。当時モデルガンを買うのが毎年夏頃にMGCがやっていた「ファイアーガンセール」で1〜4割引きの通信販売で買っていた私にとってはM−1934の8,900円は結構破格であったのを覚えている。




 もる思い出話もありますがこの辺にして、とにかくこの W.A. ベレッタM−1934 を第1回目の店長自慢(?)のコレクションとして登場させました。これからも秘蔵のモノ、涙モノ、レアーなモノ、いろいろ登場させます。若い人もオールドファンも私と同年代の人も楽しみにしておいて下さい。




 して次回はこの銃が登場!わかるかな?  -->  其の弐へ

 

 

 

 


Gallery TOP  Club Michille TOP

Club Michille ,2018